米KDPに献本機能(Buy For Others)が追加された件【kindle個人出版】

情報をシェアしよう

米AmazonのKDPで献本機能──「Buy For Others」が開始された。


直訳で「他人のために買う」。サービスの概略は、「宣伝のために著者が自著を購入して特定の読者らに送信する」ということ。つまり(劣化)献本。以下、メモがてら書きます。

スポンサーリンク

公式ヘルプの記載

” 自分で出版した電子書籍の販促活動として、ソーシャル メディアでプレゼント企画を実施したり、イベントで読者に本を進呈したり、ニュースレターの購読者に本を送ったりすることができます。これを行うには、その電子書籍を Amazon.com で購入して、他の人に送信します “

AmazonのKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)の情報をお探しですか? KDPは、著者および出版者の皆様が、KindleおよびKindleアプリ用の本を自分の思いどおりの方法で世界に向けて出版できる、簡単で迅速な無料サービスです。

KDPセレクトだと70%だからお得か?

献本分の費用は著者持ち(Amazonがセレクト特典でも用意しない限り)。

” 出版者に支払われるロイヤリティは、Kindle ギフトが購入された時点で選択していた価格とロイヤリティ オプションに基づいて計算されます。 “

一時的に価格を下げれば、献本費用を抑えられる?

ザッと見、かなりガバガバな仕組みのように思える。




というか────


自分でPDF or EPUB渡したほうが安上がり




おまけにランキング操作可能


(↑これやばくないっすか?)




kindleの献本機能「Buy For Others」、正直存在理由のよくわからないサービスだと思いました。これ不正者とAmazonが得するだけでは。どういう作者層が正規利用するんですかね。


「KDPセレクトは30冊分は無料献本可能」くらいじゃないと、誰が利用するのって感じですが。

日本にいつ来る?

不明。たぶん遅い。


日本KDPは未だに「Kindle Countdown Deal (期限付きディスカウントセール)」や「Amazon Marketing Services(広告キャンペーン)」すら利用できない。唯一使えるキャンペーンは「無料キャンペーン」のみ(もはや全く効果がない)。


米Amazonでのテストが済み次第、各国ストアへ提供すると思われる。今のところ良いサービスではないので遅くても構わない。

関連記事のメモ

 アマゾンは7月18日から北米向けのキンドルサービスに「buy for others(他の人に買う)」機能をつけ、著者がファンのためのレビュー用コピーを渡すため、1人で何冊も一括購入できるようにしたと経済誌フォーブスが報じている。 本サービスは、キンドルのセルフ・パブリッシングサービスである「Kindle Direct...
アマゾンは7月18日、北米のキンドルサービスに「Buy For Others(他の人のために買う)」機能を追加した。これは電子書籍をファンや関係者に献本したい著者にとって、非常に役立つ機能といえそうだ。新機能の追加はキンドルのセルフパブリッ

まとめ

「なに…………この……なに……?」


Steamのギフト機能のほうが5000倍便利だなと思いました。


今回は以上です。ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう