ティラノビルダーで連載型サウンドノベルつくる日誌 その1

シェアする

hoshimi12です。いつもお世話になっております。


連載型サウンドノベル作っていきます。長丁場になりそうなので、モチベ維持や進捗整理のためにも、こうした日誌連載をしていきます。

スポンサーリンク

今回はリメイク

10年前~8年前につくった『クロノウサギ(NScripter製)』という長編サウンドノベルを、今回ティラノビルダーでリメイクしていきます。シナリオはほぼそのままの予定で、イラストや演出、公開方法を変えていきます。いや……シナリオも一部追加するかもですが(未定ということで)。


タイトルはシンプルに『クロノウサギR』でいいかなと。『キミはキメラR』みたく。

なぜティラノビルダーか

「カンタンにブラウザノベルが作れる」、これがデカいですね。プラグイン配布とか公式プラットフォームも盛んです。


ティラノスクリプトでない理由は、タグを覚えるがメンドウだからです。ビルダーなら直感的に作れます。ただ……一長一短はありますね。ティラノの最新機能を使いたいならスクリプトを使うべきかなと。


(ティラノスクリプトは玄人向け。ティラノビルダーは素人向け)

サイトで連載していく

ここが初の試みです。自サイトでブラウザノベルを「連載」して、無料で読めるようにすると。連載完結後はひとまとめにアプリ化してもいいし、STEAMで公開してもいいし。


マンガもソシャゲもYouTubeも小説家になろうも、みーんな「連載」タイプですわ。この流れに逆らってもしょうがないとおもうんで、一回サウンドノベルでも試してみます。


連載ペースは、毎週1話20分くらいで考えてます。


シナリオ自体はもう完成してるので、あとはイラストと編集です。ある程度の話数を「作り溜め」したら、公開スタート。


サウンドノベルって実は、連載に向いてるとおもいます。立ち絵は使い回せるし。今はティラノビルダーっていうツールが登場して、環境も整いつつある。──とはいえ、「先行者が少ない」のはそれなりの理由があるはずなんで、そのへんも追い追い。

連載で使うプラグイン

URLのパラメータでシナリオを分岐できるプラグイン – |ティラノ プラグイン ライブラリ

ブラウザ形式で公開した時に、URLのクエリパラメータでシナリオ名とラベルを指定しておくと、ティラノ側の好きなタイミングで、URLで指定したシナリオやラベルに飛ぶことができるプラグインです。

上記のプラグインで、連載に対応していきます。ひとつのゲームファイルで各話公開できるようにする。URLで各話を管理。

スポンサーリンク

フローと進捗

制作フローは、「立ち絵リメイク→シナリオ移植→数話分作成→第一話テスト公開→微調整→各話制作→毎週連載」という風にザックリ考えてます。

 
←「ハルカ」 →「朱乃」

手始めに2キャラほど立ち絵をば。まだ完成版じゃないです。微修正を繰り返し、各キャラの絵柄を統一し、差分もたくさん作る必要があります。(足元はどうせ映らないのでザックリめ)


立ち絵のなにがタイヘンって、差分なんですよね。ここうまく段取りしないと、余裕でノイローゼになるんで注意します。


なお、10年前の立ち絵……↓↓

  
←旧ハルカ →旧朱乃

まさかのグリーンバック。


絵柄が変わったってのもそうですが、10年前は「透過PNGってなんぞ?」って知識レベルで、よくわからんまま古い情報を頼りにグリーンバックでやってたんですよね……。しばらくして透過PNG対応を知ったので、旧作クロノウサギはグリーンバック素材と透過PNG素材が入り乱れるカオスな作品になっております。


もちろん今回は、透過PNGで統一します(もちろん)。

差分作成に「PSDTool」使うやも

PSDTool

*.psd / *.psb を読み込む奴

上記のツールはもともと、ゲーム実況の立ち絵制作用につくられたものなんですかね。こちら、サウンドノベルでも便利に使えるんじゃないかとおもいまして。


サンプルで試しただけなんで、実際に使うタイミングでまたレポするつもりです。

メモ

おわりに

まずは立ち絵作業が最優先ですが、ガマンできずにちょいちょいティラノビルダーも触ってます。やっぱサウンドノベルはいろんな表現技法があって楽しいですわ。


まぁ、あまり期待せずやりたいです。


今回は以上です。ではまた!φ(・ω・ )

スポンサーリンク

記事一覧