【OBS】ゲーム音とマイク音を別録りせずに分けて編集する方法メモ

情報をシェアしよう

使うのはOBSと動画編集ソフトだけです。


「声だけ別ソフトで録る」という手間はありません。1回の収録で、1つのファイルにゲーム音と実況を分けて格納します。


以下、メモがてらまとめておきます。

スポンサーリンク

「ざっくり方法おしえて!」

  1. オーディオの詳細プロパティをひらく
  2. デスクトップ音声をトラック1に
  3. マイクをトラック2に
  4. OBS設定 ⇒ 出力 ⇒ 録画
  5. 録画フォーマットをmkv(or mp4)に
  6. 音声トラックを1と2に
  7. 動画編集ソフトへ

「OBSどういじるの?」

ミキサーの歯車マークから「オーディオの詳細プロパティ」を選択。

右にスライドさせて「トラック」項目を確認。

デスクトップ音声のトラックを1に、マイクのトラックを2にする。他のチェックはすべて外す

OBSの「設定」をひらく。

「出力 ⇒ 録画」で録画フォーマットをmkv(もしくはmp4)にして、音声トラックの1・2にチェック

【追記】 mkvで録画したらプツプツノイズが混ざるようになりました。パソコンのスペックの問題かも。なので自分はmp4にしました(mp4でも複数音声トラックにできる)。

あとは動画編集ソフトをつかうだけ。画像はPremiere Proのもの。

「mkvってなに?」

mkvはカンタンにいうと、「ファイルサイズはちょっと重いけど、MP4より高画質で、多重音声・多重字幕を格納できるチョー便利な形式」です。


つまり今回は、mkvの「多重音声格納機能」を利用したわけです。


マトリョーシカ・ビデオファイル」でmkv。たしかに多重格納性がマトリョーシカ人形っぽい。

▼ Wiki記事

まとめ「音声編集がラクに」

あー、重要なシーンなのにノイズ入っちゃった


ゲーム音とマイク音を別撮り(それぞれ格納)しておくと、編集がラクになりそうです。サイズはすこし大きくなりますが、メリットのほうがおおい。


今回は以上です。よき動画編集ライフを────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク