【ビリビリアホ毛】電気羊の擬人化キャラクターイラストをかんがえる【Skebリクエスト攻略】

情報をシェアしよう

Skebで「電気羊の擬人化」のリクエストをいただきました。


なお用途は「Slack用のアイコン」とのこと。


以下、メモがてらデザインの考察を書いていきます。

▼ 前回のご依頼

Skebで「暗殺者な女性教師」のリスエストをいただきました。 なお、「Kindle電子書籍用の表紙イラスト」です。 ...

スポンサーリンク

「完成イラストは?」

電気羊」「アホ毛」「Slack用のアイコン」から想起したキャラクターです。

「依頼内容は?」

  • Slack用アイコン
  • スペース名「電気羊の会」
  • バストアップ or 顔ドアップ
  • 羊の擬人化少女
  • 電気的なメタファのアホ毛
  • 性格はイタズラ
  • ドヤ顔が似合う
  • 4000×4000

「どうしてこういうデザインに?」

「Slack?」

「Slack」は有名なチームコミュニケーションツールです。

▼ Slack公式

Slack とはよりシームレスなチームワークを実現するビジネスコラボレーションハブです。業務に必要なメンバー、情報、愛用のツールのすべてを1ヶ所に集約し、チームの生産性を最大化します。

このSlackで利用するアイコンのご依頼でした。


4000×4000px。アイコンなので正方形

「電気羊?」

電気羊の元ネタは「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」という超有名なSF小説。

フィリップ・K・ディック
あまりに有名すぎる表紙絵

ということで、ベースカラーは「イエロー」に


サイバー感も出したかったのでサブカラーは「グリーン」に


結果的にグリーンの印象が強くなりましたがいちおう「金髪」です。角のカタチは元ネタに寄せました。

「電気的なメタファのアホ毛?」

アホ毛の形状には指定がありませんでした。


ただ電気的なイメージをもつアホ毛となると、この「ビリビリマーク」しか思いつきませんでした。暗喩というよりそのままな感じですが。


「電気羊の擬人化」とわかりやすいデザインにはなったかなと。

「背景は?」

背景はマトリックス的なおなじみのやつ。0と1だけではないバージョン。


合成して情報量をふやしつつ、サイバー系のノイズブラシでSF感の仕上げ。

▼ サイバーノイズブラシ(クリスタ用)

イラスト・マンガ制作に役立つトーン、ブラシ、3Dデータなどの素材をダウンロードしたり、自作の素材をアップロードしたりできます。CLIP STUDIO PAINTなどのグラフィックソフトに読み込んで使えます。

まとめ 「アイコンはアイコンでむずかしい」

アイコン用イラストを書くのは今回がはじめてでした。


「正方形に情報をおさめる」ことのむずかしさをめっちゃ感じましたね。


あんまり遠巻きのイメージだと小さい状態で見えづらい。なのでバストアップではなく「顔のドアップ」でいきました。(アイコンは縮小して表示されることがおおい)

別パターンの強めのドヤ顔も用意したんですが、「長く見つづけるならどっちのドヤ顔がいいだろう?」と数日なやんだ結果、ひかえめなドヤ顔のほうを決定稿としました。(差分はせっかくなので同封しました

アイコンも奥がふかい……。


イロイロ勉強になりました。ご依頼ありがとうございました!


今回は以上です。よきアイコンライフを────ではまたφ(・ω・ )

▼ よければリクエストください

「Skeb」に登録してみました。 カンタンにいうと「有料でイラストリクエストするサービス」です。 ▼ 受付はこちら ...

スポンサーリンク