【Googleカレンダー】作成者名が本名のまま残ってるときの解決策メモ

情報をシェアしよう

GoogleカレンダーのUIが変更され、カレンダーの作成者名がでるようになりました。


一部のカレンダーで、作成者名が「本名」で表示されていました。Googleアカウントのユーザー名はニックネームにしているので、「あれぇ?」とおもいまして。


以下、解決策のメモです。

スポンサーリンク

「Google連絡先のせい」

「Google連絡先」というサービスが、勝手にユーザーの連絡帳から本名を取得しているようです。


なので、Google連絡先から自分の連絡先を削除するか、本名を変更すればOKです。削除したら自動で、カレンダー作成者名がGoogleアカウントの名前に変わりました。


連絡先を削除するときは、エクスポート機能でバックアップしておくと安全だとおもいます。

▼ Google連絡先

なお自分は、ついでに自分以外の連絡先もすべて削除しました。Google連絡先を活用したい場合は、削除しないほうがいいとはおもいます。


とにかく、消すならバックアップを。

まとめ 「紐づけがおかしい?」

  1. Google連絡先にアクセス
  2. 連絡先をバックアップ
  3. 連絡先を削除 or 名前変更

新規作成したカレンダーのみ、連絡帳から本名をぬきとっていました。


Googleカレンダーの個人情報の紐づけ……よくわかんないっすね。ただただ混乱を生むだけの仕様だとおもいます。


デフォルトで勝手に個人情報ぬかれちゃうんで、気になる方は連絡先の削除を。────とはいえ、Googleのサービスをつかう限り、「プライバシー」なんてものはすでに無いに等しいので、あとはもう気分的なものですね。


今回は以上です。良きネットライフを────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク