ラクスルでの名刺(両面カラー)の作り方まとめ

 

光沢紙の両面カラー名刺が、郵送こみ100部で700円


安すぎて吹きました。またラクスルで注文するとおもうので、メモがてら作り方をまとめておきます。

 

スポンサーリンク

「印刷までの流れは?」

 

あくまで一例です。

 

▼ 光沢紙を両面カラーで100部注文する場合

  1. ラクスルで無料会員登録する
  2. トップページで名刺を選択
  3. 用紙の種類 ⇒ 光沢紙(アートポスト)
  4. 両面印刷 ⇒ 両面カラー
  5. 100部 ⇒ 5営業日後の454円をクリック
  6. カートに入れて購入
  7. データ入稿
  8. 仕上がり確認
  9. 印刷

 

とてつもなくカンタンでした。


購入⇒データ入稿」という流れがちょっと意外だったくらい。

 

ラクスルのサイドメニューから「名刺印刷」⇒「通常サイズ名刺」を選択。

 

光沢紙(アートポスト)」、「両面カラー」を選択。あとはお好みで。

 

一番お安い「454円」を選択。郵送日によって価格がかなり上下します。

 

そして購入。


あと問題は「データ入稿」ですが、これも画像データ(JPG・PNGなど)さえあればカンタンにできます。


片面だろうが両面だろうが、関係ないです。


案内にしたがって画像データをドラッグ&ドロップするだけでした。だれでも直感的にやれます。ラクスルのUIはスゴくわかりやすい。

 

スポンサーリンク

「名刺の作り方は?」

 

▼ ラクスル公式の無料デザインテンプレート

名刺の無料デザインテンプレート|印刷のラクスル
名刺の無料デザインテンプレートなら激安ネット印刷のラクスル。ビジネスで定番の通常サイズをはじめ、一回り小さな小型サイズ、縦長でスマートな欧米サイズを揃えています。印刷で使える豊富なイラストや写真素材、モリサワフォントも無料でご利用いただけます。デザインの知識は必要ありません。はじめての方でもプロがデザインした豊富な

 

カンタンに作りたいなら、公式のデザインテンプレートを使えばOK。


自分はPhotoshopでデザインしてPNGファイルで出力しました。CLIP STUDIO PAINT PROなど他のペイントソフトでもカンタンに作れます。

 

 

「自分でデザインするときの注意点は?」

 

  • 名刺の通常サイズは91×55mm
  • 解像度300dpi以上にする
  • RGBではなくCMYKで色をみる
  • 文字切れ・デザイン切れ対策

 

自分は解像度300dpi、5225×3158pxで出力しました。「91:55」の比率さえ合っていればOKと。


RGBとCMYKですが、ふだんモニターでみている発色がRGB、印刷の発色がCMYK────という認識程度でいいとおもいます。


つまりPhotoshopの「表示」から「CMYK」を選択すれば、カンタンに印刷時の発色が確認できます。CMYKはRGBよりも色あせてみえるので、その点は注意して配色します。


また印刷には「裁断」という工程があります。機械によってはミリ単位でズレることがあるので、途切れたらこまる文字などは、名刺の端ギリギリには置かないようにします。

 

「塗り足し」部分はラクスルが自動で画像を引きのばしてくれます。赤が仕上がり線青が文字切れ注意の線。つまり途切れたら困るテキストは、青線の内側に配置しましょう。

 

「文字切れ注意」とはいうんですが、まぁ実際はそこまで裁断がズレることは少ないとおもいます。そんなにナイーブにならなくていいかなと。

 

▼ 参考

ギリギリのデザインが危ない!文字切れについて|同人印刷プリントキング
よくある不備の代表格、「文字切れ」に関する記事です。慣れている方も今一度読んでみてくださいね。

 

 

まとめ「データさえ用意すればカンタン」

 

画像データさえあれば、あとは画面の案内にしたがうだけです。


お名前どおりラクでした。しかも安い。


今回は以上です。よき名刺ライフを────ではまた🐺

 

▼ 名刺を印刷するなら

 

▼ 名刺の関連記事

市販の名刺用紙をインクジェットプリンターで印刷してみたレビュー【PLUSいつものカードMC-KH701】
商業作家が個人出版しない6つの理由【セルフパブリッシング】
スポンサーリンク
ネットサービス
役立つ情報はシェアしよう
執筆者をフォローしよう
おすすめレンタルサーバー
Mixhost

このサイトで利用中。初期費用なし、お手頃価格でWordPressを高速化。クラウド型だからプラン変更も即時&ラクチン。アダルトOKなので同人サイトも自由につくれます。

エックスサーバー

初心者のWordPress運用といえばコレみたいな定番サーバー。性能はMixHostと近いですが、初期費用と長期契約の面でややコスト増。使用者が多いので検索するとほしい情報がすぐみつかるのは助かります。

ConoHa WING

「最速」ならコレ。初期費用なしですが、やや月額高め。徹底して速さを求めるガチ勢むけ。

StarGazer – スタゲ
タイトルとURLをコピーしました