【インディーズ】ストーリーが重視されない時代の個人創作活動

情報をシェアしよう

もはや日本のコンテンツ産業で、ストーリーはあまり重視されていません


ストーリー非重視の傾向は、ほかの記事で考察しています。

▼ 読解できる人間がそもそもへってる

先日Twitterで、「機能的識字率」という言葉がすこしだけ話題になりました。 「識字率」という言葉自体は知っていたのです...

▼ 「ストーリーは死んだ」の本質

最近、創作活動の今後についてめちゃくちゃ悩んでます。 「個人創作自体がもう血の海で厳しいんじゃないか」という記事を前に書き...

スポンサーリンク

「長編はいらない。つまり……?」

日本人の多くが、もはや長文を読解できない────


これは逆にチャンスだとおもいました。


長文を書くのって、ものすごくタイヘンなんですよね。その手間をはぶけるのは、ある意味とても「エコ」です。


シナリオをかく時間を、ほかの作業にあてられるということ。


もっというと「シナリオを短く濃密にできる」。長ったらしくて面白いストーリーより、短くても面白いストーリーのほうが、人生の「得」ですよね。


(複雑で長い)ストーリーが重視されないおかげで、クリエイターは今までより「時間を有効活用」できるようになった。

「活動の優先順位は?」

たぶん「逆じゃねーの……?」っておもわれるでしょうが、

  1. ブログかきまくる
  2. イラストかきまくる
  3. フォロワーふやしまくる
  4. ゲーム制作や出版をする

つまり、

創作以外の収入経路 > ビジュアル > フォロワー ≧ 制作活動

▲ この優先順位で、いま考えてます。

「ブログが最優先ってどゆこと!?」

「執筆能力」をイチバン手軽に発揮できるのは、ブログです。


作家志望者にとって「毎日テキストをかきまくる」って、「日常」なんですよね。たいして苦じゃないわけです。


そしてブログは、書けば書くほど成果がでる。


創作物とおなじく「恒久的な財産」になるとおもいます。


べつに「YouTube」でもいいですが、自分はYouTubeよりブログのほうが合ってる気がしたんで、いまはブログに注力してます。


ようするに「ブログ」の部分は、「創作以外の収入経路」ってことです。

「シナリオよりイラストが優先なの?」

シナリオよりも、イラストのほうが「ヒトあつめ」がラクです。


SNSでは、物書きより絵描きのほうが強い」現状が、すべてを表しています。文章よりビジュアルが優先される。


自分レベルのイラストでも、1枚ツイッターにアップするだけで、フォロワーが数人ふえます。おそらく母数がふえるほど、増加割合がふえる。


そして「絵柄」はそのまま「ブランディング」につながります。


この絵柄みたことある!」って記憶にすりこまれる。


テキストは、だれが書いてもテキストです。どんな文豪が「うんこ」って書いても、それはただの文字の羅列。素人でも「うんこ」って書けるわけです。「個性」がわかりにくい。


本当は「テキスト」こそが、もっとも個性のでる媒体だとおもいますが、「長文」が求められていない現状では、もはや「テキストで個性を出したくても出せない」んですよね。ツイッターで長文かきまくったって、ウザがられるだけです。


また、イラストは描けば描くほどうまくなります

まだまだですが、数年前よりはうまくなったとおもってます。

いっぽう、テキストは書いても書いても、上達がほとんど表面化しません。それにシナリオは書けば書くほど「ネタ」が枯渇していきます。


シナリオは消耗で、イラストは蓄積の技術なわけです。


イラストのほうが、気軽にやっちゃっていい。

スポンサーリンク

「フォロワー数は重要じゃない?」

SNSのフォロワーふやすより、ブログのPVふやすほうが大事です。


いくら人気者になったって、なんの施策もしなければ、SNSで得られるのは「承認欲求」だけ。フォロワーは「客」ではなく、ただの「観戦者」です。


SNSで人気者になる意味のあるヒトは、すでに「売るコンテンツ」をもっているヒトです。カフェの店長とか、文具メーカーとか、商業マンガ家とか。売るコンテンツがあるからこそ、「導線」としてSNSが活きる。


個人的には「フォロワー数」はただの結果で、ほとんど無価値だとおもってます。


1億円バラまけば500万人以上フォロワーがふえる────もはやその程度の指標では。

▼ 1億円バラマキの件

ZOZO前澤社長が、Twitterで1億円をバラマキました。 フォロワーが500万人以上ふえ、トレンド1位も獲得。 ...

「制作活動が最下位じゃん!」

制作活動の優先順位は、最下位にせざるを得ません


こればっかりは、「今の社会のシステム」だからどうしようもない。


創作物は、「タダでみるのが当たり前のモノ」になりつつあります。これでどうやってメシ食えっていうんですかね。マンガ家も、小説家も、アニメーターも、みーんな日本で苦しんでます。


結論としては、創作物は〝趣味〟でつくるしかない


「お金」と「時間」を消耗して、創作物をつくる。創作活動は「贅沢な娯楽」。個人創作を安定したビジネスにすることは、宝クジをあてることよりも難しい。


お金以外の充実」を、そこに求めるしかない。


そして生きるためのお金は、ほかのことで稼がなければいけない

「ストーリーはどうするの?」

ストーリーは「わかりやすさ」「テンポのよさ」を重視


「複雑さ」と「重厚さ」はみせない。技術力があがると「おれはこんな話も書けるんだぜ!」と調子にのりがちなので気をつける。


ほとんどの読者は、ストーリーをみてるわけじゃない。「ストーリーをみている」と「錯覚」しているだけだ。


ストーリー以外に注力して、はじめてストーリーは輝く。


忘れないようにしたいです。

まとめ 「究極の娯楽をつづけるために」

創作は、この世のすべてが詰まった娯楽です。


創ること以上におもしろいことなんて、この世にはない。


「制作活動」の優先順位を最下位にしたのは、「末永くつづけるため」です。ほかでしっかり稼げるようにして、まったり活動をつづけていくと。


ただ、ここで問題なのが「読者」の存在です。


ハッキリいってこんな状況では、ほとんどの読者を好きにはなれません。自分を助けてくれないただの「傍観者」や「ハイエナ」たちを、好きになれるわけないですよね。


ほとんどの読者が嫌いなら、じゃあ誰のためにつくるのか


この気持ちも、いずれ決着をつけなければいけないとおもっています。


今回は以上です。よき創作ライフを────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう