【ティラノスクリプト】レイヤーモードを背景のみに適用する方法【CSS】

 

ティラノスクリプトには「レイヤーモード」という画像合成機能があります。(layermodeタグやlayermode_movieタグ)


スクリーンやオーバーレイ────ゲーム上で画像編集ソフトのようなことができるわけですが、デフォルトでは「立ち絵の前」にもかかってしまい、用途がすこし限定されています。


もし背景のみに適用できれば、表現の幅が広がりそうです。


ということで、CSSを使って調整しようとおもいます。


以下、メモがてらまとめておきます。ほかに良い手段があればどなたか教えていただけると助かります。

 

スポンサーリンク

「どういう挙動になるの?」

 

▼ 立ち絵と背景の間に「煙」を流している

 

本来、layermodeとlayermode_movieは立ち絵の上にも適用されます。


ですが動画の例では、背景だけに適用しています。

 

▼ 公式のレイヤーモード解説はこちら

レイヤー合成(色・画像)-動作デモ - ティラノスクリプト|スマホ対応のノベルゲームエンジン、アプリ化にも対応。
完全無料のアドベンチャーゲーム作成ツール。商用利用可能。作成したゲームはPC(Windows、Mac、Linux)、スマートフォン(iPhone,アンドロイド)、各種タブレットなどあらゆる環境で遊べます。

 

 

「どうやるの?」

 

まずnameパラメータを設定します。


使用するlayermodeタグ(あるいはlayermode_movieタグ)に、付けたい名前をつければOKです。

 

▼ 例 name=haikei_no_ue

[layermode_movie video=douga.mp4 name=haikei_no_ue loop=true mode=screen opacity=100 time=500 width=1280]

 

次にCSSに追記します。

 

▼ 例 .layer_blend_haikei_no_ueクラスを設定

/* レイヤーモード 背景より上 立ち絵より下 */
.layer_blend_haikei_no_ue{
	z-index: 0 !important;
}

 

以上です。


自分の場合は「tyrano/css」にある「font.css」に追記しています。お好きなCSSファイルに書けばOKです。


カンタンに解説をすると────


タグに指定したnameパラメータは、CSSで扱えます。「z-index: 0」はZ軸のゼロ位置をあらわし、レイヤーの位置を指定しています。背景にも立ち絵にもZ軸が指定されているので、その中間位置に置いたわけです。最後に「!important」をつけることでCSSの命令の優先順位を高くし、反映させています。


なお「.layer_blend_○○」の○○は、nameパラメータに付けた名前によって変わります。

 

 

まとめ「一度いじれば使い回せる」

 

一度nameパラメータのCSSを設定すれば、何度でも使い回せます


今回のようにループ煙で「奥行き」をだしてもいいし、背景だけ暗くして「」を表現してもいい。演出の選択肢がふえると。


本当は「透過された動画」をそのまま立ち絵の後ろに流したいんですが……ちょっとティラノスクリプトではやり方がわからなかったので、代替手段としてlayermode_movieのスクリーン合成を利用したかんじです。


アイデア次第ではほかのリッチな表現もできるかもしれませんね。


今回は以上です。よきゲーム制作ライフを────ではまたφ(・ω・ )

 

▼ イラストや素材を発注したいなら

イラストオーダーサービス【SKIMA】コミッション

 

▼ ティラノ関連記事

ティラノビルダーのダイアログをカスタマイズするやり方メモ
ティラノビルダーで「画質悪い」と感じた時の解決策メモ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました