【アンケ考察】連載サウンドノベルのボリューム・開始タイミング・興味について

情報をシェアしよう

Twitterで連載サウンドノベルに関するアンケートをとりました。


ご協力ありがとうございます。参考になります。


以下、漠然とアンケ結果を眺めてても仕方ないので、メモがてらすこし考察しています。

あくまで「サウンドノベル作者のフォロワーさんが答えてくれたアンケ」です。多少バイアスはかかってるんだろうなと。

スポンサーリンク

Q, 一話30分のボリュームをどう感じる?

現在自分が連載している『クロノウサギR』の一話ボリュームが30分程度で、そのボリューム感覚が果たして正しいのかどうか気になり、こんなアンケをとりました。


結果、「ふつう」がほぼ半数。他はほぼバラけました。


おおよそ「一話30分」は間違いじゃなかったのかなと思いました(小並)。


そもそもなぜ一話30分かって、「アニメ」の感覚に合わせたかったんですよね。実際にはCMやらなんやらで20分くらいのアニメが多いですけど、感覚的にはまぁ30分だろうと。

関連

「ループ」をテーマにしたSFサスペンスミステリー、第1話。プレイ時間は30分ほど。

Q, どのタイミングで触りはじめる?

『クロノウサギR』の第一話を公開した時、「保留されてる感」をすごく感じました。「目には入ったけど触られない」────という状態。つまり「現時点で興味がわかない」、あるいは「興味はあるけど理由があってまだ触らない」のだと。


で、その感覚が正しいのかどうかの確認のために、このアンケをとりました。


結果、「興味がわいたら」が約5割「完結したら」+「ある程度進んだら」が約4割となりました。

ヒマになったら」も入れるべきだったかと思いましたが、「忙しさを理由に保留するくらい興味しかない」ということなんで、結局は「興味がわいたら」に含まれそうですね。

サウンドノベルには興味がわかない」はたったの4%ですが、これは自分がサウンドノベル作者なので、そもそもある程度興味ある方々がフォローしてくれているんだろうなと。




で、この結果を見てわいたのが、じゃあどうしたら興味がわくの?という疑問でした。

Q, 最も興味があるジャンルの傾向は?

そもそもジャンルで判断してるんじゃないの?」と思い、このアンケをとりました。


結果、「かわいい・えっちい・きれい」が3割「話や設定がおもしろい(雑食)」が5割強となりました。


で、自分でアンケとっておいてなんですが、「5割の人たちホントぉ……?」と思いました(すいません)


そもそも「話や設定がおもしろい」かどうかなんて、初見じゃわからないんですよね。だから「口コミ・紹介」とか「ビジュアル」とかでまず判断して、作品に興味がわいて、触れると。


とりあえず──この数字を信じるとしたら、こうですかね。

「ビジュアルが3割」

「口コミや紹介が5割」

「作品に触れるキッカケ」────というくくりでです。


もちろん、中には「自分で作品を発掘して突っこんでいく」という生粋のイノベーター/アーリーアダプターな方もいるとは思いますが、せいぜい全体の15%くらいと。

また、世の中の50%は、レイトマジョリティ/ラガードと呼ばれる「他人の口コミがそのまま自分の評価にすり替わる」タイプだと言われています。

「伝えること」の重要性を改めて思いました

「絶対にサウンドノベルはやらないッ!!」という確固たる意志をもった方々はどうにもできないですが、そうではない────「興味がわいたら」「面白い話・設定であるなら」という方々は、こちら側の努力の余地であると。


「面白い話・設定」なんてのは、大前提ですね。


創作してる人間は、誰だって自分を作品を「面白い」とおもって作ってます。(もちろん、改良の余地は常にあるとおもってるでしょうけど)


だったらあとは、どう伝えるかですよね。


それが簡単にわかれば苦労しないわけですが……。

まとめ – ひとまずの施策

Twitterで「公式アカウント」作りました(今更)。


作者のアカウントとは別にです。私用アカウントだとどうも「メリハリ」がないんですよね。日頃のニュースについても呟くし、「人間味」がありすぎるというか、「公式感」がないというか。


公式アカウントのほうで、キャラ紹介や世界観紹介、作品の更新情報なんかをこまごまやれたらなと。で、作者アカウントでもリツイートと。そうすりゃタイムラインにも一貫性がある。


……まぁ個人サークルだからあんまりリソースないんですけど(性格的に宣伝や自己アピールも苦手ですし)、ただ……やっぱ慣れていかないといけないんだなと。


「面白ければ人気がでる」ってのは、半分ホントウで半分ウソだと思ってます。


半分が工夫次第なら、注力する価値はある。もちろん────もう半分の工夫もしなくちゃいけないんですけどね。


今回は以上です。個人的な考察をここまでお読み頂きありがとうございましたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう