【成金地獄】「前澤社長100万円お年玉企画」でみる「バラマキに群がる若者」

情報をシェアしよう

ZOZO前澤社長が、Twitterで1億円をバラマキました。


フォロワーが500万人以上ふえ、トレンド1位も獲得。


そしてなにより、金にむらがる群衆と、それを嫌悪する人間の地獄をみせてくれました。

スポンサーリンク

「お年玉企画ってなに?」

2019年1月5日、ZOZO前澤社長が「お年玉企画」を発表しました。

  • 個人で支払う
  • 100名に100万円(総額1億円)
  • フォローとリツイートしてね
  • 受付は1月7日まで
  • 発表は1月8日
  • 当選者には直接DM
  • 数時間かけて1人ずつ

結果、「フォロワー約50万人⇒約600万人」になりました。


10倍以上の増加。お笑い芸人の有吉さんにつぐ日本人第2位です。


もちろん、純粋に600万人というわけではなく、「複垢」や「ボット」も含まれているとはおもいます。

「偽物がでてるって?」

お年玉企画に便乗して、「前澤社長の偽物」が現れています。


目的は、「イタズラ」と「個人情報あつめ」がメインだとおもいます。


けっこう多くのユーザーがひっかかっているみたいですね。「バラマキに群がる人間なんてリテラシーのないバカばかりだから、カンタンにだませるだろう」────そんな感じかもしれません。

「フォロワーすぐ減るでしょww」

一度ふえたフォロワーは、そうカンタンにはへらないとおもいます。


そりゃ多少はへるでしょうけど、500万人以上ふえたんですよ。仮に数十万人へったところで、誤差レベルでしょう。


これで100万人以上へるっていうんだったら、Twitter民の記憶力がニワトリ以下じゃなかったんだとむしろ感心します。

スポンサーリンク

「リツイート数が世界記録更新!?」

お年玉企画のリツイート数が、世界記録を更新しました。


今までの世界最高記録は、アメリカの高校生カーター・ウィルカーソンさんの、「355万RT」でした。内容は────ファストフード店のウェンディーズ公式に「ナゲット1年分もらうには何回RTされればいい?」とたずね、ウェンディーズ公式が一言「1800万回」と答えた件の、スクリーンショットでした。

▼ 参考

米国の高校生カーター・ウィルカーソンが、Twitterのリツイート(RT)数世界記録を塗り替えました。その数は340万回を超え、いまも増加しています。なおこれまではコメディアンのエレン・デジェネレスの約330万RTが最高記録とされていました。 ことの発端は、ウィルカーソンがファストフードのウェンディーズに対して「ナ....

単なるウェンディーズのマーケティングですが、高校生に1年分ナゲット食わせるために多くのTwitter民がのったのも事実です。ツイートは2017年4月6日。


一方、前澤社長は「550万RT」と、大幅に更新しました。


「しがない高校生にナゲット食べさせてやりたい」というお祭りに、「100万円ほしい!」っていう個人のどうしようもない金欲が勝った瞬間でした。


食欲より、金欲。

「どういうやつらが企画に参加したの?」

企画に参加したのは、「若い世代中心」のようです。


金もリテラシーもプライドもない若者を中心に、「お祭り感覚」でリツイートした。ソシャゲのお年玉企画にのっかる感情と、そう大差はないとおもいます。


前澤社長からDMきてねーーー!」っていう嘆きツイートが、とてもおおい。ガチで媚び売って萎えてるユーザーもいるでしょうけど、大半は「ギャグ」のつもりで言ってるわけです。


あとはもう、いつもの「Twitter大喜利」開催です。

まとめ 「群集心理の社会実験」

今回の1億円バラマキ企画は、とても有意義な「社会実験」だったとおもいます。


「金」の力で、Twitter民の醜さと卑しさを極限まで浮き彫りにした。偽物が登場したり、当選者に群がったり、企画に激しく嫌悪したり────金、金、金、金────金でおこりうる人間のあらゆる負の感情が、ミニマムに凝縮されている。


そしてべつに、だれかが必要以上に傷つくわけでもない


100万円は、「手のとどく範囲の金額」です。1年働けば庶民でもかせげる。宝くじで他人があたっても「いいなー」くらい。「ぶちのめしてやりたいほど嫉妬するしムカツク!」ってことには、あまりならないとおもいます。前澤社長本人へはわかりませんけど。


「1億円で、フォロワー500万人以上と話題性を買い、群集心理の社会実験を行った」────個人的にはむしろ「お安いのでは……?」と感じてしまうメリットです。


「日本型〝成金〟の極み」を、前澤社長と、それに群がる人間たちにみた気がします。


とても興味深かった。ありがとうございました。

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう