インディーズでシリーズ作品を育てていく日誌 その4【作業進行編】

情報をシェアしよう

タスク・スケジュールの「管理」がめちゃくちゃ苦手です。


なので、ほとんど管理はしません


作業方針」「タスク」「スケジュール」だけザックリきめて、あとは流れでやっていきます。予定はコロコロかわる前提。

▼ 前回の日誌

キミキメRを、自分の絵柄でリメイクする。 「絵柄に慣れてもらう」こと以外に、どんなメリットがあるのか。 ▼ 前回...

スポンサーリンク

「作業方針は?」

  1. ブログ優先
  2. 毎日やる
  3. 海外進出

「ブログ優先?」

作業はブログが最優先です。


記事を書いてから、のこり時間で創作をする


ブログは努力だけでどうにかなる世界です。創作はそうじゃない。創作活動をながくつづけるためにも、まずブログを安定させます。


いま月間4万アクセス。これを月間20万アクセスにしたい。

「毎日やる?」

「週一で~」とか「ヒマなときに~」とかやってたら、一生おわらない


なぜって、授業や仕事とちがって強制されるものではないから。人間の自制心はそこまでつよくない。


毎日やる。


「毎日」という縛りにすることで、逃げ場をなくす。


ダメだとおもったら、スッパリやめる。メリハリ。

「海外進出?」

「海外進出」を前提とした作品づくりをしていく。


進出というか、脱出というか。


日本人オンリーの創作市場は、ホントもう未来がないとおもうんで。海外には海外のきびしさがあるでしょうけど、ただ沈没をまつよりはマシかなと。


どうせダメなら、チャレンジしたい。

  1. 英語学習
  2. DeviantART活用
  3. 海外でコミッション募集
  4. STEAMで公開

▲ この4つを主眼にする。


DeviantArt」は海外活動の「拠点」に。「英語サイトつくらずにすむ」「英語を学べる」「コミッションがねらえる」とメリットがおおい。


ダメだとおもったらすぐに撤収しますが、「過程」をブログ記事にのこせるので、まぁムダにはならんかなと。

「タスクは?」

  1. イラスト
  2. デザイン
  3. 書きかえ
  4. 英訳
  5. DeviantART
  6. ノベルゲーム
  7. STEAM

▲ ブログにはザックリとだけ。


とにかく「イラスト」。これがなければはじまらない。


シナリオを一部書きかえて、「英訳」していく。Google翻訳をつかって自力でやる。


英語圏への進捗報告は「DeviantART」を活用。ただし、DeviantARTの文化や使用感になれることが最優先。しばらくウォッチング。


STEAM」で公開。これが最大目標。有料にするか、無料にしてPWYWにするか、そのへんも決めていく。

「スケジュールは?」

  • 2020年:公開
  • 2019年1月~6月:日本語版制作
  • 2019年7月~12月:英訳
  • 2020年1月~:Steam手続き

▲ あくまで目標。ブログではザックリ。

やったことない作業のオンパレードなので、スケジュールは柔軟に修正していく。


リメイク制作をしながら、海外の創作市場を学んでいく。DeviantARTの使用感、コミッション文化、Steam手続きなどなど。


日本での創作活動は────あまり重視しないかも。がんばってもロクに成果でないし、「応援してやるからタダで働け」みたいなヒトがおおすぎて。正直、疲れました。「こんなロクでもない市場で創りたくない」というキモチが今は強い。しばらく日本の創作市場とは距離をおいて、自分と世界を見つめ直したいです。


百聞は一見にしかず」ということで。

まとめ 「海外の個人創作の〝現実〟をみたい」

海外むけ」という目標ができて、ひとつスッキリしました。


日本人の「クリエイター軽視」と「創作への異常なケチさ」が、はたして国民性なのか、時代の流れなのかを、じっさいに海外市場で見極めたい。たんなる自分の実力不足だとわかるなら、それもまた良し。


今まででイチバンきついチャレンジですが、新鮮でたのしいっすね。ま、ダメだとおもったらまたべつの道をさがします。


今回は以上です。人生によき創作を────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク