【OBS】キャプチャーボードの使い方と音ズレ対策【Basicolor321】

 

PS4・Switchの録画用にキャプチャーボードを買いました。


忘れないよう設定などメモっておきます。

 

スポンサーリンク

「どれ買った?」

 

Basicolor321」という安いキャプチャーボードを買いました。11000円。

 

 

安いけどちゃんと動作してます。

 

オモチャみたいな見た目と軽さ。起動中はけっこう熱くなる。

 

 

解像度はふつうで、色はやや汚いという印象。


Switchのマリオメーカー2とかだとあまり気にならない。PS4のハイビジュアルゲーム(モンハンワールドとか)だと色味の違いがやや気になる感じ。


超高画質でとりたい人は、もっと高いのを買ったほうがいいんでしょう。

 

 

映像キャプチャデバイスの「映像を構成」から、明るさ・コントラスト・色合い・鮮やかさを調整することは可能。このへんは好みで。

 

 

「接続方法は?」

 

Basicolor321はドライバのインストール不要。

 

  1. PC⇒USB3.0ケーブル
  2. ゲーム機⇒HDMIケーブル
  3. モニター(パススルー)⇒HDMIケーブル 接続は任意

 

注意点は、USB「3.0」でPCとつなげること。


USB3.0は端子のなかに青色の線があるやつ。オス・オスのケーブルで両者を接続。

 

USB 3.0ケーブル
CableCreation
パソコンとキャプボをつなげる。

 

「パススルーって?」

 

パススルー機能をつかうと、遅延なく他のモニターに表示できる。(モニターそのものの遅延はある)


つまり、他モニターで遅延なくプレイしつつ、PCで録画────という状況にできる。0.1秒を争う対戦ゲームではうれしい機能。


ちなみに自分はパススルーあまり使ってません


普段はOBSのプレビューで見ながら録画してます。ラグほとんど気にならないので。

 

 

「OBSの設定は?」

 

設定は録画環境によって変化します。


(自分はマイク音とゲーム音をマルチトラックで録音しているので、音声の設定がややふつうと違うかも)

 

ソースの構成例。「映像キャプチャデバイス」で映像だして、「音声入力キャプチャ」で音声だす。(facerigはキャラだすソフト)

 

 

映像キャプチャデバイスの設定例。

 

▲ 例

  • デバイス:MiraBox Video Capture(キャプボ)
  • 解像度:1360×768
  • FPS:60
  • 映像フォーマット:任意
  • 色空間:既定
  • 色範囲:一部
  • バッファリング:自動検出

 

PCスペックと相談しつつ、解像度・FPSを変える。

 

 

音声入力キャプチャは、デバイスでキャプボを選択するだけ。

 

「映像キャプチャデバイス」だけでも映像・音声両方だせますが、自分は切り替えと音ズレ軽減のために「音声入力キャプチャ」も使ってます。

 

 

オーディオの詳細プロパティ。任意。

 

自分の場合、音声入力キャプチャだけ音声モニタリングを「モニターと出力」にし、ゲーム音をききながら録画してます。マルチトラックで録画する場合はトラックもいじる。

 

▼ 関連

【OBS】ゲーム音とマイク音を別録りせずに分けて編集する方法メモ

 

 

スポンサーリンク

「困ったことは?」

 

「音ズレするんだけど!」

 

  1. PCスペックに合わせる
  2. OBSの音声設定をかえる
  3. パススルーを使う

▲上記でだいたい解決。

 

❶ 遅延・音ズレはPCのスペックにも依存する。低スペックPCは解像度・FPSをさげる。配信ではビットレートも調整。


❷ OBSの「音声入力キャプチャ」で音をだす。映像キャプチャデバイス・デストップ音声だと遅延がやや増した。(くわしい原因は不明。単一音声で出力するほうが遅延すくなく済む?)


パススルー機能をつかう。ほとんどのキャプボに搭載。モニターがもう1個必要で、そっちでプレイしながら録画する。手っとり早いけど場所をくう。

 

 

「音が二重に聞こえる!」

 

OBSの設定の問題。


ソースの一部をミュート。マルチトラックで録音する場合はそのへんもいじる。

 

 

「音・映像が出ない!」

 

  1. USB3.0ですか
  2. OBS再起動
  3. ミュートしてませんか
  4. 断線してませんか

▲ 上記でだいたい解決。

 

 

まとめ

 

ちょっとややこしいけど、1回設定しちゃえばラク。


ラグが気になるときはパススルー機能つかう。


今回は以上です。よきゲームライフを────ではまた🐺👍

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました