【Blender2.8】平面メッシュにテクスチャ画像を貼る方法

 

平面メッシュを新規追加して、テクスチャ画像を貼りつけます


これでアニメの背景画像やグリーンバックもつくれます。

 

スポンサーリンク

「手順は?」

 

  1. 追加⇒メッシュ⇒平面
  2. サイズと角度の調整
  3. マテリアルプロパティ⇒ベースカラー⇒画像テクスチャ⇒開く
  4. パス枠に画像をD&D⇒画像を開く
  5. 縦横比の調整

 

▼ UIは日本語化済みです

【1分!】Blender2.8を日本語化する方法

 

追加⇒メッシュ⇒平面

 

さいしょ平面メッシュはサイズが小さく、床と水平になっています。

 

オブジェクトプロパティ⇒トランスフォームで位置・回転・サイズを調整

 

マテリアルプロパティ⇒ベースカラーの○

 

スポンサーリンク

 

画像テクスチャ」を選択

 

開く」を選択

 

パス枠に画像をドラッグ&ドロップ⇒画像を開く

 

写真を貼りつけました。写真はもともと横長ですが、正方形に縮小されています。

 

仕上げにサイズ調整して横長写真にします。

 

スポンサーリンク

 

モデルを置いて画像を出力するとこんなかんじ。(今回は2D Animetionで新規作成して編集してます)

 

無事、背景を設定できました。

 

写真ではなく単色の緑にすることで、グリーンバックにすることもできます。クロマキー合成に使えそうですね。

 

 

まとめ「マテリアルプロパティのベースカラーで」

 

 

平面メッシュを追加して、マテリアルプロパティのベースカラーに画像を設定して、サイズや位置を調整すればいいのですね

 

わかってしまえばカンタンな操作ですね。


最初はちょっと混乱しました。画像を直接追加するとレンダリングで表示されないし、ワールドプロパティで背景色かえるとモデルまで色がかわっちゃうし。


はやく操作に慣れたいですね。もっとラクな手段があれば誰かおしえてください。


今回は以上です。よき3Dライフを────ではまた🐺

 

▼ つよつよPCでサクサク編集するなら

マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」

 

▼ Blenderの関連記事

【簡単!】Blender2.8で動画(mp4)を出力する方法
【超簡単!】Blender2.8でVRM(VRoidモデル)を読みこむ方法【VRM IMPORTER】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました