GooglePlayから『キミはキメラR』が削除。全年齢版としてあげ直し。今後。

シェアする

 露骨な性表現

 キミキメ総インストール数最終版
 (過去の評価コメントも閲覧不可)

 キミはキメラR 全年齢版(GooglePlayストア)
(説明文のリンクから、通常版もダウンロードできるようにはしてある。外部からならOKらしい)(これも消されました


 三月末頃にポリシー変更の知らせ(全文英語)が来ていたので、
 そろそろ来るかなーとは思っていた。


 ちなみに三月末のポリシー変更前に、

『GooglePlayデベロッパー向け利用規約違反に関する7日前通知』が来た

 ということがあったけれど、それは性表現に関してではなく、
 説明文をもっと簡略化しなさいよという警告だった(従わない場合は削除)。

 上記の七日前通知の時に性表現のことは触れられてなかったから、
 キミキメくらいの性表現なら大丈夫ってことか? と薄く期待してたけど、やっぱりといった感じか。



 今回の削除に関しては事前通告無しだった(ポリシー変更メールが通告だった?)。
 調べてみると他の微エロ系アプリもガンガン削除され始めてる。
「パンチラすらNG」状態で、もはやiPhoneストア並の厳しさになったのかなと。

 ただ、アップ前に審査のあるiPhoneストアと違って、
 事前審査のないGooglePlayでは、削除は事前通告無しで突然来る。
 しかも有料アプリの場合、売上代金や関連料金を回収される場合があるとのこと。



 今後も後出しジャンケン的にポリシーが厳しくなっていく可能性が大いにあるので、
「エロ」とか「恐怖」とかをウリにしているノベル系は、さらに駆逐されていくのかなと思う。

 スマホアプリでの活動はそろそろキツイと感じた。
 年々のランキング仕様改悪もある。



 ここガラパゴス諸島ではAndroid:iPhone=3:7くらいだけど、
 海外ではAndroid:iPhone=8:2くらいでシェアが逆転してる。

 AndroidはiPhoneに比べて制限が緩いのが良いと思ってた。
 でもすっかりシェアを収得し終えて、そろそろ守りに入り始めたのかなと思う。

 ____________________

 今後の活動をどうするか。


 正直、二年だか一年くらい前のランキング改悪から、スマホアプリには見切りをつけていた。

 それで、サウンドノベル制作でNScripterを使い続けていたこと自体、
 ONScripterの存在を意識したものだったので、
「スマホアプリ化」の旨味――莫大な新規層獲得の期待値がぐんと薄れてしまった以上、
 果たして今後「サウンドノベル」で数字を稼げるのかなと疑問に思っている。


 電子書籍進出も無理。
 日本の電子書籍市場は、想像の斜め下をゲタで全力疾走するレベルで終わってる。
 紙書籍でそこそこ売れてるライトノベルとかも、数冊~数十冊売れるか売れないかとかのレベル。
 出版社もまだまだ全くやる気が無い。


 それで注目したのが「なろう」だったけれど、
 あそこはすでに独自の市場が出来上がっていて、村社会かつ飽和状態な印象。
 作品テーマも「ニート」「異世界」「ネトゲ」「転生」といったような、
 三十代の旧氷河期世代が好みそうな「現実逃避系」が多い。
 そもそも気色が合うかどうか。
「なろうバブル」もそろそろ終わるんじゃないかという見方もあるし。


 とりあえず「ストーリーを作る」ということ自体は普遍的なものだと思うから、
 何か書きつつ、市場研究を続けていく感じで。

 ____________________


 全年齢版ハマル

 ○

好評既刊

シェアする

フォローする