【Unity】上下左右斜めに動く床を設置する【3D Game Kit】

 

公式の無料アセット「3D Game Kit Lite」で、「上下に動く床」を追加します。


以下、方法をメモがてらまとめておきます。公式チュートリアルを参考にしています。

 

スポンサーリンク

「やり方は?」

 

「動く床の素材はどこにあんの?」

 

Assets/3DGamekitLite/Prefabs/Interactablesに全ての相互作用可能物(Interactables)があり、そこに動く床(MovingPlatform)もあります。

 

 

「動く床をシーンに追加する方法は?」

 

  1. プロジェクトウインドウに移動する。
  2. Assets > 3DGameKit > Prefabs > Interactablesにいく。
  3. MovingPlatformをシーンビューにD&Dする。

 

この時点ではまだ動きません

 

スポンサーリンク

 

「どうやって動かすの?」

 

Simple Translatorの「有効」にチェックを入れると、ビューの「Start」~「End」を移動してループします。

 

StartとEndの位置をドラッグして調整すれば、上下左右斜め、好きに床を動かせます。

 

また「Preview Position」のスライダーを左右に動かせば、床の動きを確認できます。

 

 

「動きのループ方法を変えたい!」

 

▼ ループ方法を3つ

  1. 1回のみ
  2. Ping Pong(いったりきたり)
  3. 繰り返し(Endで消えてまたStartから)

 

Loop Type」で変更可能。デフォルトは「Ping Pong」になってます。

 

 

まとめ「シンプルだけど奥がふかいギミック」

 

動く床、あたりまえですが「移動手段」として使えます。3Dアクションには動く床がつきもの。長く付きあうことになりそうです。


今回は以上です。よきUnityライフを────ではまた🐺

 

▼ 素材作成を依頼したいなら

 

▼ Unityの関連記事

【Unity】3D Game KitのキャラクターをVRoidモデルに差し替える方法
【簡単!】Unityを日本語化する方法2020
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました