【VRoid】透過背景なしで透過素材をつくる方法とコツ

 

こんにちは、ほしみです。


2021年現在、VRoidには透過背景での撮影機能はありません。なのでVRoidで作ったVRMモデルの透過PNG素材がほしい場合、ちょっと手間がかかります。

 

ゲーム用の歩行グラフィックを作りたくてVRoidに頼りました。

 

以下、方法とコツをメモがてらまとめておきます。

 

スポンサーリンク

色指定切りぬきが結局一番ラク

 

VRM読み込みと透過PNG出力に対応した外部ソフトはありますが、自分でポーズを用意するものがほとんどで、撮影の用途ではすこしメンドウです。できればVRoidで撮影したい。


なので結局、色指定して切り抜いたほうがラクという結論に達しました。

 

▼ オンライン画像透過ツール

画像透過ツール
ブラウザー上で利用できる無料の画像透過ツールです。お手持ちの画像を簡単に読み込み、クリックした場所を透明にします。PNG画像として保存できます。

 

上記のオンラインツールが便利です。

 

 

透過ツールを使う時のコツ

 

  • 撮影サイズは大きめ
  • 背景色は未使用の色
  • アンチエイリアスは切る
  • 色の許容値は2以上

 

撮影サイズは1000px以上、背景色はモデルで未使用の色をえらび、アンチエイリアスは切ると色抜きしやすい。

 

色の許容値は2以上推奨。半角数字のみなのと、数字の大きくしすぎには注意。

 

あとは保存すればOKです。


撮影サイズが小さすぎたりアンチエイリアスをかけたりすると、モデルと背景の境界線があいまいになってキレイに切り抜けません。(アンチエイリアスはポストエフェクトで設定)


モデルの使用色が多くて背景色選びがタイヘンなら、画像透過ツールの設定項目で「隣接」をチェックして切り抜けばOKです(手間が増えますが)。


アンチエイリアスなしのジャギジャギ感を解決したいなら、撮影サイズを巨大にして誤魔化す。

 

 

一括でサイズ変更したいなら

 

キレイに切り抜くために大きな画像で保存するので、その後のサイズ調整が必要になることがあります。そういうときは一括サイズ変換ツールを使うとラクです。

 

▼ フリーソフト「Image Resizer」がオススメ

画像ファイルのリサイズを右クリックメニューから手軽に「Image Resizer」【「PowerToys」を使いこなして効率UP! プレビュー版を一足先に体験】
 「PowerToys」の各機能を紹介する本連載。第4回となる今回は、右クリックメニューから画像ファイルを手軽にリサイズできる「Image Resizer」を取り上げる。

 

画像を範囲選択して右クリック⇒サイズ指定するだけで一括変換できます。

 

 

▼ PNGファイルサイズ軽量化オンラインツール

TinyPNG – Compress PNG images while preserving transparency
Make your website faster and save bandwidth. TinyPNG optimizes your PNG images by 50-80% while preserving full transparency!

 

またPNGファイルサイズを軽量化したいなら上記サイトでパンダに食わせます。

 

スポンサーリンク

動画の場合(おまけ)

 

動画の場合は背景色つきでVRoid StudioをOBSなどで録画し、動画編集ソフトのクロマキー機能で切り抜けばOKです。クロマキーはどの編集ソフトにもだいたいついてます。

 

▼ クロマキー機能の解説

【Premiere Pro】グリーンバック素材をクロマキー合成する方法メモ

 

あるいは3teneで背景色を指定して撮影。

 

3teneには動画撮影機能がある。

 

▼ 3tene公式

3tene
3teneはVTuber向けのアプリケーションです。現在は3teneFREE、3tenePRO、3tenePRO+Live2Dを提供しております。3tene上でフェイストラッキング、リップシンクによりVRMファイルを動かすことが出来ます。またPRO版ではVRヘッドセットに対応し、全身の制御が可能となりました。

 

3teneには透過背景の機能もありますが、一時停止ボタンやポーズ調整機能はないので静止画撮影には向きません(FREE版は画質も低め)。また動画撮影では透明にしても意味はないです。

 

 

まとめ「透過背景は正直ほしい」

 

透過背景機能はすごく需要があるとおもうし、個人的にもすごくほしいんですが、ないものはない。(技術的に不可能なのか他のツールで対応予定なのか)


二度手間三度手間にはなりますが、いまは代替手段でがまんするしかないですね。


今回は以上です。よき3Dライフを────ではまたφ(・ω・ )

 

 

▼ 関連記事

【簡単!】Blender2.8で動画(mp4)を出力する方法
【超簡単!】Blender2.8でVRM(VRoidモデル)を読みこむ方法【VRM IMPORTER】
スポンサーリンク
VRoid
役立つ情報はシェアしよう
執筆者をフォローしよう
絵の上達のオススメの本
決定版 脳の右側で描け
決定版 脳の右側で描け

「みたままかく」「かくときの頭の使い方」をおしえてくれる本。下手な人ほど覚醒します。自分はこの本のおかげで「絵の苦手意識」がスルっとほどけました。直感より理屈でかんがえちゃうタイプにオススメ。

「ファンタジー背景」描き方教室 Photoshopで描く! 心を揺さぶる風景の秘訣
「ファンタジー背景」描き方教室 Photoshopで描く! 心を揺さぶる風景の秘訣 (Entertainment&IDEA)

Photoshop以外でも応用可。「厚塗り初心者」「背景初心者」「フォトバッシュ初心者」にオススメ。図解メインでテキスト解説はひかえめですが、それがむしろ初心者にはたすかりました。

【マンガ】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>
【マンガ】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編> (廣済堂マンガ工房)

ガッチガチの初心者にオススメ。右も左もわからない初心者のために、顔のかき方からおしえてくれます。とても人気でシリーズ化(各パーツ編)。

StarGazer – スタゲ
タイトルとURLをコピーしました