【作品一覧】Kindle小説・商業小説

情報をシェアしよう

ArrowArrow
previous arrow
next arrow

シリーズ時系列

どれも一話完結型ですが、時系列が気になる方はこの順番でお読みください。

キミキメシリーズ時系列順

  1. 白い檻R
  2. 箱庭の鬼
  3. 畜生共のパレード
  4. 騎士が忘れた白い獣

  1. 隠遁者の夜明け(過去編)

Kindle本の読みかた

  • 1.Amazonアカウント作成
    Amazonトップページの「サインイン」ボタンより、Amazonアカウントを作成してください。登録は無料です。
  • 2.Kindleアプリ取得
    無料のKindleアプリをダウンロードしてください。スマホ、タブレット、パソコンすべてに対応しています。Kindle専用端末はなくてもいいです。
  • 3.購入 or 読み放題プラン
    購入するか、読み放題プランで読んでください。決済方法には「クレジットカード」「携帯(スマホ)決済」「Amazonギフトカード」「クーポン・ポイント」などがあります。

▲ 一気読みする場合は「Kindle Unlimited」がオススメです。

Kindle作品

一話完結型、どこからでも読めます。

マチノケモノ ドロ使いの街 – 裏編&表編

正義も悪も、汚れてる

 

舞台は、異形「ドロガミ」が出没する街。


剣道場の若き当主である巳義は、街を守るため、人知れずドロガミを狩り続けていた。


ある夜、巳義は「カエル男」と名乗る怪人と出会う。カエル男はドロガミに力を与えられ、明確な悪意をもって、街をおとしいれようとしていた。

紹介ページ / ストア

キミはキメラ 騎士が忘れた白い獣

覚えてないけど、愛してる

 

青年秋山は、記憶を失っていた。


目を覚ますとそこは、山中のテント。なぜか身体もボロボロで、這うように外へでる。そして夜空の下、異形の少女「ハマル」と出会う。


わけもわからぬまま、秋山は彼女とキャンプ生活をはじめる。見知らぬ少女との穏やかな時間。だが──長くは続かなかった。


まもなく「追っ手」があらわれ、つかの間の平穏は切り裂かれた。

紹介ページ / ストア

キミはキメラ 畜生共のパレード

ちいさな命に、ひれふせニンゲン

 

少女イソラは、賢いネズミたちに創られた。


課せられた使命は、研究施設に囚われている仲間たちの「奪還」。イソラは目的を果たすべく、ある社員に目をつける。


計画は順調に進んでいく。イソラたちは人間たちを次々に出し抜いていった。


しかしそんな彼女たちのもとに、「人間ではない何か」の影が迫っていた。

紹介ページストア

キミはキメラ 箱庭の鬼

バケモノは、どっちだ

cover 

少年芹彦は、遺伝子操作によって生まれ、「失敗作」と呼ばれ育った。


全ては気狂いの研究者である、母夕子のせいだった。「モルモット」として扱われ、芹彦は内なる闇を膨れあがらせていく。


そしてある日、芹彦は「生殖パートナー」として、ある少女を紹介されたのだった。少女の名はスズカ。スズカは人間ならざる姿をしていた。


芹彦は異形の少女と過ごすうち、自らの「宿命」を知り、やがて箱庭で起こる「事件」に巻き込まれていく。

紹介ページストア

キミはキメラ 白い檻

この愛が、まやかしだとしても

cover 

教師の夢を諦めた塾講師アルバイト、秋山


ある日の仕事帰り、「家庭教師として引き抜きたい」と、不審な女夕子から誘われる。その給与は破格であり、奨学金返済に苦しんでいた秋山は仕事を引き受けることにした。


後日辿りついた場所は、「生命科学総合研究センター」という怪しげな研究所。一室に案内され、秋山は不思議な少女ハマルと出会った。

紹介ページストア

キミはキメラ 隠遁者の夜明け

生命倫理、クソ食らえ

cover 

イジメと宗教家の両親の影響で引きこもった青年、春原。


ある日彼のもとに怪しげな妊婦夕子が訪れる。「あんたの遺伝子、ちょっと使わせてもらったから」。夕子は膨らんだ腹を愛おしげに撫でながらそう言った。


夕子の「気」に中てられた春原は、吸い寄せられるように家を出て、そのもとで働くことにした。仕事先は「生命科学総合研究センター」。そこでは日々、神をも怖れぬ「狂気の研究」が行われていた。

紹介ページストア

トライメライ 夢魔のイデア

この悪夢が、しあわせだとしても

トライメライ 

絵本作家になる夢を諦め、性的なマンガで生計を立てるようになった主人公。


仕事への嫌気と貧しさから、徐々に精神を蝕まれ、淫らな悪夢を見るようになる。やがて主人公は悪夢に誘われ、とある公園に辿りつく。そこにいたのは、「思い出の少女」と「白煙の巨人」。


主人公は両者の争いに巻き込まれ、衝撃的な事実を知り、決断を迫られる。

紹介ページ ストア

 

商業作品

失ったことのほうが多い。

(旧)キミはキメラ 箱庭の鬼

表紙のみ 

KADOKAWAより出版された旧『箱庭の鬼』。いまは増補改訂したKindle版をオススメします。絶版の経緯はこちらで説明しています。

好評既刊

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう