インディーズでシリーズ作品を育てていく日誌 その1【経緯編】

 

個人で、シリーズものを育てたい


メインとなるのはキミはキメラという作品です。


すでに何年かつづけてきましたが、現状では、うまく育てられている気がしない。いろいろ整理するために、過程をまとめていこうとおもいます。


今回は「キミはキメラ」と「ここまでの経緯」について。

 

スポンサーリンク

「キミはキメラってなに?」

 

キミはキメラは、「人間」と「キメラ」の物語です。


略して「キミキメ」

 

 

「無印版?」

 

はじまりは、2011年でした。

 

▼ 無印キミキメ(画力もだいぶ低かった)

キミはキメラ 紹介ページ
人外の教え子との背徳的偏愛ラブストーリー

 

当時、2年半ほど『クロノウサギ』という連載サウンドノベルをつくってました。


クロノウサギの2年半…………まぁ~長かった。で、「次回作はぜったいに短編にしよう!」と決意した。


そしてできたのが、無印キミキメでした。


執筆に2ヶ月、サウンドノベル化に2ヶ月、「計4ヶ月」というショートスケジュールでつくられた。


まさかこれが、のちに「30万ダウンロード」の作品になるとは、まったくおもってませんでした。

 

 

「R版ってどういう経緯で作られたの?」

 

無印版公開から数ヶ月後────


とあるベンチャー企業の社長さんに声をかけられました。


スマホ対応の「新型ノベルエンジン」をつくっていて、「ぜひ新型ノベルエンジンを使ってくれないか」と、依頼をいただいた。


そろそろスマホに進出したいとおもっていたので、すごくありがたい話だった。飲み屋でお話して、「ぜひ」とお返事させてもらった。


さいしょ、「この機会にクロノウサギをリメイクしては?」と提案されました。……が、クロノウサギはかなり長編。リスクがデカすぎる。


短編のキミキメでどうでしょう?」と逆にこちらから提案をしました。先方もすぐ納得してくれた。


その後、何人かイラストレーターさんを紹介してもらい、いちばんイメージに合いそうな方をえらんで、依頼した。


イラストが、ほんとうに良かったんだとおもいます。


おかげで、GooglePlayで30万DLのプチヒットになった。




ただ……完全にうまくいったわけじゃない。


結局「新型ノベルエンジン」は使いませんでした


なぜって、自分が「こんなノベルエンジンの出来じゃダメだ!」って、先方をつっぱねたからです。無数のバグをどうしても許容できなかった。


ベンチャー企業とは破談になって、べつのノベルエンジンを使うことに。イラストの依頼料はこちらで負担。


代替となったノベルエンジンは────「ONScripter」。

 

▼ ONScripter公式

ONScripter page

 

現時点(2019年)でも、「安定性」という点でONScripterにまさるスマホ向けノベルエンジンはないとおもいます。それくらい完成度の高いノベルエンジン。


『キミはキメラR』は、いろんな「偶然の出会い」で生まれた良作でした。


「無印」をつくり、ベンチャーの社長さんが機会をくれて、イラストレーターさんに良い絵をかいてもらえて────仕事は破談になったけど、結果としてONScripterというより良いノベルエンジンをつかうことができた。


純粋に、出会いに感謝しました。

 

スポンサーリンク

 

「アプリはいまどこ?」

 

キミキメRのアプリは、2014年に、表現規制でストアから強制削除されました。


30万DLの実績は、あっという間にパーになった。


このあたりからです。「プラットフォームに依存してはいけない」と、つよく思うようになった。

 

 

「商業で小説かいたの?」

 

いい出会いもあれば、わるい出会いもあります


その象徴が、「KADOKAWA」との出会いでした。

 

▼ 散々たる結果はこちら

KADOKAWAエンターブレインホビー書籍部デスク岡本真一と、編集部のステマ行為について

 

プロの小説家になるのが、子どものころからの夢でした。


KADOKAWAの悪評は、もともと知ってました。クリエイターを使いつぶし、ステマばっかりしてるヤクザまがいのクソ企業。


知ってたのに────「まやかしの夢」に飛びついてしまった。


予想以上に、クソだった。


当時は怒り狂って、完全にわれを忘れるほどでした。あの編集者ほど腐った人間をリアルでみたことがないし、KADOKAWAほど陰湿で邪悪な組織も間近でみたことがない。人生観がまるきり変わってしまうほどの、ショッキングな出来事だった。


「だれかと創作の仕事をすること」が、完全にトラウマになってしまった。


「R」制作時だって、ベンチャーの社長さんとすこしもめました。「バグを直してくれ」とお願いしてるうちに険悪になった。────KADOKAWA編集者との衝突は、それとはまったく形質がちがうものですが、脳裏によぎってしまう。


自分は「こだわり」が強すぎて、他人と創作の仕事ができないんじゃないかと。


新型ノベルエンジンのときは「バグ」が許せず、KADOKAWAのときは「ミス」と「不正」と「イジメ」が許せなかった。自分は、他人をあまり許せない人間なんだと。


偶然の「出会い」でできたキミキメは、このとき、終わりました


終わった。


終わったんだけど────あきらめられなかった

 

 

「Kindleストアで個人出版?」

 

KADOKAWA事件のあと、「Kindle」に目をつけました。


Kindle Direct Publishing────「KDP」。


KDPは、無料でカンタンに「電子書籍の個人出版」ができるサービスです。Amazon発。


紙はおわり! これからKindleの時代だ!」って、KADOKAWAへの憎しみもあいまって、電子書籍にハマっていきました。


3年間で8冊。なかなかハイペースだったとおもいます。イラストもデザインもぜんぶ自分でやりました。


3年間の売上は、80万円ちょっと。……まぁ、単体じゃ仕事にはなりません。バイトしたほうがよほどマシです。


KDPは「創作で生きることのむずかしさ」を教えてくれました。


ただ、KDPには感謝してます。


「R」のときのように、「良い出会い」もあった。生まれてはじめて「オフ会」というものを経験して、同業者の方々と話すことができた。貴重な体験だった。世界がひろがった。


KADOKAWA事件で失った自信を、すこしだけ取りもどすことができた。

 

好評既刊

 

 

まとめ 「これからどうするの?」

 

キミキメは、完全にシリーズ展開に失敗した


すでに失敗したものを、成功させたい────無理難題です。


でも、どうにかしてやりたい


キミキメは、「人間のエゴ(愛)がつくりだした悲しみと、希望の物語」です。このまま終わらせたくない。エゴと悲しみだけではなく、希望にまでつなげたい。


一度失敗しても、インディーズなら、シリーズを継続させられる


問題は「やり方」なのかなと。


また、なにをもって「成功」なのかも、考えていかないといけない。




長くなったので、ひとまずこのへんで。


以上「経緯編」でした。人生によき創作を────ではまたφ(・ω・ )

 

▼ 次の日誌

インディーズでシリーズ作品を育てていく日誌 その2【絵柄問題編】

 

スポンサーリンク
制作日誌・進捗
役立つ情報はシェアしよう
執筆者をフォローしよう
冬のおすすめ健康グッズ
着る毛布
Winthome着る毛布 ブランケット 袖付き毛布 着るブランケット防寒 軽量 冬の寒さ 足先の冷えや節電対策に!男女兼用 着丈190cm (ブラウン)

まず身体を温めて、冷やさないこと。

着るコタツ
THANKO 着るお一人様用こたつ2 TKKROHKO

デスクワーカーならコレ。電源つけなくても温かいです。高身長の場合はフトモモまでしか入りませんが、むしろこれくらいの長さのほうが小回りきいて使いやすいとおもいます。

薬用養命酒 1000mL
【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

内側から温めたいならコレ。名前はゴツいですが甘めで飲みやすいです。自分は寝るまえに1杯のんでちょっと寝つきをよくしてます。

StarGazer – スタゲ
タイトルとURLをコピーしました