【2018】ウェルキャンプ西丹沢いってきましたレビュー【旅の記録】

情報をシェアしよう

7月中旬3連休に合わせて友人とキャンプいってきました。キャンプ場は神奈川県足柄上郡山北町中川にある「ウェルキャンプ西丹沢」。旅の記録がてらレビューしていきます。


ウェルキャンプ西丹沢公式:http://well-camp.net

スポンサーリンク

旅行の概略

7月中旬に一泊。今回は友人との二人キャンプでした。自分は10年ぶりのキャンプ、友人は初キャンプ。一泊という忙しさはありましたが、自然が素晴らしく、星空も見られ、料理も美味しくいただけたりと良い旅でした

予約は「なっぷ」で

予約はキャンプ場検索サイト「なっぷ」を使用しました。

なっぷ:https://www.nap-camp.com/

キャンプ場の予約は友人がしてくれたのですが、「PCからは予約に失敗し、スマホからは成功した」という症状に見舞われたそうです。レアケースかもしれませんが、「なっぷ」ご利用の方はご注意ください。

宿泊・レンタル料金

ウェルキャンプ西丹沢 ( 神奈川 )のプラン一覧です。

宿泊料金は↑のページを参考にしてください。(公式ページのリンクが途絶えていたのでキャンプ場検索サイト「なっぷ」参照)


キャンプサイト一泊4000~5000円ほどです(電源有無で1000円上下)。


なお、自分たちが泊まった場所は「Dゾーン」のキャンプサイトです。売店やトイレが近くてラクチンでした。


他にもコテージ、バンガロー付きキャンプサイト、キャビン、ログハウス、釣り堀、露天風呂、朝食ビッフェ、バーベキュー広場、いろいろと用意されています。

※料金は全て税込み価格です施設種別料金備考オートキャンプサイト普通車でのご利用1泊・車1台・4名様以内・2016年シーズン料金表・2017年シーズン料金表受付9:00~...

グッズのレンタル料金表は↑の公式ページを参考にしてください。


今回、キャンプグッズはほとんど自前で用意しましたが、売店でレンタルすることもできます。テントさえ持参すれば、相当良心的なレンタル価格設定だとおもいます。レンタカー代のほうがよほど高いです()

現在5000円以内で2~3人用テントが買えてしまう時代なので(もちろん品質はピンキリ)、レンタルテント1つ4320円は少々モッタイナイ。ただし他グッズのレンタル料金はかなりリーズナブル。

アクセス

お車でお越しの場合その他公共交通機関でのご来場の場合JR御殿場線御殿場行き電車 谷峨駅下車(始発国府津駅より約30分)⇒西丹沢行き富士急行バスにて終点西丹沢下車(所要時間約40分)⇒西丹沢バス停より東沢受付まで徒歩1分...

アクセスマップは↑の公式ページを参考にしてください。


9時頃に神奈川湘南を出発して、途中の「食品館あおば 大井松田店」で食料を買って、若干3連休の渋滞に巻き込まれつつ、12時頃に到着しました。


道中、狭いウネウネした山道がすこしあるので注意です。行きは大丈夫でしたが、帰りそこで車が少々渋滞しました(といっても3分くらい)。スピードの出し過ぎにはご注意をば。

スポンサーリンク

チェックイン

チェックインはかなり並びました


受付窓口が少なく、時間がかかりました(20~30分以上)。猛暑時は帽子を持参するなどして対策したほうがいいです。チェックインの「並び役」を手分けするのも手ですね。

自然

素晴らしい。

文句のつけどころがないです。テントサイトのそばに清流があり、清浄な空気と優しい静音をもたらしてくれます。「神奈川圏内の好アクセス立地でこの自然感」と考えても破格では


なんといっても「川」「山」。水は綺麗で、夕方はひぐらしがカナカナカナと鳴き、夜は星空が美しかったです。水遊びはもちろん、虫取りをしていた家族客も多数いました。


犬もOKですし(ドッグランもある)、家族連れには特に最高のキャンプ場では。





テントサイト下りてすぐ。



遊んでる子供たちを写さないようにしつつパシャ。奥にキャンプサイト。



好きな場所。

混み具合・騒音

ほぼ満員でしたが、騒音や混み具合はさほど気にならなかったです。近くを川が流れているので、それが自サイト以外の雑音をかき消してくれます。もちろんテントサイトの場所や、「お隣さんガチャ」の運ゲーもありますが、ちゃんと配慮された配置間隔にはなっているのでは。


ただ、「寝る時に川の音が気になる」という方は耳栓があると便利です。自分は持っていきました。おかげでぐっすり眠れました。

夜に一度、体育会ウェイ系グループが打ち上げ花火(もちろん禁止)をぶっ放したくらいで、あとは本当に静かでしたね。子供客のほとんどは川で遊んでいますし、なおさら静かに感じたのかも。


また、「ワンチャン大歓迎」ですこし心配していた犬の騒音ですが、「いたの?」ってくらいぜんぜん気にならなかったです。これも運だとは思いますが、マナーのいい愛犬家が多いのかもしれません。(もともと犬好きなので気にならなかったのかもしれませんが)

スポンサーリンク

隣人トラブル

特に隣人トラブルはなかったです。


最初、お隣の家族グループのお子さんが、うちのテントサイト内を突っ切ってしまって「ここは入っちゃダメだよ」と言ったくらいですね。テントサイトの境目がちょっとわかりづらいのは注意です(白線が消えかかってる)。


車やテントを壁にしつつ、活動スペースをうまく調整すれば、落ち着きのある空間は十分に作れると思います。二人キャンプで一区画だと、ちょっと広くて余るくらいでした。

トイレ

自分が使用したのは、受付近くにあるトイレでした。比較的キレイで、待つこともほとんどなかったです。ただ、水漏れ詰まりで一部の個室が使用できませんでした


大人気のキャンプ場なので、トイレの消耗具合はある程度仕方ないと思います。なんにせよトイレは余裕をもって済ませたほうがいいですね。

ゴミ捨て

チェックイン時に分別用のゴミ袋を渡してもらえます。それで「燃えるゴミ」と「燃えないゴミ」を分別します。そして更に「燃えないゴミ」のみ、ゴミ捨て場でさらに分別します(缶や瓶など)。ゴミ捨て場は受付すぐ近くにありました。


「灰捨て場」もゴミ捨て場にあります。最初にもらうペーパーには「灰は灰缶に」とあるんですが、缶じゃないです。ゴミ捨て場ちかくに大きな穴が掘ってあって、そこが灰捨て場になっています。トングは常備されてます。

水で消火してから捨ててください。火事の危険はもちろんですが、「コンロを傾けて灰を捨てる」ことになるので、火傷の危険もあります。水での消火時も火傷に気をつけてください。

風呂・温泉

風呂はDゾーンからは遠いです(歩いていけないくらい)

車で移動するレベルの遠さなので、初日の夜は風呂入りませんでした(一泊でしたし)。ただ、車ですぐの距離に温泉があります


自分たちは、初日は風呂に入らず、二日目の帰宅のタイミングで中川温泉(信玄館)でひとっ風呂浴びました。信玄館では「外来入浴」というカタチで、大人1000円ぽっきりで温泉に浸かれます。大浴場、サイコーでした。露天・サウナももちろんあります。


信玄館ですが、入浴の時間が決まっているので、調べておいたほうがいいです。自分たちはちょっと早めに着いてしまって、30分ほど駐車場で待ちました。通常11時半からとのことですが、当日は30分早く開いていて助かりました。

おまけ


持参した七輪で焼肉しました。めちゃくちゃ美味しかったです。

チーズやウインナーの燻製もやったんですが、写真忘れちゃいました(安いダンボール製ので作った)。めちゃくちゃ美味かったです。一回1.5時間くらいかかるので早めに準備。

ソト(SOTO) 燻家 スモークハウス ST-114
ソト(SOTO)
燻製用。安いし何回か繰り返し使える

 飯盒で米も炊きました。10年ぶりくらいで失敗するかと思いきや、すごい美味くできました。


やり方は「白米を3回研ぐ→大人の手を突っこみ第二関節まで水を入れる→中蓋は外して上蓋をする→30分浸けっぱなし→火にかける→沸騰して水がこぼれるまで待つ(まだ開けない)→水がこぼれなくなったら火から出す→ひっくり返して10分タイマー→食べる」

やたら長ったらしい「飯盒で米を炊く方法」がネットに出回ってますが、上記くらいシンプルな考え方でもいけると思います。「おこげ」が欲しい場合は、「水がこぼれなくなった」段階で数分多めに炊けばいいんじゃないでしょうか。


キャンプのお供に音楽を。(テーブル汚いのは気にしないでください)


ワイヤレススピーカー(AnkerのSoundCore)持っていったんですが、めっちゃ良かったですね。ほどよい指向性があるので周りの迷惑にもならないです。Spotifyでミスチルと宇多田ヒカルをずっと垂れ流してました。

関連記事

先日購入した「Anker SoundCore」について。 なお「1」は無印、最初に出たほうのことを示します。Anker製品はいいぞ...

モバイルバッテリーやUSBシガーソケットとかも持っていきましたが、レンタカーにUSBついてたんで電源にはほとんど困りませんでした。最近の車って便利だ……。

Anker製品好きすぎてすいません。

おわりに

良いキャンプ場で、良い旅でした。欲をいえば二泊くらいしたかったですね(キャンプは設営と撤退に時間を食われるので)。


ウェルキャンプ西丹沢、「さすが大人気キャンプ場」と思える場所でした。非常にまんぞくできました。ありがとうございます。誘ってくれた友人にもめちゃくちゃ感謝です。


皆さまも良きキャンプを。ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう