【防寒】冬に頭がぼーっとする時の4つの解決策

 

肌寒くなると、頭がぼーっとしてくる時があります。


主原因は「冷え」です。


以下、原因の考察や、頭がぼんやりしないための解決策をメモがてら書いておきます。

 

スポンサーリンク

「原因は冷え?」

 

「自律神経の乱れ」「筋力不足」「寝不足」「日照時間の短さ」────いろいろ言いかえることはできますが、結局は「カラダの冷え」が原因です。


夏~秋~冬と、急激に気温が下がっていきます。冷感ストレスもふえます。


季節の変化にカラダが追いついていない。疲労がたまり、睡眠の質も下がり、頭がぼーっとする。医者にいって治るものでもない。


疾患が原因のものについてはこの記事では割愛します。あくまで季節性のものについてです。

 

 

4つの解決策

 

シンプルに「冷え」の対策をします。

 

 

「ざっくり教えて!」

 

  • 厚着する
  • 部屋を温める
  • 運動する
  • 寝床を強化する

 

シンプルかつ当たり前かもしれません。


冬服にかえ、暖房をつけ、運動をかかさず、寝具の冬支度もする。


それがちゃんと出来ていないから、ぼーっとしてしまう。

 

 

「厚着する?」

 

冬服にかえます。

 

▼ 外着の例

  • 上下インナー:ヒートテック
  • 靴:登山用
  • 手袋:スマホ対応
  • 首:マフラー、タートルネック

 

インナーはユニクロ最強。靴は登山に使えるなら厚くていい。

 

 

▼ 部屋着の例

  • 着る毛布:静電気対策ずみ
  • 着るコタツ:紹介記事
  • 重ね着用ズボン:ユニクロのXLウルトラストレッチ
  • ルームシューズ:足首まで入るタイプ

 

家でズボンやフリースを重ね着したいときは、ゆったりしたサイズをつかう。XLじゃ足りないような体型ならたぶん重ね着はいらない。


ルームシューズの底が寒いときは、コルクマットなどを切り抜いて中敷きにし、その下に断熱シートなどを貼りつける。


部屋着は結局「着る毛布」が最強。デスクワーカーなら「着るコタツ」を合わせるとなお温かい(電源OFFでも)。ルームシューズを履いた状態で着るコタツに入るのも手。

 

静電気対策済み
 

 

冬のデスクワークでずっと履いてる
 

 

スポンサーリンク

 

「部屋を温める?」

 

  • エアコン
  • セラミックヒーター
  • 加湿器
  • タイルカーペット
  • 断熱カーテン

 

部屋全体はエアコンの暖房。足元はセラミックヒーター。循環は空気清浄機やサーキュレーター。なおオイルヒーターは電気代がエグいのでオススメしない。つけたり消したりはあまりせず、つけっぱなしのほうが電気代節約しやすい。


部屋を暖めるときの注意は「湿度」


いくら温風をおくっても、湿度が低ければ体感温度はなかなか上がりません。しっかり加湿。湿度の確認は湿度計でおこなう。


足元はタイルカーペット。床暖があるなら別。デスクワーカーなら足元だけタイルカーペットに。厚いものだと椅子のキャスターがひっかかるので、薄くて丈夫なものにする。


暖気は外へ逃げるので、逃がさないように断熱カーテン。ただし断熱カーテンはデザインのバリーエーションが少なめ。冬場だけ窓に断熱シートつけておくのも手。

 

 

「運動する?」

 

筋肉や脂肪がすくないなら、カラダはどうしても冷えやすい。また運動不足で血流がわるくなれば当然カラダは冷える。冷やしたくないなら運動をする。


ただし冬の外はさむい! 外に出たくない! わかる。


外に出たくないなら、家で運動するしかない。Switchのリングフィットがオススメ。デスクワーカーなら貧乏ゆすりを意識的にする。

 

▼ 冷えの腰痛用ストレッチ(最強)

【腰痛持ちさん必見!】腰が軽くなるストレッチ【意外な正体】

 

↑ 単に腰痛対策として超オススメ。

 

スポンサーリンク

 

「寝床を強化する?」

 

寝床がイチバン厄介です。


寝床ってお金かかるんですよね。そのくせ重要。


結局、睡眠の質が下がっているから、日中ぼーっとしてしまうわけです。そしてなぜ睡眠の質が下がるかというと、「寒い」から。冷感ストレスのせいでちゃんと眠れていない。


床にちかいローベッドはとくに寒いです。背中が冷えてしまう


立派な寝室があるならそれがイチバン。

 

▼ なるべく安上がりなアイデア

  • 敷きものをふやす
  • 暖房つけて寝る(可燃系は危険)
  • ゆったりめに厚着する

 

敷きものをふやしたり、温かい敷きものにする。これは基本。


暖房つけてねる。これはちょっと抵抗感あるヒトもおおいとおもいます。電気代かかるし、乾燥してしまうし、音もする。ただ────手っとり早いのはコレ。乾燥が気になるなら加湿器で、音が気になるなら耳栓で対策します。


ゆったりめに厚着する。これも手っとり早いです。大きいゆったりした寝間着を重ね着したり。ハダカじゃないと眠れないよという人は南国へ飛んでください。

 

 

まとめ「冷えは万病のもと」

 

頭がぼーっとするのは、カラダが発してくれているシグナルです。


ただ頭がぼーっとしてるから、その声(シグナル)がよく聞こえないときがあるんですよね。そうなると負の連鎖で。


どこかでちゃんと意識して、自分の意志でガッツリ改善するしかないと。


今回は以上です。よき冬の生活を────ではまた🐺

 

内側から温めたいときに
 

 

スポンサーリンク

 

コメント

 

川場託さん

>ハダカじゃないとねむれないので南国に飛びます^^。

 


グアムいきたいなぁ

 

健康メモ
ほしみをフォローする
冬のおすすめ健康グッズ
着る毛布

まず身体を温めて、冷やさないこと。

着るコタツ

デスクワーカーならコレ。電源つけなくても温かいです。高身長の場合はフトモモまでしか入りませんが、むしろこれくらいの長さのほうが小回りきいて使いやすいとおもいます。

薬用養命酒 1000mL

内側から温めたいならコレ。名前はゴツいですが甘めで飲みやすいです。自分は寝るまえに1杯のんでちょっと寝つきをよくしてます。

StarGazer – スタゲ
タイトルとURLをコピーしました