【Kenshi】超初心者の最序盤攻略 「戦闘・金策・拠点」はどうするの?

情報をシェアしよう

初期設定を甘くしたのに、序盤が乗りこえられない……


自分がそうでした。


以下、「Kenshi超初心者」の「最序盤~拠点設立」までのガイドをメモがてら書いていきます。なにか間違っていたらおしえてください。

スポンサーリンク

「ざっくりおしえて!」

  1. 初期設定あまあま
  2. 負けておぼえて強くなる
  3. さいしょ拠点たてない
  4. 街のちかくで追い剥ぎ(メイン)
  5. 街と鉱脈のちかくに拠点

▲ とくに追い剥ぎがミソです。

「初期設定を甘くする?」

▼ 初期設定で低難易度にする方法はこちら

Kenshiを…………イージーにたのしみたい。 Kenshiの初期設定には無数のパターンがあります。 「いちばん...

Kenshiは難易度をさげても十分むずかしいし、歯ごたえがあります。


超初心者の方は、まず低難易度設定でゲームシステムに慣れることをオススメします。

「負けておぼえて強くなる?」

  • リセットくりかえして操作に慣れる
  • 全滅させられて強くなる

さいしょ、Kenshiのゲームシステムわけわかんないとおもいます。


このゲームほんとうにむずかしい。まさに「ハードコアRPG」。ただし────「スルメゲー」といわれるだけあって、序盤さえ乗りこえればめちゃくちゃ味が広がります


まず、2~3回リセットをくりかえして操作に慣れましょう


そして忘れてはならないのは、全滅すると強くなるということ。


敵にボコボコにされるほど、「打たれ強さ」というステータスが向上します。

「打たれ強さ(Toughness)」が上がると、ダメージ耐性が上がる

気絶すると敵が去っていきます。時間経過でうごけるようになるので、応急処置をして街に逃げると。(奴隷商人に捕まったらリセット)


つまり────「さいしょは敵に勝てなくて当然」なわけです。負けることを繰りかえして、強くなっていくゲーム。


ヴァサ

敗北が強いKenshiを生むのだな……

スポンサーリンク

「さいしょは拠点をたてない?」

さいしょは拠点をたてないほうがいいです。


拠点(建物)をたてると、「襲撃イベント」がおこります。


さいしょの装備では、とても襲撃には耐えられません。まず身支度をすませましょう。


拠点にはデメリットもあるのだな

「街のちかくで追い剥ぎをする?」

まず「追い剥ぎ」で装備をそろえ、金策もします。


街にはひんぱんに「賊」が乗りこんできます。で、賊は「衛兵」がぜんぶ倒してくれます。気絶した賊から、装備やアイテムをうばいましょう


なお「赤い虫眼鏡マーク」の場合は、「略奪」「窃盗」扱いになるので注意。狙うならグレーの虫眼鏡マーク。


ほ、誇りあるKenshiに「追い剥ぎ」をしろというのか!?

追い剥ぎは、「装備あつめ」「金策」「戦闘経験」をすべてまかなってくれます。


気絶した相手からの追い剥ぎは、確率で失敗します。相手が目をさましてしまう。ただし相手は弱ってますから、ほぼ一方的にボコボコにできます。


(うわー……追い剥ぎめっちゃ稼げるー……)

  1. 装備そろえ
  2. 金策
  3. 仲間あつめ
  4. 応急処置キット買い占め
  5. 建築素材買い占め

これぜんぶ「追い剥ぎ」でできます

「仲間」は街の酒場などで、3000catあるいは6000catはらえば雇える。追い剥ぎしてればそれくらいのcatはすぐ溜まる。


また2000catあるいは4000catで、「ボディーガード」を一定期間雇うことも可能です。けっこう強い。

「街と鉱脈のちかくに拠点を?」

追い剥ぎで序盤をのりきったら、いよいよ「拠点」です。


「街」のちかくに立てるのは、行き来をラクにすることと、いつでも逃げこめるようにするためです。


街は、序盤の生命線です。



また、「銅鉱石」や「鉄鉱石(原鉄)」の鉱脈がちかくにあると、より拠点開発がラクになります。「金策」にもなるし「素材」にもなる。


なお、シフトキーを押しながらアイテムを渡すと、複数個いっきに渡せます

▼ Kenshiの「アイテムの渡し方」

ヴァサ 「アイテムの渡し方」がわからん! 採掘した鉱石を、足の速いキャラに渡したい……。 ...

まとめ 「どん底から這い上がれ」


ボコボコにされてタフになり、追い剥ぎをして序盤をのりこえる……。Kenshiの道はけわしいな

序盤をのりこえると、一気に「やれること」が広がります


自分はひとまず拠点開発をすすめまくっています。冒険はそのあとですね。


今回は以上です。よき荒野ライフを────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう