【Unity】Adventure Creatorの2Dカメラをプレイヤーに追従させる方法

 

こんにちは、ほしみです。


Adventure Creatorの2Dモードは、デフォルトではカメラが追従しません。ピッタリと固定されていて、プレイヤーが枠外に移動してもそのままです。


以下、2Dカメラをプレイヤーに追従させる方法をメモがてらまとめておきます。

 

スポンサーリンク

「ざっくり教えて!」

 

  1. ヒエラルキーで「NavCam 1」を選択。
  2. インスペクター⇒Game Camera 2D(スクリプト)
  3. Horizontal movementの「Lock?」のチェックを外す。
  4. Horizontal movementの「Constrain?」のチェックを入れる。
  5. BackGround constraint」に背景画像をD&D。

 

 

「くわしく教えて!」

 

公式チュートリアル通りにカメラを作成しているなら、Default Cameraは「NavCam 1」になっています。NavCam 1をヒエラルキーから選択し、インスペクターから「Game Camera 2D(スクリプト)」コンポーネントを探します。


次に「Horizontal movement(水平移動)」の「Lock?(ロックする?)」のチェックを外し、「Constrain?(制約する?)」にチェックを入れ、「Background constraint(背景の制約)」に背景画像をドラッグ&ドロップします。(垂直移動の設定は「Vertical movement」で行う)

 

カメラの「Game Camera 2D(スクリプト)」から追従の設定をする。

 

すると設定した背景画像に連動して、カメラがプレイヤーに追従するようになります。

 

デフォルトだとこのカメラ位置で固定ですが────

 

上記の設定をするとカメラがプレイヤーに追従し、背景の端っこまで来てくれる。

 

スポンサーリンク

まとめ「デフォルトのカメラ設定をいじる」

 

デフォルトカメラのインスペクターで、チェックを外したり入れたり、背景画像をD&DすればOKと。カンタンですね。なおデフォルトカメラ(NavCam 1)はScene managerのDefault CameraのCreateから作成できます。


今回は以上です。よきゲーム制作ライフを────ではまたφ(・ω・ )

 

▼ ゲーム制作チャンネル

ほしみゲーム制作CH【ゆっくり実況】
Unityやティラノスクリプト・ティラノビルダーでゲームを作っていきます。 ノベルパート+○○な、ストーリーが面白いゲームを目指します。

 

▼ ゲーム制作関連本

 

▼ Unity関連記事

【Unity】Adventure Creatorの2DでWASD移動させる方法と注意点【ポイント&クリック⇒キーボード操作】
【Unity】Adventure Creatorのセーブロード時にカメラがアップになる現象の解決方法
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました