【天下一ヴドゥ祭】偶数ドラゴンデッキ破壊ウォーロック【ハースストーンデッキ】

情報をシェアしよう

コンセプトは、「OTKデッキをとにかくブッ飛ばしたい」。


新カードは「ファイアーツリーの呪術医」のみですが、「ノームフェラトゥ」「若き酒造大師」「老練の酒造大師」を組み合わせて、今までにないムーブができます。

スポンサーリンク

デッキリスト

「ファイヤーツリーの呪術医」「ノームフェラトゥ」「若き酒造大師」「老練な酒造大師」を採用し、偶数ウォロそのものの強さに、呪文発見とデッキ破壊が加わります。

### 破壊ドラループ
# クラス: ウォーロック
# フォーマット: スタンダード
# ワタリガラス年
#
# 2x (2) ノームフェラトゥ
# 2x (2) ファイアーツリーの呪術医
# 2x (2) 冒涜
# 1x (2) 卑俗なホムンクルス
# 2x (2) 若き酒造大師
# 1x (2) 酸性沼ウーズ
# 2x (4) アメジストの小呪文石
# 2x (4) キノコ酒造師
# 2x (4) スペルブレイカー
# 2x (4) トワイライト・ドレイク
# 2x (4) 地獄の炎
# 2x (4) 老練の酒造大師
# 1x (4) 鉤手のリーヴァー
# 1x (6) ゲン・グレイメイン
# 1x (6) 凄まじき焦熱の悪鬼
# 1x (6) 待ち伏せのガイスト
# 1x (8) 始祖ドレイク
# 1x (10) 屍山血河のグルダン
# 2x (12) 山の巨人
# 
AAECAfqUAwiKB/sHyccCoM4C8dAC/dACl9MCzfQCC7oBnwPyBbYH4QeNCOfLAq7NAojSAtjlAuiJAwA=
# 
# このデッキを使うには、あんたのクリップボードにコピーして、ハースストーンで新しいデッキを作ってくれ

デッキの特徴

OTKにはデッキ破壊、アグロ・ミッドレンジには呪文発見で対処します。


「OTKパラディン」「プリースト全般」「武器ローグ」「シャダウォックシャーマン」に大幅有利だとおもいます。


とくに、「武器(キングスベイン)ローグ」に無類の強さを発揮します。中盤までにウーズさえくれば、一生武器破壊をループできます。で、最後はノームフェラトゥで除去してやればいいと。そのまえに相手がコンシしますけどね。


武器ローグやOTKデッキにイライラしている方、相手のキーカードをふっとばして気持ちよくなれること請け合いです。

ファイヤーツリーの呪術医」がキーカードのひとつです。「トワイライト・ドレイク」「始祖ドレイク」のシナジーで、呪文発見をします。


ウォーロックの呪文はアタリがおおいです。「冒涜」「アメジストの小呪文石」「捻れし冥界」がひければ儲けもの。またOTKデッキには、「虚無の契約」「悪魔化プロジェクト」をひっぱってきて、計画を台無しにしてやることもできます。


なにより強いのが、呪文発見なので手札枚数が減らないこと。序盤でだして、スムーズにドレイクや巨人につなげられます。


2マナとコストも安いので、酒造大師たちで発見ループもできます。

ノームフェラトゥ」は、キーカードその2です。


今のハースストーン、OTKデッキおおすぎなんですよマジで……。


酒造大師たちでループすれば、「計6枚」燃やせます。6枚も燃やせば、大体OTKのキーカードは落ちますね。


ドレイクと巨人で盤面を制圧しつつ、デッキをどんどん破壊してやりましょう。

若き酒造大師」と「老練の酒造大師」は、縁の下の力持ちです。こいつらがいないとこのデッキは始まりません。


2コスと4コスで、スタッツも優秀。とくに老練の酒造大師は、ドルイドの虫害にめちゃくちゃ刺さります。ノームフェラトゥや呪術医と交換して、盤面を強化できます。

スポンサーリンク

マリガン・戦法

対ローグ

武器ローグはカモです。


全力でウーズをとりにいきましょう。酒造大師でループすれば、すぐ勝利です。


また、「地獄の炎」「スペルブレイカー」「待ち伏せのガイスト」があるので、雄叫びローグとも十分勝負できます。サメの精霊まわりを潰しやすい。


ドレイクや巨人の体力を「冒涜」で削り、「板渡らせの刑」対策するのもアリです。

対OTK

OTKもカモです。


酒造大師とノームフェラトゥは後半までキープします。安全にループできる状況になったら、どんどんデッキを破壊しましょう。あとは祈祷力次第です。


仮にOTKのキーカードが落とせなくても、除去呪文などがひとつでも消えるだけで、けっこうOTKは辛いとおもいます。重いミニオンでがんがん顔をつめていきましょう。

対ドルイド

ドルイドにもかなり勝てます


キーカード落とした時点で勝ちですし、そうでなくても戦いやすい。


偶数ウォロは重いミニオンが多いので、ドルイド側はかなり厳しいとおもいます。処理仕切れない。軽いミニオンは、老練な酒造大師で回収して、盤面強化。虫害も突破しやすいです。


「待ち伏せのガイスト」も刺さりますね。ただ…………「ロア・ハッカー」入りのトグワグルドルイドも最近みるので、出すタイミングは注意が必要です。

対ハンター・メイジ

ハンター・メイジ戦は、即コンシです。


時間のムダです。勝てません。両方10戦くらいして1回も勝てませんでした。


今回のデッキは、OTKやミッドレンジには強いですが、「無限リソース」をもつクソ中のクソデッキには絶対に勝てません。


「DKレクサー」と「DKジェイナ」────たったその1枚だけで、もう勝てません。本当にクソカードだとおもいます。無限リソースでなんだよ……。1枚でゲーム終わっちゃうカードはホント良くないですね。


ハンターとメイジにイライラしたら、OTKパラディンを握りましょう

入れ替え候補メモ

悪魔化プロジェクト」を1枚差ししておくと、OTKドルイド戦やOTKプリースト戦がより安定化するかもしれません。


モジョー使いジヒィ」を入れると、コントロール相手にワンチャン生まれるかもしれません。

まとめ 「デッキ破壊は楽しいぞい」

勝てると思い込んでるOTKヤロウを、デッキ破壊で踏みにじる。控えめにいってもサイコーです。性格悪いデッキには性格悪いデッキぶつけんだよッ!


「ハンター」や「メイジ」といった無限リソースデッキには勝てませんが、そこは割り切っていけばOKと。


今のハースストーンは「デッキ相性」がすべてです。逆に、この極端なデッキ相性差のおかげで、ラダーは回しやすいとおもいます。


ハンターとメイジは即コンシ。それ以外の相手で楽しみましょう。


今回は以上です。よき天下一ヴドゥ祭を────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう