プロフィール 「hoshimi12」とは何者か

情報をシェアしよう

hoshimi12(ほしみじゅーに)

神奈川うまれ神奈川育ち。剣道と小説とゲームにひたって育ちました。


創作活動に興味がわいたのは、あこがれからではなく、怒りや失望からでした。世の中あまりにもつまらないストーリーがおおすぎる。自分のほうがうまく書けるのでは?と、ずいぶん傲慢なきもちで創作をはじめました。


小説の時代はいつかおわる」「文章以外もできるようにならなきゃ」と子どもながらに考えていました。だからシナリオだけじゃなく、イラストやサウンドノベル制作にも打ちこんだ。処女作『クロノウサギ』が老舗フリーゲームライブラリで優秀賞受賞、次作『キミはキメラR』がフリーゲーム大賞で金賞&GooglePlayで30万DL突破。商業出版もできました。いいスタートだった。でもそこで運がつきました。


商業出版したとき、KADOKAWAの不正行為をブログで告発しました。彼らはステルスマーケティングを日常的におこない、創作市場をゆがめている。この告発は正義心によるものでもあったけれど、大半は「私怨」によるものでした。


出版にいたるまで、担当編集者にたびかさなる嫌がらせをうけました。そして本はまったく売れず、さいごの電話で嘲笑までされた。ちっぽけなプライドがズタズタに引きさかれ、憎悪で爆発しました。その結果が不正行為の告発です。そして当然のごとく、作家としての信用を失い、干されました。業界へのあこがれも消えうせた。また時をおなじくして、『キミはキメラR』が表現規制でストアから無警告削除。夢も居場所もうしないました。


次にはじめたのは、電子書籍でした。KADOKAWAからだした小説は、すぐに絶版になる。なんとか作品の居場所だけでも確保してあげたかった。さいわい、出版業界の悪習にすくわれました。出版社のおおくは契約書をないがしろにしており、出版後に契約書をかわすのが彼らの常識。KADOKAWAもそのうちの1つでした。おかげで「3年縛り」もなく、すぐに個人で電子書籍版をだせました。作家と契約書すら結べない無能さ────これが担当編集者のゆいいつの有能さでした。


電子書籍は、おもったよりも売れました。ただし最初だけでした。Kindleストアの仕様がころころと変わり、やがてまったく売れなくなった。商業出版でえられた印税以上にはなったものの、未来ある市場には思えなかった。電子書籍はレッドオーシャンです。


このあたりから、「個人創作で生きていく」というテーマにこだわりはじめました。業界への怒りと失望がそうさせた。ですが、あまりのむずかしさに震えあがる毎日です。クリエイターは企業に飼われてこそ活きる────この業界構造は、強固で、疑いようがない。ただ、「ヒビ」が入っていることも間違いない。


つぎに、ブログに注力しはじめました。個人創作で生きていくには「個人プラットフォーム」の確立が急務だとかんがえた。着実にアクセス数は伸びてます。だれかの役に立つ記事を書き、だれかに感謝されることも増えました。でもブログは、創作じゃない。創作の副産物にすぎない。次の一手が必要です。


次の一手は、


(つづく)

カンタンに

おはこんばんにちは、hoshimi12です。ノベルアプリ・電子書籍・このサイト、いろいろ作っています。むかしの名義は星見テラセ。


作品一覧ページはこちら

ハンドルネームの由来

アニメ『プラネテス』に影響されて「星」が好きになりました。なお天文学とかはあんまりくわしくないです。好きなだけ。


さいしょは「星見」、つづいて「星見テラセ」、そこからシンプルに「hoshimi12」におちつきました(サイトのドメイン名に合わせた)。


12は好きな数字です。「個性の集合体」という印象。大学時代のラクロス部でも背番号は12でした(なお学科の単位がやばかったので2年で退部)。


ほしみ、星見、テラセ、hoshimi、hoshimi12、お好きにお呼びください。

目標と野望と座右の銘

目標
自分にしか創れない世界を無数に創り愉しむ
野望
型にはまらない個の生産性
座右の銘
継続は力なり

自分が愉しめること」を第一に創作をしています。


読者さんに楽しんでもらうのは、あくまで副次的な目標です。


これは、「自分が面白いと思えない作品を、他人が面白いと思うはずがないし、万が一面白いと思われても嬉しくない」という考えでもあります。


また、型にはまらない個人の生産性を目指してます。継続は力なり。コネがなくとも時間を駆使して、まったり気長に活動していく所存です。

「今までなにやってたの? なにやってるの?」

略歴

2018 小説『マチノケモノ ドロ使いの街』公開
小説『キミはキメラ 騎士が忘れた白い獣』公開
2017 ブラウザ版『キミはキメラR』公開
小説『キミはキメラ 畜生共のパレード』公開
小説『キミはキメラ 箱庭の鬼』公開
2016 小説『キミはキメラ 白い檻』公開
小説『キミはキメラ 隠遁者の夜明け』公開
2015 表現規制強化につきスマホアプリから一時撤退
kindleストア(KDP)にて活動開始
小説『トライメライ – 夢魔のイデア -』公開
2014 KADOKAWAより小説『キミはキメラ 箱庭の鬼』発売
夢現様にて『キミはキメラR』が金賞受賞
2013 KADOKAWAより『キミはキメラR』のノベライズ依頼
2012 リメイク作『キミはキメラR』をWindows・Androidで公開
30万DL突破
2011 ふり~む!様にて『クロノウサギ』が優秀賞受賞
サウンドノベル『キミはキメラ』公開
2010 サウンドノベル『クロノウサギ』公開
2008 サイト開設
サウンドノベル『クロノウサギ』を作り始める

最初はPC向けのフリゲ作ってました

クロノウサギ、キミはキメラ、かえると剣鬼と、長らくPC向けのフリゲ(サウンドノベル)を作ってきました。


ありがたいことにクロノウサギは「ふり~む!」様のコンテストで優秀賞をいただき、キミはキメラRは「夢現」様のコンテストで金賞をいただきました。かえると剣鬼は心が折れてお蔵入りしました(最近リメイク小説を公開)。

「人間でない者」の魅力に取り憑かれてる

私の作品のテーマはもっぱら「人外」です。キャラクターも「アンドロイド」「キメラ」「幽霊」「サキュバス」などなど。また「異能者」や、「人でなし」も。世界観は共通で、キャラクターはすべて同じ世界、あるいは近しい並行世界で暮らしています。


「なんとなく色んな種族がいる世界」みたいな、よくあるコメディーマンガのようなご都合主義は避けてます。皆なにかしらの背景があって造られた存在です。


彼らの苦悩、葛藤、憎悪、目的、愛、そういったものを掘り下げていくのが、基本的な作風になっています。

ノベルアプリが30万DL→表現規制で削除

哀しい事件でした(半ギレ)。キミはキメラのリメイク、『キミはキメラR』というノベルアプリを作り、GooglePlayで公開し、30万DLのヒットを記録したのですが、ストアの表現規制が強化されてある日突然削除されました。


それを機にアプリストアから撤退し、後述の某事件もあって、KDP(kindle個人出版)で作品公開するようになりました。『キミはキメラR』は現在ブラウザ版として自サイトで公開しています。


 
ただでは転ばぬ。


またアプリは作りたいですが、次は性描写のない作品にするつもりです。

KADOKAWAといろいろあった

KADOKAWAとの一件は、隠してもしょうがないので大っぴらにしています。詳しくはこちらの記事を読んでください(わりと生々しいのでご注意をば)。


カンタンに言えば、KADOKAWAの編集者にブチ切れ、腹いせに編集部の不正行為をブログで告発し、炎上させました。以来、KADOKAWAとは完全に手が切れています。


「また商業出版したい!」という意欲はあります。そこらへんの量産タイプの作家よりは個性あるシナリオが書けますので、「KADOKAWAといろいろあった作家」でもよければご連絡お待ちしております。そんな気概ある編集者はいないと思うけどなッ!(捨てゼリフ)


ということで、いまは商業を諦め、インディーズにより特化した活動をしています。


当時は精神不安定でブログでも荒れ狂っていましたが、数年経った今ではだいぶ憑き物が落ちました。KADOKAWA以外には基本的に温厚なので、皆さんよろしければ仲良くしてください(´-`)

イラストもやってる

私はシナリオ書きですが、イラストも自分でやってます。プロイラストレーターに依頼したほうが人気が出るのは『キミはキメラR』が証明しているんですが、目指しているクリエイターの姿はそこではないので。


インディーズの場合、ひとりでいろいろ出来るほうが小回りがきいて便利です。資金力もないですから。また作品の継続のためにも、権利が分散するのも避けたいです。あと当たり前ですけど……絵を描くのが好きなんです。


まだまだ拙い実力なので、精進していく所存です。


イラストの上達進度は pixiv からどうぞ。

雑記ブログもやってる

使用ソフトはWordPress。使用テーマはSimplicity2


「StarGazer」は個人サークル名兼、ブログ名です。「星を見るもの」──つまり「星見」、ハンドルネームを英語にしただけです。


創作だけでは抑えきれない執筆欲求を、ブログで発散しています。テーマは多種多様、いわゆる「雑記ブログ」です。制作日誌や業界観測、ゲームの話や、困ったこと系など。趣味兼実用。

これから

引きつづきkindle本つくりながら、サウンドノベルつくったり、マンガつくったり、ブログつくったりしていくつもりです。あまり気負わず、気長にまったり創作を楽しんでいきたいですね。


商業の夢より、いまはインディーズの夢のほうが面白いです。「商業に負けない!」じゃなくて、「弱者には弱者の戦い方がある」。自分にしか作れない「面白い作品」を、今後も目指していきます。

その他の情報

制作ツール

あらゆる制作ツールの開発者様に深い感謝を。

小説執筆 Scrivener
イラスト CLIP PAINT STUDIO PRO
構図決め デザインドール
液タブ Cintiq 13HD 2015年モデル
写真加工 Photoshop CC
レイアウト補助 Illustrator CC
kindle出力 でんでんコンバーター
サウンドノベル ティラノビルダー・スクリプト、NScripter・ONScripter
スケジュール管理 Trello、Googleカレンダー
サイト・ブログ WordPress、Sublime Text2、Simplicity2
ネタ帳 Evernote、方眼紙リングノート

パーソナルデータ

名前 hoshimi12 or 星見テラセ
性別
年齢 ポケモン赤緑やってた世代
スポーツ歴 小中高:剣道 大学:ラクロス
学歴 某理系大学を優秀じゃない成績で卒業 専攻はバケ学
生まれ 鎌倉生まれ藤沢育ち(神奈川湘南)
好きなゲーム 聖剣伝説LOM、サガフロ、ハースト、モンハン、世界樹、ペルソナ、サモナイ、幻水
好きな小説家 横山秀夫(無駄のない文の美しさと格好良さ)
好きな音楽家 井上陽水、霜月はるか、KOKIA、天野月子、ポルノグラフィティ
好きなアニメ プラネテス、電脳コイル、スクライド
好きなマンガ みつどもえ、封神演義、サザンアイズ、瀬戸の花嫁
座右の銘 継続は力なり

連絡先

Twitter
Pixiv
Mail Form
Peing(質問箱)
ご支援について

hoshimijuni-s@やふぅ.co.jp
(やふぅ→yahoo)

どこからでもどうぞ。

お名前

ご用件

メッセージ本文

好評既刊

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう