筋トレと体調悪化と自律神経

情報をシェアしよう

筋トレをすると、体調が悪化する


これは経験則で間違いない。でも、明確な原因がわからなかった。最近ようやく、糸口が掴めた気がする。

スポンサーリンク

運動不足マンが筋トレを始めると、まず「神経系」が発達し始めるそうな。筋肉を扱うリミッターみたいなものらしい。それが鍛えられて初めて、筋肉使用量が増えて、徐々に筋肉がついていく。


言い換えれば、筋トレ初期は、神経にかなりの負荷が掛かる。だから自律神経失調症の諸症状が現れる。動悸、胃の張り、呑気症、頭痛、不安感、鬱。


元々自律神経の弱ってる人間は、慎重に筋トレをしないといけない。筋肉痛と違って、神経系のダメージは、回復に平気で一週間以上かかるそうな。


で、どうするか。


今までは、「筋トレ→体調悪化→もうやめる!→間→やっぱ筋トレ→体調悪化→」みたいなクソループが延々続いていた。まずは毎日、ラジオ体操することにする。ラジオ体操は、座りっぱなしの年寄りでも出来るくらい、負荷がよく考えられている。


今さら恥ずかしがってもしょーがない。じっくり神経を鍛え直していく。

ヤクルト 青汁のめぐり 225g(7.5g×30袋)
ヤクルトヘルスフーズ
毎朝、薬のかわりに

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう