ゲーム実況のほうがラクに稼げると知ったクリエイターはどうするのか

情報をシェアしよう

YouTubeで収益化をスタートしてから2週間。


現時点での「動画1本の値段」がみえてきました。


ハッキリいって、電子書籍やブログよりYouTubeのほうがよほどラクに稼げる


なかでも「ゲーム実況」というジャンルは、声とテンポと言葉遣いにさえ気をつければ、目立った能力のない人間でもそこそこやれることがわかった。企画力・デザイン力・トーク力、あるに越したことはないですが、なくても戦える。


YouTubeは、可能性にみちた場所です。


ただ問題なのが────自分が本来やりたいのは「創作」だということ。


ゲーム実況で編集の勉強をしつつ、どうにか創作ができないかと画策しています。

スポンサーリンク

「ゲーム実況は創作よりコスパいいよね」

ゲーム実況はとにかくコスパがイイ


声だしながら遊ぶだけでコンテンツになる。だれでもできます。ハードルもコストもすこぶる低い。


見る側もラクです。いつでもタダでみられる。書籍や映画のようにお金をはらう必要はない。集中力も無用です。


コストが低いということは、そのぶんラクに稼げるということ。


半年で1冊の小説を書くより、半年で100本の動画をアップロードしたほうがよほど安定して稼げる。すくなくともアマチュアレベルではそうだとおもいました。

「創作コンテンツを〝細切り〟にできないか」

YouTubeで創作がしたい


ただ、決定的な問題でつまづいています。


問題点は前項のとおり、「従来型の創作はコストが高すぎる」ということ。実況動画にくらべて制作時間がすさまじく長い。


なので、

  1. 創作の制作コストをさげる
  2. 創作のひとつひとつを短くする

上記の2点で、YouTubeに適応したいとかんがえています。

「創作の制作コストをどう下げる?」

ここでの創作物は「フルボイスの絵本」と仮定します。


必要となる工程は、

  1. 脚本
  2. 撮影
  3. 編集

脚本は口語で3000字ほど。1動画あたり数分のボリューム。


撮影はつまり「画」。


編集は「声当て」「字幕」など。


じゃあこれらをどうやってラクにするか。

  1. 3Dモデルをつかう
  2. 合成音声をつかう
  3. 素材を使いまわす
  4. 編集を簡素にする

3Dモデル制作ツール「VRoid」。撮影モードがあるため比較的ラクに「画」を用意できる。

合成音声ソフト「Cevio」。設定をいじることで、ひとりのキャラが複数人物を演じることもできる。

グリーンバック素材化することで、動画素材を使いまわす。静止画は透過PNGに。BGMやSEもできるだけ固定化。

編集はPremiere Proでする。字幕はキャラごとにカラーをかえて差別化。1枚の静止画で複数のショットが撮れる。

などなど考えましたが────けっきょく手間がエグい


1日や2日でできる作業量じゃないです。


そのくせゲーム実況より動画時間がみじかい。


1週間で5分の創作動画、2日で20分の実況動画がつくれるとしたら、単純計算で14倍の再生数がないと創作は実況に勝てない。


このコスト差は、闇雲な努力で覆せるものじゃない。

まとめ「創作は稼ぎづらいという前提の活動」

結論としては、「創作は稼ぎづらい」。


なので「創作は稼ぎづらいという前提」の活動を模索していきたい。もちろんコスト差をちぢめる努力は日々おこなっていく。


個人創作はたぶん、「好きだから」という理由でしかやれない贅沢になっていきます。


高度なツールが登場すれば、創作はもっとラクになるかもしれません。ですがツールの進化には時間がかかるし不明瞭です。いまある機能でやるしかない。


好きなモノを、どう継続し、ライフワークにまで昇華させるか


自分はショートストーリーを扱うYouTubeチャンネルをつくりたいとおもっていますが、おそらくゲーム実況チャンネルより伸びないだろうと予測しています。とにかく動画の量産がむずかしい。


しばらくはゲーム実況を中心に制作して、編集スピードを伸ばしたいです。


ゲーム実況のかたわら、脚本やモデルを制作して、創作動画をつくっていくと。


そんなに要領よくやれるだろうか。


また路線変更するにしろ、1本はサンプルつくりたいですね(ブログに書くかは不明)。


今回は以上です。よき創作ライフを────ではまた。

▼ 関連

YouTubeのチャンネル登録者数が1000人を突破しました。 計4ヶ月。まだまだ弱小ですが、ようやく収益化のスタートライ...

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう