【ハースストーン】2018年12月20日のナーフをかんがえる【ドルイドがただの鹿に】

情報をシェアしよう

突然、ナーフが発表されました。発表の数時間後に適用という急行スケジュール

  • 野生の繁茂」 2マナ ⇒ 3マナ
  • 滋養」 5マナ ⇒ 6マナ
  • レベルアップ!」 5マナ ⇒ 6マナ
  • サロナイト鉱山の奴隷」 コピー ⇒ 奴隷をもう一体召喚
  • 吸血毒」 2マナ生命奪取 ⇒ 1マナ1ターンだけ生命奪取

くわしい情報は公式ページをみてください。

スポンサーリンク

「マナ加速できないってただの鹿じゃん」

「野生の繁茂」「滋養」という2大マナ加速カードがナーフされました。


ともに1マナコスト増加。ドルイドのマナ加速が以前よりスローになります。


具体的には、「後攻2ターン目に繁茂⇒4ターン目にコイン滋養」というクソ害悪ムーブができなくなりました。ドルイドはアイデンティティをかぎりなく失い、ただの鹿になるとおもわれます。

「回復できない武器ローグとか(笑)」

吸血毒」のマナコストが2マナ⇒1マナ、かつ生命奪取の効果が1ターン限定に。


武器(キングスベイン)ローグの、無限回復リソースのかなめが消えました。回復できない武器ローグって、なにに勝てるんですかね。


ただ、環境で最も嫌われているデッキのひとつですし、ザマアミロ以外の感想はとくにないです。


今後は「海賊」主体のミッドレンジデッキとかに使われるんでしょうか。

「シャダウォックはミッドレンジで使おうね」

サロナイト鉱山の奴隷」のナーフ、やっときたかという印象です。遅すぎたくらい。


いわゆる「シャダウォックOTK」が不可能になります。最近ふえはじめていた「無限装甲シャダウォック」とかいうこの世すべての邪悪みたいなデッキもこれで終了します。


シャダウォック自体はおもしろい効果のカードですし、OTKの発動条件もむずかしかったですが、あまりにも「演出が長すぎた」。しかも「運要素」があまりにつよく、クソゲーム感を加速させていた。


今後はミッドレンジで「正統派シャダウォック」がみられることを祈ります。

「なんでレベルアップ6マナ……?」

「レベルアップ!」の6マナ化は、愚策だとおもいました。


「奇数パラディン」が前環境とおなじデッキリストでTier1トップという異常事態にたいする措置ですが、なぜ6マナ……?


現在、同じくTier1に「偶数パラディン」がいます。そして偶数コストには「カワキタニの看守」「光合ステゴドン」「クリスタル・ライオン」「太陽の番人タリム」という新兵シナジー軍団がいます。


これ偶数パラディンがヤバいのでは……?


個人的には「レベルアップ!」は7マナにするべきだとおもいました。「含み笑う発明家」だってあんなナーフにしたんだから、同じことでは。

「最後まで虫害と究極ナーフしなかったな」

「拡がりゆく虫害」と「究極の浸食」が、ドルイド2大クソカードとされています。


おおくのコミュニティが主張していました。しかしハースストーンチームは最後まで否定し、「いやいやアグロ環境の抑止力だから」と無視しつづけた。ふざけんなどのみち奇数パラがTier1じゃねえか。みんな紫色の乳頭を呪った。


そして結局────ナーフ。「練気」につづいて「野生の繁茂」と「滋養」という基本カードが弱まり、ドルイドはマナ加速という最大のアイデンティティをかぎりなく失った。ただし、虫害と究極はノータッチ。


なんか「虫害と究極で意地になってる開発者がいるのかな」という印象です。


ドルイドのナーフは妥当です。マナ加速が強すぎたのも事実。ですが、マナ加速という致命的なアイデンティティを削るまえに、虫害と究極をどうにかするべきだったのでは。


ドルイドが強かったのはマナ加速のおかげ。それはわかる。ですが一番「不快」だったのは、虫害と究極です。勝率データしかみてないんでしょうか。


なぜここまで虫害と究極にこだわり、守りつづけたのか、逆に気になるレベルです。

「いちばんの害悪はDKカードだろ」

現環境における最悪は、「DKカード」だとおもっています。


とくに「DKレクサー」と「DKジェイナ」。


無限リソース」という、盤面のあらゆる努力をふみにじってやる気を削ぐ効果を、たった1枚のDKカードが容易にしてしまっている。


ハンターなんて、とりあえずDKいれておけばコントロールにも勝てますからね。手札ゼロ枚でも、無限リソースガチャで、最後の最後まで戦えます。なにがズルジンだよDKのほうがズルいだろ。


プリーストの「心霊絶叫」などもそうですが、「たった1枚でどうにかなっちゃうカード」が「出し得」なのはダメでしょ。発動条件が限定されているシャダウォックのほうがまだマシなカードデザインにおもえます。

まとめ 「なんだかんだ英断────だけど」

今回のナーフは英断だとおもいます。


そりゃ「遅すぎだろ」とか「それ……?」とか「魔素還元ケチってるだけ」とかおもう部分もありますが、なにもしないよりはマシ。いま完全に環境こわれてますから、バランス調整はぜったいに必要だった。


できれば、「来年4月のスタン落ちまでにもう一度バランス調整」してほしいです。


せっかくおもしろいカードがたくさんあるのに、環境こわれすぎててホントもったいない! コミュニティの広範な意見をくんで、バランスを調整すれば、もっともっとおもしろくなるはず。


ただ正直、今回のナーフだけでもめちゃくちゃうれしい。楽しくなりそう。


今回は以上です。RIPドルイド────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク