【バランス崩壊?】「世界樹の迷宮X」序盤の自動レベル上げ

情報をシェアしよう

世界樹の迷宮X、ついに発売されました。


難易度「ピクニック」だったら取得経験値も多いし、そもそもレベリングがいらないと思うんですが、「ベーシック」と「エキスパート」はそうもいかないと(初見ヒロイックはRPG狂の変態しかやらないと思うんで今回は論外)。


以下、メモがてら方法を書いていきます。ネタバレはほぼないかと。

スポンサーリンク

「自動レベル上げって?」

世界樹の迷宮シリーズは、「オートパイロット」という機能を使用して、簡単に自動レベル上げができる仕様になってます(3から)。


難易度の変更といい、RPG初心者にも優しいゲームになってるわけです(個人的には初代の難易度が好きですが)。

まずオプション設定

Aボタンスキップ:SONIC(最速)
コマンド確認:OFF
移動速度:FAST(最速)
難易度:BASIC(1回復活可)

↑のように設定すると、サクサク自動レベル上げが進みます。


なお「コマンド確認:OFF」は必須。これないとAボタン押しっぱなしが効かないんで。


あと難易度EXPERTの方も、自動レベル上げの時はBASICにしたほうが事故を防げます(EXPERTやHEROICでやろうって方はそもそも自動レベル上げなんて邪道はしないでしょうけど)

アリアドネの糸 or ネクタル(事故防止)

「アリアドネの糸」か「ネクタル」があると、事故を防げます。


「いつの間にか全滅してる!?」って時は、コンティニューして、その場を一歩も動かずに、落ち着いてメニューを開きます。そしてアリアドネの糸で街に帰るか、蘇生役をひとり生き返してメンバーを全回復して帰りましょう。

メディックの「戦後手当」

メディックのノービススキル「戦後手当」はたぶん必須です。


これがあると、戦闘終了後にパーティーの体力をけっこう回復してくれます。おかげで安定して自動レベル上げができます。世界樹開発の救済措置でしょうね。


要求スキルレベルは、序盤なら1~3あれば十分では。

オートパイロット機能の使い方

白枠で囲んだところを使います。「E」と書かれた矢印を選択し、マップに描き込みます。そしてその場所へ移動し、「再生(▶)」ボタンを押すと、スタートします


「E」はおそらく「Endless(終わりがない)」の頭文字かなと。これで冒険者たちはBOTのごとくグルグルと同じ場所を回り続けます。

スポンサーリンク

Aボタンを固定する

ボタンを壊さない程度に重みのあるモノならなんでもいいと思います。


これで(オプション設定変更後)Aボタンを押しっぱなしにすると、戦闘からリザルト画面まですべて完了できます。


自分はワイヤレススピーカーが文鎮代わりにイイ感じだったので使ってます。

関連

先日購入した「Anker SoundCore」について。 なお「1」は無印、最初に出たほうのことを示します。Anker製品はいいぞ...

電源の確保

全滅より厄介なのが、電源オフです


ちゃんと充電ケーブルは挿しておくと。事故防止。

序盤は「第一迷宮B1F」の入り口前で十分

自分は10レベルまでここで上げました(たぶん半日もかからなかった)。


レベル5くらいでほぼほぼ安定するんじゃないですかね(多少事故はありました。アリアドネの糸解禁前だったので、ネクタルつかってパーティー全回復)。


もっと時間をかければ、そのぶんレベルは上げられると思います。

レベルに合わせて狩場を変えよう

同じ場所でずっと狩ってると、だんだん効率が悪くなってきます。


それでストーリーを進めて、次の狩場を見つけて、またレベリングと。安定する狩場を見つけるのも、自動レベル上げの醍醐味でしょうね。

ご利用は計画的に

RPGのレベル上げが大好きなんだってゲーマーはなかなか少ないと思います。だからこそ開発側もこういう救済措置を用意しているんだろうなと。


ただ、レベルを上げすぎるとゲームバランスが完全に崩壊しますので、「それなりの緊張感」がほしい方は、「それなりのレベル」に留めておいたほうがいいです。


まぁ……レベルカンストしても勝てない相手がいるのが、世界樹シリーズなんすけどね。

まとめ

「オプション設定」「アリアドネの糸orネクタル(保険)」「メディックの戦後手当」「オートパイロット機能」「Aボタン固定」「充電しながら」「絶好の狩場探し」


世界樹の迷宮X、過去作キャラがけっこう出てますので、全シリーズやってるとニヤニヤできると思います。


あと職業数が豊富なのもいいっすね……。強い武器が手に入るたび、メンバー変更していろんなクラスを楽しんでます(そのための自動レベル上げ)。


今回は以上です。良き迷宮ライフを────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク