シナリオ作業は地味で、忍耐がいるし、案外報われない【雑記】

執筆は、うんざりするほど地味な作業だ。


イラストとかシステムとかと違って、途中でお披露目できるものが何もない。大きなネタバレは内容に直結するし、途中の1シーン晒したって「はっ?」って感じだ。


忍耐が作業。しかもその忍耐が半年や一年のレベルだからうんざりする。よくシリーズ物のゲームとかで「続きまだー?」って思うけど、「こっちの苦労も知らないで! ○ね!!」ってみんな思ってることだろう。


そして長期的な忍耐に限って、案外報われない。

 

スポンサーリンク

 

確実に報われることがあるとすれば、「経験値」だけど…………「今回がダメでも次がんばるよ!」って簡単に思えないくらいの労力がいるわけだ。むしろネタが枯渇していく一方かもしれない。


「これが転けたら相当凹むだろうな」ってくらいの覚悟じゃないと、いざって時に全部投げ出すことになる。カンタンに割り切れるもんじゃない。


色んな「よくない事態」を想像しながら作ってる。


それくらいの慎重さが無いと、やってらんないと思う。でも「次で頑張るし(震え声)」みたいなガッツもないと、やってらんない。結局は根性だ、執筆は。理屈じゃない。


誰かの声に慰められたりとか、そういうことはほとんど無い。ファンを囲って囲われて、信者集めて崇めてもらって、慣れて馴れ合って慣習化。そういうことが大して面白いとは思えない。


仲間内同士で傷舐め合ってるのも、なんかな。身内でマッタリってのも成長性を感じられない。ましてやそれが狭い世界での出来事なら、虚しさに耐えられない。


それなら自分で傷を舐めて、励まして、最後の最後も自己満足と自己陶酔────一人でいる虚しさのほうが気楽だと言い聞かせる。他者に向けたものを作っていながら、そういう自分中心主義で完結しようとする。こっちのほうが虚しいか。


虚しいけど、やめる気はゼロだ。


創作って病気か狂気だと思う。ただ自分くらいのは、修羅場でも何でもないぬるま湯。これで極貧だったらさすがに詰んでるわ。ある程度金があるからこそ、創作っていう沼に沈んでいられる。贅沢な「仕事」だ。


たまに思うのは、もし創作以外の道に進んでいたとしたら────ということ。


ただこれは、無意味なことだ。「もしあの時ああだったら」みたいなのは、生産性のカケラも無い。なんの慰めにもならない。


見たもの感じたものが、たとえ数瞬でも「後」に脳で処理されるなら、人間には「未来」しか存在しない。中学生の時に、学校の先生に聞いた話。

 

スポンサーリンク
雑記・その他
役立つ情報はシェアしよう
執筆者をフォローしよう
冬のおすすめ健康グッズ
着る毛布
Winthome着る毛布 ブランケット 袖付き毛布 着るブランケット防寒 軽量 冬の寒さ 足先の冷えや節電対策に!男女兼用 着丈190cm (ブラウン)

まず身体を温めて、冷やさないこと。

着るコタツ
THANKO 着るお一人様用こたつ2 TKKROHKO

デスクワーカーならコレ。電源つけなくても温かいです。高身長の場合はフトモモまでしか入りませんが、むしろこれくらいの長さのほうが小回りきいて使いやすいとおもいます。

薬用養命酒 1000mL
【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

内側から温めたいならコレ。名前はゴツいですが甘めで飲みやすいです。自分は寝るまえに1杯のんでちょっと寝つきをよくしてます。

StarGazer – スタゲ
タイトルとURLをコピーしました