【雑記】ミーハーオタクへの失望感という病気

情報をシェアしよう

もうすぐサークル活動10周年です。


達成感はあまり無いです。むしろ虚無感とか、失望感が強いです。


その失望感の矛先が自分自身だけだったら、どんなに向上心に溢れたものかと思いますが、残念ながらそうじゃない。


そしてこの失望感が、ただの「すり替え」だということも自覚しています。


自分は単に、周りの人々と「幸せ」を共有できないことが、非常に妬ましく、寂しく、辛いだけなんだろうなと。


以下、思考の整理がてら書いておきます。




建前を言ってしまえば、今のオタクの消費スピードや好き嫌いについていけない。(言葉にするとあまりにバカバカしい響きですが)


自分も限りなくオタクなんですが、たぶん「マニア」の気色が強いんですよね。オタク文化そのものを愛好しているというより、その中の「創作活動」というカテゴリにひたすら執着して、研究し続けている。


研究のために、流行りの和製ソシャゲにも手を出しました。ぜんぜん面白いと思わなかったです。ただ、周りがみんな面白いと言っているので、その人たちに嫌われまいと「面白いっすね!」みたいに上っ面だけ合わせていた。で、そんなふうにムリしてミーハーオタクに迎合してる自分を俯瞰してクソ食らえと思って、スーっとそれらのゲームからフェードアウトした。(ある意味一番ミーハーなイナゴムーブだったかもしれない)


混じって愉しめたらどんなに頭が幸せか。


あんなクソグソを楽しめるヒトビトの人生は、よほど幸福に満ちている。煽りとか妬みとか抜きにしても、本当に羨ましく思う。






────以上、ルサンチマンがよくやる、認知的不協和の解消の手口です。「自分以外がオカシイんだ!」と、必死に思い込もうとするやつ。


矛盾は自覚してるんです。


「あんたが先に失望したんじゃない。こっちが先に失望したんだ」────そういうくだらない争いがしたいわけでもない。


でも、完全にはウソではないから、ややこしい。




本当に心にあるのは、「自分が面白いと思われないこと」への悔しさで、本当は、つまらないと思っているものも、心のどこかでは面白いものだと認めている。ただ認めたくないだけで。ソシャゲも、Vtuberも、Twitterマンガも、みんな努力して面白いものを作ろうとしてる。悔しいから、それらをつまらないものだと思いたい。


結局は、自分への失望感を、鏡で見ているだけ。




何のために創作をするのか。


単なる現実逃避の手段なら、もうやめちまえ。


そうじゃないなら、見つめ直せ。

スポンサーリンク