【Photoshop】ブラシの筆圧感知が効かないときの2つの解決方法【原因は?】

 

クリスタからPhotoshopに乗りかえたら、ペンタブの筆圧感知が機能しなくて戸惑いました。


以下、Photoshopで筆圧感知を有効にする「2つ」の方法をメモがてらまとめておきます。

 

スポンサーリンク

方法1:ペンタブの設定を変える

 

「ワコム タブレットのプロパティ」⇒「位置調整」タブ⇒「デジタルインク機能を使う」にチェック

 

使用している液タブはワコムのCintiq13HDです。メーカーによってプロパティの場所は変わります。

 

▼ プロパティの場所(ワコムの場合)

C:\Program Files\Tablet\Wacom\Professional_CPL.exe

 

ただしこの方法だと「波紋」が表示されます。

 

 

方法2:Photoshopに設定ファイルを追加する

 

波紋を表示させたくないなら、こちらの方法を使います。

 

例「Adobe Photoshop 2020 Settings」フォルダにアクセス。使用バージョンによって「2020」の部分は変わります。

 

AppDate」が表示されない場合は「隠しファイル」の表示をチェック。

 

▼ 場所(PhotoshopCC 2020の場合)

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop 2020

 

 

次に、フォルダ内に「PSUserConfig.txt」というファイルをメモ帳で新規作成し、設定を記述します。

 

▼ コピペ用

# Use WinTab
UseSystemStylus 0

 

なおこの設定の意味は、「Photoshopのシステムスタイラス機能を無効にして、WinTabドライバーを使用するように強制する」という意味です。

 

スポンサーリンク

筆圧感知ボタンを忘れずに

 

波紋マークにペンのアイコン。ここで筆圧感知をオンオフできます。

 

 

まとめ「原因はタブレットの設定」

 

以前、ペンタブの波紋がジャマくさくて、デジタルインク機能をオフにしていたんですよね。それが原因でした。


長らくCLIP STUDIO PAINT EXを使っていたんで、すっかり忘れていたと。


Photoshopにカンタンな設定ファイルを追加すれば、波紋ナシでも筆圧感知がつかえるのは助かりました。


あとなんか、設定ファイルの記述をまちがっているブログ記事が検索上位にきていたんで、混乱しないように自分で記事を書いた次第です。


今回は以上です。よきPhotoshopライフを────ではまた🐺

 

▼ グラフィックを学びたいなら

 

▼ イラストの関連記事

コンセプトアートの考え方と描き方の解説まとめ
【アマチュアには不要】Illustrator(イラレ)を解約した5つの理由【フォトショで十分】
スポンサーリンク
Photoshop
役立つ情報はシェアしよう
執筆者をフォローしよう
絵の上達のオススメの本
決定版 脳の右側で描け
決定版 脳の右側で描け

「みたままかく」「かくときの頭の使い方」をおしえてくれる本。下手な人ほど覚醒します。自分はこの本のおかげで「絵の苦手意識」がスルっとほどけました。直感より理屈でかんがえちゃうタイプにオススメ。

「ファンタジー背景」描き方教室 Photoshopで描く! 心を揺さぶる風景の秘訣
「ファンタジー背景」描き方教室 Photoshopで描く!  心を揺さぶる風景の秘訣 (Entertainment&IDEA)

Photoshop以外でも応用可。「厚塗り初心者」「背景初心者」「フォトバッシュ初心者」にオススメ。図解メインでテキスト解説はひかえめですが、それがむしろ初心者にはたすかりました。

【マンガ】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>
【マンガ】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編> (廣済堂マンガ工房)

ガッチガチの初心者にオススメ。右も左もわからない初心者のために、顔のかき方からおしえてくれます。とても人気でシリーズ化(各パーツ編)。

StarGazer – スタゲ
タイトルとURLをコピーしました