【比較】マンガ図書館Zと漫画村の違いは?【海賊版サイトじゃないの?】

情報をシェアしよう

2018年8月、無料マンガ配信サイト「マンガ図書館Z」が出版社「実業之日本社」と提携し、「海賊版サイト対抗システムの実証実験」を開始した件について記者会見を行いました。

参考記事

漫画無料配信サイト『マンガ図書館Z』を手がけるJコミックテラス(Jコミ)と、老舗出版社の実業之日本社が共同で、海賊版サイト対抗システムの実証実験を開始しました。実業之日本社で過去に発行した漫画や文芸書の中で現在販売されていない作品を蒐集し、マンガ図書館Zで配信、収益化するという取り組み。 「海賊版サイトに対抗する」....

「電子書籍版YouTube」の実証実験サイト

【全巻無料!読み放題!】無料で漫画を読むなら「マンガ図書館Z」ここでしか読めないあの名作漫画から今注目のマンガまでおすすめコミックがもりだくさん!会員登録も必要ナシ☆最終巻まで全部まるごと無料で読んじゃおう。新着マンガも続々公開中!

第三者が作品をアップロードして、インセンティブを受け取れるシステム────「電子書籍版YouTube構想」とかなんとか。インセンティブって要するに利益分配ですよね。


で、素人ながらに思ったわけです。


「これ、海賊版サイトと何が違うの?」


以下、その疑問を解決するために調べたことや、気になったことをメモがてらまとめておきます。もし誤りがあれば有識者の方教えてください。

スポンサーリンク

カンタン比較表

簡易比較表です。非合法性を問わず「強い」と思うメリットには青線を引きました。


なお「マンガ図書館Z」については、従来サービス内容と実証実験サイトの新サービス内容を複合した要素になります。


スマホで表が見にくい方向けの画像版も用意しました。

  マンガ図書館Z(実験サイト含む) 漫画村
会員登録 R-18版や投稿などには必要 完全不要
広告 有り 有り
作者の利益 有り 無し
出版の利益 有り 無し
投稿者の利益 有り 無し
違法性 ほぼホワイト ほぼダーク
作品ジャンル 絶版作品中心 縦横無尽
コメント機能 有り 無し
アクセス数 月100万人(2018年) 月1億6000万人(2018年)
プレミアム登録 月300円 月500円(公開前に閉鎖)
作品数 1万作未満(2018年) 5万作以上(2018年)
ユーザー投稿 有り 無し
ストア誘導 有り 無し
公式アプリ 有り 無し

マンガ図書館Zのほうがホワイトですし、やれることは多いです。


ただ、漫画村の「登録完全不要」という利便性、法律を完全に無視した全出版社横断の作品収集、その結果たる「月1億6000万人」「5万作以上」という圧巻の数字が、「やっぱ漫画村ってヤベェな……」という感想を抱かせます。

気になる点

以下、個人的に気になった点について書きます。


呼称は「マンガ図書館Z」で統一します。「実証実験サイト」「電子書籍版YouTube」という名称は一時的なものでしょうし。


(マンガ図書館Z自体がしょっちゅう名前や参加組織やサービス内容を変えているのでややこしい。Jコミ→絶版マンガ図書館→マンガ図書館Z)

「マンガ図書館Zの違法性は?」

違法性はほぼ無いと思われます。


(ただしマンガ図書館Zは、著者に無断で作品掲載したとして過去に何度か炎上しています。著者の権利を侵害しない可能性がないとも言い切れず、「ほぼ」という曖昧な言い方をしています)


マンガ図書館Zの作品投稿手段は二つです。「作家本人の投稿」or「第三者の投稿」。


そしてミソなのは、「第三者の投稿は、(基本的に)権利者の許可がおりないかぎり公開されない」という点。ここで合法性を高めているわけです。

「利益分配は?」

詳細な分配率は見つけられませんでした(公開されてない?)。


マンガ図書館Zは広告収入の100%還元(有料会員などから収益確保)を謳っているので、「作家」「出版社」「アップロード者」の三者で利益分配が行われるものと思われます。


作家の総取りじゃないんですよね。

「アップロード者が複数いたらどうするの?」

ホントどうするんですかね……。


このへんけっこう、怪しい気はします。「第三者がアップロード→他の第三者がアップロード→著者が気がついて自分自身でアップロード」とかなったら、もうカオスですよね。


おそらく権利者の利益が優先されると思いますが、それはそれで「じゃあ第三者のアップロードにぜんぜんメリットないじゃん」って話になるので、どうするんだろうなと。

「YouTubeとはちょっと違うような……」

「電子書籍版YouTube」とのことですが、実態はかなり異なるように感じました。


YouTubeにおけるアップロードは、「事後承諾」が基本になります。YouTubeみていただくとわかると思うんですが、著作権侵害コンテンツだらけですよね(アニメもお笑い番組も音楽もマンガも)。


ある意味、YouTubeは世界最大の海賊版サイトといってもいい。Googleという企業は強大だし、多くの権利者も違反報告の対応に追いつかないため、ユーザーがやりたい放題の天国なわけです(もちろんルールはありますが)。


その点、マンガ図書館Zは「かなり権利者に気をつかってる」印象です。マンガ図書館Zは、第三者が作品をアップロードしても、権利者が事前許諾しなければ作品は公開されません(少なくともそう謳ってる)。


これは権利者にとってはメリットですが、「豊富なコンテンツ」「スピード感」「利便性」を求めるユーザーにとっては、事後承諾型のYouTubeと比べると大きなデメリットです。

まとめ

マンガ図書館Zの違法性はほぼない。海賊版サイトと違い、権利者に必ず利益分配される。海賊版サイトと違い、権利者の事前承諾が必要。海賊版サイトのシステムと比べると、合法性は高いが、スピード感に欠ける


電子書籍版YouTube構想。果たして出版業界という「泥船」に差し込む一筋の光となるのか、今後の展開が気になるところです。


今回は以上です。良きマンガライフを────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう