【デュクシ】知らない言葉を「検索」するのは「オタク的行動」なのか

情報をシェアしよう

知らない言葉を辞書やスマホで調べるのはオタク的行動。ふつうは読みとばす


そんなテーマがTwitterでバズってました。


マジメをオタクでひとくくりすんな」「なんで調べない側がマウントとってんだよ」って話ですが、「一理ある」ともおもいました。(元ツイが嘘松かどうかはおいといて)


Google先生」、さいきんみんな使ってますか。

スポンサーリンク

「もはや情報って、集まってくるものでしょ?」

いまのネットの情報は、パーソナライズされてることが多いです。


直訳すると、「なにかを個人むけにカスタマイズすること」。


つまり「ユーザーの行動履歴をもとに、機械が情報を選択してくれる」わけです。


「広告」「検索」「SNS」「YouTube」でおなじみの機能。ユーザーがふだん何やってるかのデータを集めておいて、「最適な情報」をかってに用意しちゃう。


YouTubeの「あなたへのおすすめ」とかも、ぜーんぶパーソナライズされているわけです。「おまえこういうの好きだろ?」って。Google検索も設定をオフにしないとじつはそう。


インターネット全体が、いまパーソナライズにかたむいている。


だから「調べ物」って概念は、もう古い(ダサイ)んですよね。

「読みとばしたほうが効率いいよ!」

わからない言葉をいちいち調べていると、読了に時間がかかります


著者によっては、むずかしい言葉を乱用することに「美」をかんじている場合もある。そんなナルシシズムにずっとつきあっていたら、読者は疲れちゃいます。


知らない言葉は、読みとばすほうが効率的────かもしれない。


一部にずーーっと執着するより、全体をさーーっと眺めたほうが、理解がふかまることもあります。

「だれかに聞けばいいじゃん」

調べ物したくない派は、「だれかに聞けばいいじゃん」ともおもってる。


ある意味、とても賢い


自分で調べるより、言葉を知ってるだれかに聞いたほうがラクですよね。「アタマ」使わないでいいし。「へぇそうなんだぁ」ってうなづいてオワリ。


ただここで問題なのが、「他人の情報をうのみにする」ということ。

「あのヒトが言ってたならホントでしょ?」

自分で調べものをしないと、リテラシーは身につきません


この「リテラシー」という言葉すら、おおくの人間は知らないまま読みとばしていくと。


「正義」が、他人まかせになってしまう。正しいか正しくないかを、他人の意見にゆだねてしまう。自分のアタマを使わない。そんなのはもう、死んでるようなもんです。


だれもかれもが調べ物をしなくなったら、人間はオワリ。機械にパーソナライズされた家畜がそこにいるだけ。

まとめ 「オタクとか関係ない」

オタクとか関係なく、「自分で調べる」ユーザーが減っている


これはもう、インターネットの進化の必然です。


情報はパーソナライズされる。「おまえこれ好きだろ?」って、どんどん勝手に集まってくる。調べ物なんて、時代おくれだ。


人間のリテラシーは、どんどん無くなっていく。


そのさきに何があるのか。パーソナライズで人格がコントロールされた社会か、より良く情報を取捨選択できる社会か、個人的探究心で興味があります。デュクシデュクシ。


今回は以上です。よきネットライフを────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう