三人称主観視点の小説を書くときに混乱しない方法を考える

小説の視点は、いろいろあります。


一人称視点、二人称視点、三人称視点、神の視点、混在視点────分類の詳細については割愛します。


個人的には、「読者が混乱しなければ何でもアリ」。そう思ってます。


でも「型」がない文章は、混乱を生みやすいのも事実です。

 

スポンサーリンク

 

小説の視点について、ハウツー本やネット記事を読み漁ってみましたけど、解説者によって言ってることがぜんぜん違う。つまり、方法論が未だ一元化されていない。


書き方に正解はない」────月並みですが、そんな感じなんすかね。「間違い」「正解」じゃなくて、「わかりやすい」「わかりにくい」で考えると。


書き方なんてヒトそれぞれ。一人称があれば三人称もあって、ゲームブックは二人称、ラノベだと人称の混在もあると。


……ただやっぱり、「型」を決めたい。




自分はいま、新作小説を三人称主観視点で書いてます。


……三人称主観視点、むずかしいです。ぜったい一人称よりむずかしい。


三人称主観視点はとくに、「主語の省略」のバランスがむずかしい。「○○はこう思った」って書けばラクに心理描写はできますが、繰り返しすぎれば単調になる。また、主語を省略しすぎると、ほぼ一人称視点になっちゃったり、「神の視点」とごっちゃになっちゃったり。


「田中(主人公)は」を「僕は」に置き換えて、違和感がなければいい────そういう風に解説しているものは多かったです。


なお、三人称主観視点の小説は、ミステリー系におおい。そこらへんのジャンルを読み漁れば、自然と学べるかもしれませんね。一方、ラノベはダメです。三人称視点のラノベはあんまり上手いものがみつからないし、ヘタすると視点が混在してる。


三人称主観視点と、三人称神の視点のちがいは、理詰めで語るにはややこしすぎる。


三人称主観────三人称といえど、あくまで「主観」なのだから、そのシーンの視点者を見失わないように気をつける────こんな感じに、シンプルに考えたいところ。

 

スポンサーリンク
創作全般の研究
役立つ情報はシェアしよう
執筆者をフォローしよう
冬のおすすめ健康グッズ
着る毛布
Winthome着る毛布 ブランケット 袖付き毛布 着るブランケット防寒 軽量 冬の寒さ 足先の冷えや節電対策に!男女兼用 着丈190cm (ブラウン)

まず身体を温めて、冷やさないこと。

着るコタツ
THANKO 着るお一人様用こたつ2 TKKROHKO

デスクワーカーならコレ。電源つけなくても温かいです。高身長の場合はフトモモまでしか入りませんが、むしろこれくらいの長さのほうが小回りきいて使いやすいとおもいます。

薬用養命酒 1000mL
【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

内側から温めたいならコレ。名前はゴツいですが甘めで飲みやすいです。自分は寝るまえに1杯のんでちょっと寝つきをよくしてます。

StarGazer – スタゲ
タイトルとURLをコピーしました