個人創作の「ビジネスモデル」は何があるのか

情報をシェアしよう

「個人創作」は趣味でやってるヒトがおおいです。


なぜって、基本的に儲かるものではないから。


個人創作を「ビジネス」にするのはむずかしい。ほんとうに優れた才能をもつ、ひとにぎりのクリエイターしか実現できていない。


以下、それでも「個人創作のビジネスモデル」について考察していきます。

スポンサーリンク

「あんたの個人創作の定義は?」

「個人創作」の定義は、「他人の著作物をかりずに1人でする創作」とします。


この場合、「二次創作」は個人創作ではありません


ただし「二次創作をしながら個人創作をおこなう」ことは、広義で個人創作にふくまれるとおもいます。

「ビジネスモデルってなに?」

ビジネスモデルはカンタンにいうと、「利益をえる仕組み」です。


あらゆる事業者が、儲かる儲からないにかかわらず、ビジネスモデルをもっています。

「モデルの種類は?」

ビジネスモデルの分類は多岐にわたりますが、基本は「9モデル」だとおもいます。

  1. 物販
  2. 小売
  3. 広告
  4. ライセンス
  5. 消耗品
  6. 継続課金
  7. 仲介
  8. フリーミアム
  9. 二次利用

「個人創作でつかえるモデルは?」

以下、私見による選出です。異論があればおしえてください。

  1. 物販
  2. 広告
  3. 継続課金
  4. フリーミアム
  5. 二次利用

▲ 個人創作では、この「5つ」が選択肢になるとおもいます。

物販」────個人創作の基本。作品を売って、利益をえる。


広告」────ゲームアプリの広告。ブログやYouTubeの併用もこれ。


継続課金」────pixivFANBOXなどのパトロン系。ファンクラブなども。


フリーミアム」────無料作品でヒト集めるのはほぼこれ。


二次利用」────サントラ、単行本化、LINEスタンプなど。


なお、「ライセンス」モデルをここに入れなかったのは、「個人の範疇」でライセンス管理することはほぼ不可能だとおもったからです。

「どのモデルにすりゃいいの?」

どのモデルにしようが、儲からないものは儲かりません。


────これだと話がおわってしまう。


とりあえず間違いないのは、「単一のモデルに依存するのは危険」ということ。


たとえば「広告モデル」に依存するとします。ブログやYouTube。これ……Googleが「やっぱやーめた!」っていった時点でオワリなんですよね。あるいはルールを変えられちゃってもオワリ。


「物販モデル」にしてもそう。メインの商品が売れなくなったらオワリ。


だからビジネスモデルは「複数もつ・合わせる」のが大事であると。

スポンサーリンク

「あんたのモデルは?」

自分のビジネスモデルは、「物販」「広告」「フリーミアム」「二次利用」です。


つまり「個人創作の5つのビジネスモデル」のうちの、4つです。「継続課金」以外


なぜ「継続課金」をやらないかというと、「超メンドウ」だからです。パトロンサービスで月額○○○円────その分ちゃんと活動しないといけない。パトロン系の継続課金は、リソースをはげしく奪われる


「物販」は────現在はKindle本のみ。「Skeb」もある意味では物販かも。商業本は絶版ずみ。グッズ製作は、在庫リスクがデカすぎるのあまりやりたくない。今後、コミティア用の同人誌と、Steam用のゲームをつくりたいとおもってます。


「広告」は────ブログの広告です。創作活動の副産物として、記事をかいている。ぶっちゃけ物販よりブログのほうが需要ある現状です。


「フリーミアム」は────公開中の無料コンテンツがその役割をになっています。ノベルアプリやイラストやブログを無料でみてくれたヒトが、有料コンテンツに手をのばしてくれればいいなと。


「二次利用」は────これからですね。ブログ記事も創作の二次利用といえばそうですが。

「クラウドファンディングは?」

クラウドファンディングは、ビジネスモデルというより「資金調達」です。


また、個人でやるには敷居がたかい。「豊富な特典」をつけたらなおタイヘン。パトロン系の継続課金のように、リソースを激しく奪われかねない。


高い計画性がもとめられる、ハイリスク・ハイリターンの手段かと。

「個人創作って儲かるの?」

まず儲かりません


個人創作には「強力なライバル」がおおすぎます。「趣味でやってる無料クリエイター」や、「名だたる大企業」もライバルです。


レッドオーシャンとかいうレベルじゃない。


ただ────「副業」にはなるとおもいます。


本業のかたわら個人創作をして、すこしでも収入をえると。あるいは本業につなげるためにおこなう。


もちろん、イッパツ当てて大成功している個人クリエイターもいますが、宝クジのほうがまだ当たるとおもいます。

まとめ 「趣味でやってるやつがいちばん賢い」

創作物は、もはや氾濫している


みたくもない創作物だって、どんぶらこっこと流れてきて、勝手に目にはいるレベル。あまりにもライバルがおおすぎる。


ただ────個人創作はたのしい


自分は正直、他人の創作物にはほとんど興味がありません。「創作物」よりも、「創作をすること」がたのしいわけです。そして「創作研究」もたのしい。


個人創作は、ビジネスではなく、娯楽


こうおもって活動したほうが、心おだやかにいられるとおもいます。


「じゃあ、あんたは?」


自分は────個人創作をビジネスにしたいです。




応援してやるからタダでやれやww」みたいな消費者が、大嫌いなんですよね。


自分は無料コンテンツをつくってきたので、よくみました。トラウマレベル。


そんな連中を喜ばせるために、奴隷のごとく個人創作をしたくない。たのしいことを、バカバカしい気持ちでつづけたくない。


個人創作をたのしみ、継続するために、ビジネスにしたいわけです。


ただ────そうはいっても無理難題なのは理解してます。実現するには、長い時間と、多大な努力と、ありもしない才能が必要だと。


まぁ、こういうのを考えるのがたのしいわけです。


今回は以上です。人生によき創作を────ではまたφ(・ω・ )

▼ 関連

クリエイターが「お金を稼ぐ」ことを、嫌う消費者がいる。 ただの「嫌儲思想」かとおもえば、雰囲気がすこしちがいます。 ...

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう