【VRoid】先行版を早速使ってみましたレビュー【使い方も】

 

pixiv発「誰もが簡単に自分のキャラを持てる世界」を作るためのツール「VRoid」、先行予約版がきたので早速使ってみました。2018年7月31日。


「ついにこういう時代が来たか……」という感じです。以下、所感やレビュー、かるい使い方説明など。

 

使い方/アプデまとめ

【VRoid】使い方・アップデート情報まとめページ

 

スポンサーリンク

インストール不要

 


exeファイル起動後画面。

 

「VRoidStudio_win」フォルダ内の「VRoidStudio.exe」で起動です。インストール不要はちょっと驚きましたね。便利。(正式版はわかりませんが)


起動すると上記の画面が出るので、適当に設定して「Play」で開始です(どうしてpixiv発なのに日本語化されてないんだ……)


自分は「windowed(全画面じゃなくてウインドウで)」にチェック入れて、「graphics(画質)」をMedium(ふつう)にして、他は弄らず起動しました。


「なんか重い……」という方は画質をめいっぱい低くしてみては。

 

 

かるい使い方説明(機能紹介)

 

回転 右ドラッグ
移動 Shift + 左ドラッグ | Space + 左ドラッグ | マウスホイールドラッグ
ズーム マウスホイール
保存 Ctrl + S
Undo Ctrl + Z
Redo Ctrl + Shift + Z

 

削除 Ctrl + Delete

 

削除方法くらいマニュアルに書いておいてほしかった。みんな困ってましたね。

 

なおモデルの保存場所は「ドキュメント→vroidフォルダ」

 


顔編集「デザイン」。顔パーツのパラメータスライダー。

 


顔編集「テクスチャ」。顔パーツの色変更、目の描き込みなど。レイヤー使用可。

 


髪編集デザインの「マテリアル」。パレット機能みたいなもの?

 


ヘアーブラシの形状設定。画面外には詳細なパラメータスライダーも。

 


ガイドパラメータ(緑点と白網の部分)を前もって設定し、ブラシがそこを沿うように。

 

 

スポンサーリンク

とりあえず使ってみた

 

 

起動すると青髪オールバックというパンクなガールが表示されます。


ほぼほぼ直感操作でいけると思います。

 


目のパラメータ。もうちょい増減幅が増えると嬉しい。

 

とりあえずザクザクと髪を描き込んでみましたが……ちゃんと髪の流れ考えて描かなかったんで、ベリーショートの出来損ないみたいな髪型になっちゃいました。


これ、「頭周りの網部分(ガイドパラメータ)」の高さや横幅をちゃんと設定しないと、ペッタンコでベリーショートな髪型しか描けないんですよね。これは描き直しですわ。

 


ロードでしばし固まることがしばしば。

 

黒目もハイライトもいろいろ描き込めます。ただこれ、左右対称機能がまだないんで、両目とも描き込む必要があります。

 


髪のガイドパラメータの高さやオフセット(横の膨らみ?)などをいじれる。

 

↑のガイドパラメータの設定を、髪を描く前にやると。とりあえず高さとオフセットの初期設定、もうちょい膨らませてもいいんじゃないですかね。

 


今度は髪の流れを気にして描きました。

 

紆余曲折あり、ひとまず完成。


髪ガイドの「緑の点」を引っぱることで、後から髪の膨らみやカーブを編集できます。最後それで調整しました。


後から個別の髪を修正しづらいのがちょっと厳しいですね。グネグネ動かして編集したい。髪の「ハネ」表現の仕方がちょっと難しかったです。

 

 

スポンサーリンク

エクスポート機能の項目がおもしろい

 


「アバターに人格を与えることの許諾範囲」とかいう新しさ。

 


使用ライセンスに関する細々とした設定項目。

 

「誰もが簡単に自分のキャラを持てる世界」というキャッチコピーを体現したようなエクスポート機能で、とても興味深かったです。


勝手に他人のキャラパクって著作権フリー配布とかいう悪夢だけは恐いですが。


「依頼主のアバターを作成し、報酬を受ける」という新しい需要も加味してるんでしょうね。誰も彼もがVtuberになれる。あるいはVRチャットでの使用とか。


なおエクスポートファイルは「VRM」形式。

 

 

散見された機能要望

 

  • 左右対称
  • クリッピングマスク
  • 効果レイヤー
  • 彩度明度
  • ショートカットキー設定
  • 筆の種類増加
  • 髪を個別に後から編集
  • 手ぶれ補正
  • アンドゥ・リドゥの操作感向上

 

以下は個人的な要望。

 

  • 角とか生やさせて。

 

 

散見されたバグ報告

 

2018年8月2日アップデートによる修正

・保存したキャラを再度開くと髪の表示がおかしくなる問題を修正
・VRM形式でエクスポートを行うとモデルが真っ白になる問題を修正
・VRMで定義されている表情パターンの出力に対応

 

  • ペンタブがおかしい
  • マッピングがおかしい
  • マルチディスプレイでおかしい
  • テクスチャ編集で顔面真っ黒
  • 終了すると固まる(自分も固まりました)
  • セキュリティソフトが反応する

 

以下、個人的なバグ(?)報告。


エクスポート画面でスクロールすると、背後のキャラも反応して拡大されます。これ仕様だとしてもあんまりよくないと思うんで、後ろの編集画面は動かないようにしてほしいですね。

 

作ったファイルを「開く」と髪がバグりました(再起動でも直らず。ファイルが壊れた?)このバグは8/2のアップデートで修正されました

 

 

おまけ

 

 

うれしくないタイプのパンツでした。

 

関連

【フリーサウンドノベル】ブラウザ版『キミはキメラR』
人外少女との偏愛ラブストーリー『キミはキメラR(ブラウザ版)』公開ページ

 

 

まとめ

 

神だけどまだやれることが少ない神

 

月並みな感想ですが、「これからが楽しみなツール」です。いやホントに。直感的な操作感が素晴らしいですし、拡張の余地もまだまだある。VRoid用の素材配布とかも行われ始めたら、なお便利になりそうですね。


アニメ映画の「サマーウォーズ」みたいな、「誰もがアバターを持ってる近未来」をちょっと想像し、ワクワクしました。


今回は以上です。良きバーチャルライフを────ではまたφ(・ω・ )

 

続編

【VRoid】一般版(v0.2)の新機能使ってみましたレビュー【使い方も】

 

スポンサーリンク
VRoid
役立つ情報はシェアしよう
執筆者をフォローしよう
絵の上達のオススメの本
決定版 脳の右側で描け
決定版 脳の右側で描け

「みたままかく」「かくときの頭の使い方」をおしえてくれる本。下手な人ほど覚醒します。自分はこの本のおかげで「絵の苦手意識」がスルっとほどけました。直感より理屈でかんがえちゃうタイプにオススメ。

「ファンタジー背景」描き方教室 Photoshopで描く! 心を揺さぶる風景の秘訣
「ファンタジー背景」描き方教室 Photoshopで描く!  心を揺さぶる風景の秘訣 (Entertainment&IDEA)

Photoshop以外でも応用可。「厚塗り初心者」「背景初心者」「フォトバッシュ初心者」にオススメ。図解メインでテキスト解説はひかえめですが、それがむしろ初心者にはたすかりました。

【マンガ】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>
【マンガ】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編> (廣済堂マンガ工房)

ガッチガチの初心者にオススメ。右も左もわからない初心者のために、顔のかき方からおしえてくれます。とても人気でシリーズ化(各パーツ編)。

StarGazer – スタゲ
タイトルとURLをコピーしました