【超寡占】日販とトーハンの物流協業について学ぶ【独禁法違反?】

 

2018年11月19日、日本の出版取次会社のナンバーワンとナンバーツーが、「物流協業」検討の合意を発表しました。

 

日販発表はこちら

物流協業に関する検討開始のお知らせ | 日本出版販売株式会社

 

トーハン発表はこちら

物流協業に関する検討開始のお知らせ | ニュースリリース | 株式会社トーハン
ニュースリリースを掲載しています。株式会社トーハンのオフィシャルサイトです。トーハンは出版社と書店、読者を結ぶ出版流通ネットワークを構築しています。

 

以下、「つまりどういうことだってばよ……」をメモがてら書いていきます。

 

スポンサーリンク

「物流協業って?」

 


ヒトデン

物流協業ってなーに?


グレオ

物流で「コラボ」するってことだな。たとえば物流用語に「協業輸送」ってのがある

 

協業輸送

“物流における共同配送のうち、2~3社程度で共同できる部分を調整して輸送を行うこと。交換出荷や、地域分担配送なども協業輸送の1つである。”

 

協業輸送とは [物流用語・流通用語・運送用語]
協業輸送をわかりやすく解説します。物流用語・流通用語・運送用語のとこならドライバー派遣のプラウド。

 


へー、配送時間20%短縮かー。すごいね!


ただ、問題もある

 

 

「独禁法違反では?」

 


あー、独禁法違反ってこと?

 

 


国内シェアナンバーワンとナンバーツーが提携する。こんなの、競合他社からしたらふざけんじゃねえよって話だ


でもニュースみるとさ、「独禁法遵守のために公正取引委員会と相談しながら進めている」って書いてあるよ?


……ああ、どう考えても独禁法に触れる範囲だし、慎重に進めてますよアピールしてるんだろうな


公取委のお墨つきもらえばダイジョーブっしょ!


うーん……


それはたしかに


独禁法とか言ってらんないくらい、取次業界が貧しているってことなのかなぁ

 

 

まとめ

 


日販とトーハンが協業したからって、出版業界V字回復するの?


この協業の目的は、あくまで「破綻寸前の取次中心とした出版物流の保全」だ。我が身のためであって、出版業界のためにやってるわけじゃない


「守り」の手段ってことかぁ


攻め手がなければ、終わるだけだろ

 

今回は以上です。良き物流ライフを────ではまたφ(・ω・ )

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました