【共創と独創】YouTubeは「共創」のプラットフォームか

情報をシェアしよう

YouTuberはクリエイターじゃない


────そう思ってました。


他人のフンドシで相撲とってイキってるだけの消費者。それがほとんどのYouTuberの正体だと。


でもさいきん、考えがゆらいできた

スポンサーリンク

「動画制作は創作技術をつかう」

最近コソコソとYouTubeで動画投稿してます。いろいろ学ぶため。


動画をつくるうち、「あれ? これ創作っぽくね?」と思うようになった。


いやそんなはずはない。実況しているゲームは「他人のコンテンツ」。自分は他人のコンテンツを購入して、動画つくって「遊んでいる」だけ────そのはずなのに。


サムネイル」「」「トーク」「プレイング」という概念。


「これ創作だな」と思ってしまった。ただの認知的不協和の解消……いや、どうもちがう。デザイン能力、ボリューム感覚、話題づくり、内容────あきらかに「創作技術」をつかっている媒体です。


動画づくりの感覚は、創作の感覚にかぎりなく近い

「他人のコンテンツパクってるだけだろ?」

ゲームの中身を創ったヒトがイチバンえらいに決まってる


この考えはいまもゆるぎないです。


ですが今はこうも思う────「ゲーム実況者も何かを創っているんじゃないか?」。その「何か」は決して「ゲーム内容」ではない。


ゲーム実況者は、ゲームの「外側」を創っているんじゃないか。

「独創と共創」

独創────「模倣によらず独自の発想でつくりだすこと」。「独創的」とかよくいいますよね。「旧来の創作のイメージ」がまさにこれ。


共創────「様々な立場のヒトと新しい価値をつくりだすこと」。比較的あたらしい言葉です。共に創るから共創。


いまの時代は、「共創」の時代なのではないか。


「独創」でがんばってるクリエイターからしたら、「ふざけんじゃねえよ!」って感じでしょうけど、時代がそれを裏づけてる。


「YouTuber」や「二次創作者」の氾濫


YouTuberや二次創作者は、もはや「リテラシーの欠如」というレベルをこえて増えすぎている。SNSでもそうだ。他人の著作物を平気でパクってアイコンにしたり、マンガの一部を切りとって自分の言葉のように発しているユーザーもいる。パクりまくりの時代。


ただこれは、「パクリ」という言葉でおわらせていいムーブメントなのか。


「共創」の時代なのではないか。

スポンサーリンク

「独創タイプのクリエイターは減るよな……」

独創タイプ」と「共創タイプ」のクリエイターがいる。


いま損をしているのは「独創タイプ」だ。


つくってもつくっても他人にコンテンツをパクられたり、共創コンテンツにヒトを奪われたり。数でおとる「独創」はつらい。


コンテンツが氾濫しているいま、真の独創があるかどうかもナゾだ。


「共創」は気楽だ。コンテンツからコンテンツへ、アッチいったりコッチいったり、身軽に移動できる。すくなくとも動画投稿者などは。


こんな時代では「独創タイプ」のクリエイターは増えない。


これが良いことなのか悪いことなのかは────まだわからない。

まとめ 「両方必要なはずなのに」

「独創」は根っこです。


オリジナルがあるからこそ、二次的なコンテンツが生まれ、おおくのヒトがうるおう


なのに今のインターネットは、「他人のフンドシで相撲をとるほうが強い」という環境になっている。Googleという神がそういう環境を創ってしまった。


「著作権」という概念が、今はあまりにもアヤフヤだ。


「著作者の権利を侵害していないネットユーザー」なんてもはや存在しない。どこもかしこも無許可で転載された違法コンテンツだらけ。それを一度も見ないユーザーはいない。ズルしたもの勝ちになっている。ルールってなんだ。


「共創」が浸透しきった先に、なにがあるのか


これからが不安でもあり、楽しみでもあります。なにか「イノベーション」が起こるんじゃないか。そんなことを期待してしまう。


今回は以上です。人生によき創作を────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう