キミはキメラ 白い檻
タイトル キミはキメラ 白い檻
ジャンル 人外の教え子との背徳的偏愛ラブストーリー
媒体・形式 Kindle電子書籍・ビジュアル小説
読了時間 3~4時間程度を想定
推奨年齢 15歳以上推奨(若干の性描写あり)
キミとの出会いは、仕組まれた罠だった。
出会えてよかった――胸を張ってそう言えるだろうか。
僕はまだ悩んでいる。
キミとの出会いで、僕の人生の歯車は狂った。
キミのせいだとは思わない。キミのせいであるはずがない。

その手を離せば、元の生活に戻れるはずなのに。
キミのことを見ていると、どうしても手を離すことができない。
この想いは、同情心なのだろうか。
それともこの想いは――――





学校の教師になる夢を諦めた塾講師アルバイト――秋山義文(あきやまよしふみ)。
ある日の帰り道、「家庭教師として引き抜きたい」と、不審な女から誘われる。
その給与は破格であり、奨学金返済に苦しんでいた秋山は、家庭教師の仕事を受けることにした。
教えられた住所を頼りに辿り着いた場所は、「生命科学総合研究センター」という怪しげな研究所。
一室に案内され、秋山は少女ハマルと出会う。
やがて秋山は、ハマルに関する衝撃的な事実を知り、決断を迫られる。
■ 秋山義文(あきやまよしふみ)

主人公の青年。秋山の視点で物語は進行する。
責任感と自制心が人一倍強く、ある種の重荷になっている。
学校の教師になる夢を持っていたが、「教育者」の堕落と、現場の苛烈さを見て熱意が失せてしまう。
夢を諦め別の仕事に就こうと考えている矢先、高給な「家庭教師」のアルバイトを紹介される。
案内された怪しげな施設「センター」でハマルと出会い、仕組まれた罠に落ちていく。
好きな飲み物はジンジャーエール。
■ ハマル

ヒロイン。
「センター」で生み出された複合生物「キメラ」の少女。
秋山と出会うまで教育というものを受けてこなかった。
非常に勉強熱心で、めきめきと成長していき、知恵と知識を身につけていく。
「優良種」たる能力をいくつか持っている。
好きな飲み物はホットミルク。
■ 冬城夕子(ふゆしろゆうこ)

マッドサイエンティストの女。
秋山をハマルの家庭教師として「センター」に招く。
「キメラ」という存在に全てを注いでいる。
最近小じわが増えてきた。
好きな飲み物はカプチーノ。
■ 夏川清美(なつかわきよみ)

秋山の中学時代の恩師。
今もたびたび人生相談にのってもらっている。
秋山が心を許して話せる数少ない人物。
最近お腹がだらしなくなってきた。
好きな飲み物はアイスコーヒー。
■ 春原理科雄(はるはらりかお)

冬城夕子の「下僕」。
冬城夕子を絶対視している。
ハマルに関して、秋山に忠告を残す。
最近筋肉痛が二日目にやってくるようになった。
好きな飲み物は紅茶。

- SCREENSHOT -






注・文字サイズはユーザーが選択可能。また横幅は端末に依存し、PCなら見開きサイズで読めます。
本作品は、個人制作のビジュアル小説です。
シーンごとに挿画を入れ、改ページを多めにするなど、「紙書籍ではやらないこと」を目指しました。
スマホ・PC・タブレット、場所を選ばずお読み頂けます。
Kindleアプリのインストールは各種ストアやWEBからどうぞ!

- Kindle無料アプリリンク -


  


- 旧作R読了済みの方へ -


本作品はRのシナリオボリュームを50%超アップさせたものです。
日常描写や恋愛描写のほか、ストーリーをよりディープに楽しんで頂けるよう心がけました。
懐かしさだけでなく、新しい読み味も楽しんで頂けたらなによりです。
キミはキメラ 白い檻




Copyright © hoshimi12, All rights reserved.