【Google翻訳テク】5000字以上の長文テキストを翻訳するやり方メモ

 

2021年追記

 

現在、Google翻訳はデフォルトで5000字以上の翻訳に対応しています。

 

▼ 改良されたGoogle翻訳くん

Google 翻訳
Google の無料サービスなら、単語、フレーズ、ウェブページを英語から 100 以上の他言語にすぐに翻訳できます。

 

スポンサーリンク

 

「テキスト」に5000字以上コピペしてもいいし、「ドキュメント」に膨大な英文をつっこんでもいいし、なんでもござれです。ありがたい進化ですね。


ただそのかわり、下記の「自動翻訳をつかった古い手段」は使えなくなりました


どうしても自動翻訳したいなら、海外のオンラインエディターなどに英文テキストをコピペして右クリック「日本語に翻訳」を選択すればできます。

 

▼ オンラインテキストエディター(英語)

Text Editor - Free App for Editing Text Files
Text Editor is a free app for creating and opening text files and photos on PC, Mac, Android, iPhone, and Google Drive.

 

下記の古い手段は記録として残しておきます。


追記は以上です。よき翻訳ライフを────ではまたφ(・ω・ )

 

 

────▼ここから過去情報▼────

 

 

Google翻訳はデフォルトだと5000文字までしか翻訳できません


以下、調べてもなかなか見つからなかったのでメモがてら書いておきます。────といってもめちゃくちゃ短くてカンタンですが。

 

スポンサーリンク

文章ファイルをChromeに投げる

 

まんま見出しの通りです。

 

  1. テキストファイル用意
  2. Chrome上にドラッグ&ドロップ
  3. 画面右クリック
  4. 「○○に翻訳」を選択
  5. 下までスクロールして翻訳を確認
  6. コピーして保存

 

以上で5000文字制限を突破して翻訳できます。


ページ上のテキストは無制限に翻訳できる仕様」の応用なんですかね。


今回は以上です。良き翻訳ライフを────ではまたφ(・ω・ )

 

 

▼ 英語の関連記事

アナグラム自動生成サイト(英語)
「What might the character look like?」ってなに?【センター試験】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました