【Skeb】「Kindle電子書籍用の表紙イラスト」を納品しましたレポート

情報をシェアしよう

電子書籍の表紙イラストのリクエストをいただきました。


Skeb本来の使い方ではないですが、おもしろい使い方だとおもいます。

▼ 初納品レポートはこちら

Skeb、ほんとうにラクチンでした。 以下は「クリエイター側」の流れについてです。 なにか間違いがあれば教えてく...

▼ Skebページはこちら

スポンサーリンク

「Kindle電子書籍用?」

クライアントは、Kindleストアで「個人出版」をしている方です。


電子書籍っていま、個人でもめちゃくちゃカンタンに出版できるんですよね。


表紙画像とテキストを「でんでんコンバーター」という超有名ツールにつっこめば、本当にカンタンに電子書籍がつくれちゃいます。マンガならもっとカンタン。あとは「KDP(Kindle Direct Publishing)」に登録するだけ。

▼ 電子書籍つくるなら「でんでんコンバーター」

初心者から上級者までみんなが満足。手軽に高品質なEPUBが作れます。

▼ 自分も出版してます

好評既刊

「表紙イラストの依頼って、アリなの?」

Skebでは、基本的に「鑑賞」や「SNSアイコン・ヘッダー」等の個人利用のみでしかイラストを使用できません。


ですが────例外がある


例外についてはガイドラインに書いてあります。

〝個人利用の範疇を超える二次利用を行いたい場合には、別途クリエイターの許可を取るか、リクエストに記入してください 〟

▲ つまり「クリエイターの許可」をとれば、二次利用の範囲を広げられるわけです。

今回のケースでは、まえもってTwitterのDMで「Kindleや同人イベントの書籍で使いたいのですが……」とご連絡いただいていました。そのうえで、「リクエストにもそのように書いてください」とお願いしました。


個人出版での許可がほしい時は、「リクエスト内容に明記」しましょう。事前事後に許可をとるのもアリでしょうけど、個人的には二度手間だとおもってます。

「電書の表紙イラストの相場は?」

電子書籍の個人出版にかぎれば、「10000円~30000円」がふつうです。


まぁ安いですよね。商業ライトノベルの有名どころとかだったら、ケタがひとつ多いです。


個人出版は、とても低予算です。商業ほどお金がだせない。「万」すらだせないヒトもいる。


ただし────Skebは「リテイクなし」です。


仮にクライアントがリテイクを求めてきても、「いや規約で決まってるんで」とか、「じゃあ追加でリクエストください」とか突っぱねることができる。ここは大きなメリットです。


クオリティも、クリエイター側がコントロールできる。金額が安ければバストアップだけにすればいいし、描きこみ量もすくなくすればいい。なんなら断ってもいい。


クリエイター側がちゃんと判断するしかない。「自分を安売りしすぎない」ことも勇気だとおもいます。利用許可範囲をふやす分、価値は上がって当然ですから。


表紙イラストの基準価格を明記しておくのも手かもしれません

「表紙のサイズって?」

白銀比サイズ」か「黄金比サイズが基本だとおもいます。


白銀比は「1:1.414」。黄金比は「1:1.618」。


今回のリクエストでは、サイズの指定がなかったのでこちらで判断して、「白銀比」で納品しました。縦原寸10000pxのPSD形式。


サイズの指定がない場合、クライアントの既存書籍のサイズをみて、判断してもいいかもしれません。もちろん、クライアントのほうでトリミングする可能性はありますが。

まとめ 「いろんな使い方がふえればいい」

表紙イラストもSkebで依頼できたら…………めっちゃラクですよね。


イラストレーターとしてもそうおもうし、小説家としてもそうおもいますもん。すんげぇラク。編集者とかいらねーじゃんって(火種)。


個人的には、「ブログ記事の有償リクエストサービス」とかも、出てこないかなぁっておもってます。そっちも双方にメリットがありますし。Skebでそういうオプション機能つきませんかね。


とにかく────よい経験ができました。


なおSkeb全体で1402番目のリクエスト、534番目の納品でした。


イラストレーターと個人作家、よい関係がきずかれることを祈っています。

▼ リクエスト募集中です

「Skeb」に登録してみました。 カンタンにいうと、「有料でイラストリクエストするサービス」です。 こちらからリ...

スポンサーリンク