【雑記ブログ】1年で「月間8000PV」⇒「月間30000PV」 人気記事の分析

情報をシェアしよう

読まれる記事」には何かしらの特徴がある


雑記ブログ」で毎日記事をかいていると、「ジャンルごとの人気のちがい」を肌でかんじます。


以下、このブログの1年間における「人気記事」の傾向を分析していきます。比較期間は「2018年1月~2月」と「2019年1月~2月」

スポンサーリンク

「2018年1月まではどうしてたの?」

月間8000PVだった2018年1月当時は、ブログをまったく更新してませんでした。


数週間に一度「同人サークルの制作日誌」をかくくらいだった。


アクセス数を意識しはじめたのは2018年4月────気まぐれに応募したGoogle広告の審査に受かってから。


あっ、創作よりブログでかせぐほうがラクなんだ!」ときがついて、記事を量産しはじめた。

「各カテゴリーの人気記事の分析は?」

「やっぱゲームがクソつよい」

「アクセス数」だけ集めたいなら、人気ゲームですね。


ゲームユーザーは一生懸命「検索」しますから。ほかのジャンルより明らかにのびる。


ただし────人気が一過性なこともおおい

▼ とくにスマホゲームがつよい

ダンジョンメーカー、地味に続けております(上手くはないです)。 いやー……ナーフ(弱体化)めちゃくちゃ多いですね。強化され...

▼ 家庭用ゲームも人気ならそこそこ

世界樹の迷宮X、ついに発売されました。 難易度「ピクニック」だったら取得経験値も多いし、そもそもレベリングがいらないと思う...

▼ マイナーSteamゲーはロングテールに伸びる

Kenshiで「パブリック」というチェック項目がありました。 「拠点」にかかわる要素と。 以下、メモがてらまとめ...

▼ ゲームへの不満でもいい

「ハースストーンだいじょうぶか?」というのが正直な感想です。 なんすかこのナーフ。意味がわからない。 「なに...

「WEBサービスの話題はかなり需要ある」

WEBサービス関連の話題って、基本的に「炎上案件」なんですよね。


個人的にネット炎上に興味があるのもそうですが、「感情をこめやすいジャンル」です。感情がこもった記事は、自然、アクセスがのびる。

▼ Tumblr削除事件の考察

Tumblrが、アダルトコンテンツの完全排除を決定しました。 「なんだTumblrか。ほかのSNSつかってる自分には関係な...

▼ Skeb初動の考察

「なんでイラストなんかにお金はらわないといけないの?」 こうおもってるネットユーザーはおおいとおもいます。 ゲー...

▼ Skebレポート

Skeb、ほんとうにラクチンでした。 以下は「クリエイター側」の流れについてです。 なにか間違いがあれば教えてく...

▼ Twitterの炎上考察

目には目を、白ハゲには白ハゲを──── Twitterでクリエイターが、「こんなひどいクライアントだった!」と告発した件を...

「電子書籍系はロングテールでそこそこ人気」

紙の話題はダメですが、電子書籍(Kindle)の話題はそこそこ伸びる

▼ KDP本の実機テストメモ

hoshimi12です。いつもお世話になっております。 KDP(Kindle個人出版)で新作出すとき、自分はいつも実機(Andro...

▼ 商業作家と個人出版の考察

hoshimi12です。いつもお世話になっております。     Twitterやってると、よく「商業作家の窮状」が流れて...

▼ KDPセレクトのメリット低下考察

hoshimi12です。いつもお世話になっております。 先日、KDPで「無料マンガの登録」という項目が増えました。そ...

「健康系はあまり書いてないけどまだ強そう」

健康系は、Google検索のアップデートで「個人が手をだしづらいジャンル」になりました。


ですが────やはり需要がある。需要がありすぎるからこそ、誤情報の蔓延をおそれてGoogle検索がかしこくなったわけです。


早くて良い情報であれば、健康系はまだまだ強いとおもいます。

▼ 日本でまだ浸透していない「FODMAP」のこと

hoshimi12です。いつもお世話になっております。持病で胃腸の調子がウンチなので、低FODMAPを試すことにしました。日本語の一...

スポンサーリンク

「ゲーム制作系はロングテールだけどツール依存」

▼ ティラノビルダーで記事量産

「ティラノスクリプト・ビルダー」の記事一覧です。

▼ VRoidは超過渡期なので記事にしづらい

「VRoid」の記事一覧です。

「使い方系」はツールの人気次第


ただし、「こういう使い方もあるんだよ!」という「提案系」は、実用的であればかなり需要がある。(提案系はゆっくりアクセスが伸びていく)

▼ 「立ち絵のラクな作り方」の提案

昔はノベルゲームの立ち絵差分作りっていうと、マジで地獄の作業でした。(技術力高い方々はPhotoshopなどで自動処理してたかもです...

▼ 「色トレスのラクなやり方」の提案

「色トレス」は、線画と塗りを馴染ませるための手法です。 「線画レイヤーありき」のやり方ならいくらでも見つかったんですが、「...

「旅レポは需要ありそうだけど量産できない」

「旅行のレポート」はけっこう需要あります


「旅行の参考」にもなるし、「旅行した気分」にもなる────どこかへ遊びにいきたいヒトがおおいと。


ただ、旅行なんてしょっちゅうは行けませんから、記事を量産できないのがネック。費用対効果は悪い

▼ キャンプのレポート

7月中旬3連休に合わせて友人とキャンプいってきました。キャンプ場は神奈川県足柄上郡山北町中川にある「ウェルキャンプ西丹沢」。旅の記録...

「創作論系はコンプレックス系が人気」

クリエイターは、何かしらの「不安」を常に感じている


共感したり、代弁したり、提案したり────クリエイターのコンプレックスに寄りそうことが、「創作論」では求められているのかもしれません。


とはいえ、扱いづらいジャンルだとはおもいます。

▼ 個人サイト論

個人サイトやブログを持っているクリエイターが、本当に減りました。 ほとんどTwitterやpixiv、その他投稿サイトで済...

「映画レビューは話題をしぼるとイイ」

「全編とおした感想」は、競合がおおすぎる


「ラストシーンの考察」とか、「登場人物Aはどうして○○をしたのか」とか、視聴者が気になっていることを予測して書くと、けっこうウケる。


あんまり量産してないですが、映画レビューはやりやすいジャンルだとおもいます。

▼ インターステラーのラストシーン考察

今までみた映画で、トップクラスに「壮大」なストーリーでした。 CG演出はひかえめですが、脚本とSF考証がとにかくスゴかった...

スポンサーリンク

「逆に不人気な記事は?」

「電子以外の出版業界の話題はイマイチ」

ネガティブもポジティブも、出版業界自体の話題は弱いです。


たとえば「編集者 不要」で検索一位の記事をもっているんですが(2019年1月時点)、ほんとうにチビチビとしか伸びない。Twitterで炎上した直後にもかかわらずです。

▼ 検索1位でもアクセス数が伸びない

「編集者不要論」────たびたびTwitterで話題になります。 「編集者って、もういらなくね?」という話です。 ...

出版業界ってマジでオワコンなんだなぁって、データをみて改めて実感しました。


みんなまったく業界動向に興味がない。しらべるヒトが少ない。


ただし────「電子書籍」の話題とからめるとアクセス数はのびるので、「既存の出版業界にみんな興味ないだけ」かもしれません。

「マンガ以外の読書感想はイマイチ」

出版業界自体が縮小産業なので、「読書感想」にも需要がありません


ただし────「マンガのネタバレ感想」には根強い人気があるとおもいます。


いまの出版業界には、もはやマンガしかないと。

「お知らせ・返信系はもちろん伸びない」

ブログでの「お知らせ」や「返信」は、単なる「コミュニケーション」なので、記事としての価値はとても低い。


当然ですね。

「WordPress系は競合おおすぎるしヒトすくない」

WordPress使ってるブロガーが、あまりに多すぎる


自然、「WordPress」を話題にしているブロガーが腐るほどいるわけです。競合がおおすぎる。40記事くらい書きましたが、ほとんど伸びてません。


ただし────だれも紹介していないプラグイン紹介などは、そこそこいける

▼ WEB拍手プラグインの使い方

「そういやWEB拍手って今どうなってるんだろ?」と調べていたら見つけました。 いや……懐かしすぎますわ。むかし同人界隈で流...

WordPress系の話題はとくに、「スキマ」を狙う必要がある。

「制作日誌はまとめ・シリーズ化でギリギリ活きるか?」

「制作日誌」は、あまりアクセス数が期待できません


なぜって────1記事で完結していないし、タイトルがつけにくい。SEO的によわい。


「まとめ」化や「シリーズ化」すると、すこし書きやすいかもしれません。

▼ ノベルゲーム制作日誌

▼ 同人誌制作日誌

はい、同人誌つくります。 何年も前から「コミティアにサークル参加してみたい!」って目標がありました。最近になってようやくア...

メリットは────制作日誌で情報を整理するおかげで、おおくの「派生記事」がうまれること。


制作日誌を進めているうちに、「あっ、このテーマでひとつ記事が書けるな!」と気がつきます。


あまりアクセス数は望めませんが、「思考の整理」にはイイ習慣です。

スポンサーリンク

「毎日書いて、たまにトレンド」

トレンド記事で「アタリ」をひいても、数日のびて、またすぐ落ちていきます。


ただし────トレンド記事がロングテールになることもおおい。「アタリ」をひくたび、一段一段「底上げ」されていく印象です。


トレンド記事は、モチベーションを維持するのに最適なジャンル


せっかくの「雑記ブログ」なので、ロングテールだけを狙うのではなく、トレンドも狙ってのばしていく。

▼ はじめてトレンド系で伸びたときの記事

思うところあって、毎日ブログを書く実験をしてました。 結果から書けば、元々1日150PV程だったのが、40日で1日3000...

「バズりは未経験」

記事が超拡散されること────いわゆる「バズ」はまだ未経験です。


「人気記事」といっても、せいぜい数千~1万PVレベル


流行りのYouTubeの規模と比べちゃうと、ブログはかなり小っちゃい市場だということを実感させられます。

まとめ 「人気にのり、感情をこめ、わかりやすく教える」

話題の人気度が前提。


感情をこめると吸引力がふえる。


わかりやすく教えるのは読者への愛。




まだまだ弱小ブログです。


月間3万PVがようやく安定した程度。これを月間20万PVにしたい。ただ────この1年のペース(約20000PV増加)では、あと8年ちかくかかってしまう。


ペースをあげるために、「毎日1記事以上かく」ことを継続していますが、まだなにか足りない気がする。「ブログオワコン説」もささやかれている昨今、年々伸び率がさがる気もする。


このエネルギーを、ブログに注入しつづけるべきか、すぐさまYouTubeに参入するべきか────


正直いえば、「YouTubeに参入するしかねぇ……」という結論にすでに達しています。YouTubeの覇権はゆるぎない。


ブログはまだまだ書きつづけるつもりですが、「次の時代」のためにYouTube参入も着々とすすめていこうとおもいます。


今回は以上です。よきネットライフを────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう