【イラスト】「頭身の補助線素材」をつかった立ち絵の描き方

情報をシェアしよう

「頭身」によって、キャラの印象はかなり変わります


「補助線(ガイド線)素材」をつかうと、頭身を安定させやすいです。

スポンサーリンク

「頭身の補助線素材?」

個人利用の範囲なら好きにつかってください。PNG形式、5000×2813px、12頭身(※)まで

▲ 素材をあらかじめ用意しておくと、立ち絵の頭身チェックがラクチンです。


バランス感覚スゴいヒトなら、補助線ナシでも目当ての頭身をササッと描けるとはおもいます。自分はちょっとできないんで…………補助線つかってチェックしてます。


※ バレー選手やスーパーモデルに「12頭身」がいるようなので多めに。キャプテン翼用(15頭身)素材はほかのヒトにまかせます。


頭身の補助線素材は、Photoshopの「揃え」「分布」機能をつかえばカンタンにつくれるね!

「どうやって使うの?」

立ち絵に素材をかさねる ⇒ 頭のサイズに合わせて引きのばす」 この場合、キャラの頭身は「約5.5頭身」となります。

▲ 超カンタンです。


なおクリスタの場合、レイヤーにドラッグ&ドロップすれば素材をカンタンに挿入できます。変形はラスタライズしてからやるとラク。


好きな絵柄の頭身をこれでチェックしてみるのもアリですね。

「バランスとるコツは?」

頭身の目安は、「個人の感覚」でまちまちです。


以下は、あくまで自分の目安になります。

股下」でバランスをとっています。(画力はともかく、頭身バランスには気をつけたつもりですが、なにかおかしかったら教えてください)

▲ 人体は、「股間 – 膝下」と「膝下 – カカト」がおおよそ「1:1」になっています。(もちろんアオリとフカンで比率は変わる)

「上半身」より「下半身」で人体バランスをとるほうが、個人的にはラクです。


上半身は、個性がかなりでます。なで肩だったり、くびれがなかったり、胸が大きかったり────「パーツの高さ」がわかりづらいんですよね。胴だけ長いヒトもいますし。


下半身の「股間」「膝下」「カカト」は、相対的な位置にほとんど個人差がでません。「目安」として最適なわけです。


まっ、コツなんてヒトそれぞれだよね

「まだバランスがむずかしい……」

「デザインドール」をつかえば、さらにカンタンになります

▼ デザインドール公式

自分だけのデッサン人形」をカンタンにつくれます。3Dの知識は不要。

レイヤーウインドウ機能」で、外部ソフトのキャンパス上にカンタンにうつせます。

ただし、デザインドールに依存して、「本質的な画力」が向上するかは疑問です。


自分はもう完全にデザインドールに依存してます。「頭のなかで構図をかんがえること」や「カラダのバランスをとること」が、大の苦手なので。


生まれながらに右脳の出来がよくて、「わたしは神絵師になりたいんだ!」というヒトは、ツールにたよらず自力を鍛えたほうがいいとはおもいます。

まとめ 「つえー絵師はこんなことしないんだろうなぁ……」

補助線素材で頭身チェック────時間はかかります


「時間かけてもバランスよくしたい!」という時に使うとベンリかもしれません。とくに「キャラクターデザイン」の時とかですかね。1回かいちゃえば次回からの参考資料になりますし。


今回は以上です。よきイラストライフを────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう