Twitterトレンドランキングの「順位・ツイート件数・ジャンル」が表示されない時の解決方法

 

こんにちは、ほしみです。


Twitterアカウントをいくつか持っているのですが、そのうち1つで「おすすめやトレンドランキングで順位・ツイート件数・ジャンルが表示されない」という現象に見舞われました。


以下、原因と解決方法をメモがてらまとめておきます。なお具体的な仕様が明言されているわけではなく、あくまで推測を含むのであしからずです。

 

スポンサーリンク

「原因は?」

 

  • アカウントの運用がほとんどされていない

 

基本的には上記の理由に尽きるとおもいます。「バグ説」を唱えているサイトもあったんですが、自分の場合は特定の運用しているうちに治ったので、おそらく「仕様」かなと。もちろんアカウント作成のタイミングもあるかもしれませんが。


URLつきツイートしかしないスパムじみたアカウントや、閲覧や検索目的のロム用アカウントが陥りがちな現象だとおもいます。

 

 

「解決方法は?」

 

  • 特定ジャンルのツイートをいくつかする
  • 著名アカウントをいくつかフォローする
  • RTやいいねをいくつかする

 

つまり「Twitterが想定しているアカウント運用をする」ということです。


なお鍵付きアカウントのままでもOKです。

 

スポンサーリンク

「なんでこんな仕様なの?」

 

  • BOTやスパムを区別したい
  • 広告をパーソナライズしたい

 

Twitterは長年BOTやスパムに苦しめられてきました。結果AIを導入し、ユーザーをふるいにかけてタイムラインや検索結果を最適化するようにしました。


またロム専は、AIからみると限りなくBOTに近い挙動をしているとおもいます。


つまりTwitterが「リソースを割くに値しないユーザー」と判断した場合、パーソナライズ(個人の趣向にあわせた広告最適化)がされず、ただ一番アピールしたい広告トレンドが表示されつづけ、順位も件数もジャンルも表示されないのだとおもいます。


一度パーソナライズされてしまえば、通常どおり表示されつづるはずです。

 

 

まとめ「運用がパーソナライズを決める」

 

SNSはユーザーのアクションをもとにパーソナライズします。


ただし「検索」はそのかぎりではないようですね。


TwitterトレンドはもはやPR表記のない広告ばかりで、正直そこまで見る価値があるかはわかりませんが、気になる場合は「ほしいトレンドジャンルに合わせた行動」をしていくといいとおもいます。


今回は以上です。よきソーシャルライフを────ではまたφ(・ω・ )

 

 

▼ 関連記事

ハフポストを「気持ち悪いゴミ」と感じるツイッター民が多い5つの理由
【エゴサーチ】Twitter検索で邪魔なBOTやアカウント避けつつ調べ物する方法
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました