キミキメ・クロウサ・スナスイ・終ファン進捗

情報をシェアしよう

hoshimi12です、いつもお世話になっております。胃腸が絶不調で2週間ほどくたばってたんですが、クスリキメたらやっとこ復活してきました。ありがとう新ビオフェルミンS、ありがとうラッパ整腸薬BF。


さて、新作イロイロ制作中です。以下進捗。

キミキメ新作進捗

先日、ようやくキミキメ新作に着手しはじめました。ネタは腐るほどあるんですが、しばらく寝かせてた感じです。


いまはプロット書いてます。流れはだいたい掴めた感じっすね。キミ騎士がシットリとした話だったんで、次はコッテリしたものが書きたいです。舞台はクジョウの街へもどり、箱庭の住民たちのドロドロや暗躍を描いていく風になるかなと。キミ騎士がああだった手前、ハマルと芹彦の思想が対立してくるはずなので、そこらへんをジックリコトコトぐちゃぐちゃにしていきたいと思います。他にもイロイロ勢力います。キミキメシリーズは一話完結型、かつ全て地続きのストーリーですが、あえて言うなら今回は『箱庭の鬼の続編』です。



 
読書ハマル。


「たまにはハマルでも描くかー」って描いてたら、なんかシナリオも書きたくなってきたんで、やっぱり絵と文章ってのは持ちつ持たれつなんだなと思いましたわ。両方のモチベを維持するために、両方やってるんすよね。基本的に同じ事象に長期間集中できない人間なんで。物事の消費時の満足スピードが速いんですよね(飽き性ではないと言い張りたい)。




 
健全な絵だけど慣れない構図だったので裸でポーズ確かめたかった図。


あと練習がてら久々にスズカも描いてます。まだ途中ですが。あと表現規制の問題でハマルに守ってもらいました。

クロノウサギリメイク進捗

過去作クロノウサギのイラストリメイクもぼちぼち進めてます。たぶんまぁ、サウンドノベルになるんじゃないでしょうか(曖昧) KDPでも出すつもりですけどね。


立ち絵をとにかく進めてます。まずラフから。朱乃、ハルカ、蒼哉のラフをザックリかきました。画力はまだまだ伸びてる途中なんで、作画に差が出すぎないように、仕上げ作業はほぼ同時期にガーーっとやっちゃいたいですね。


主人公・吉光のグラはどうっすかなーって感じっすね。「主人公のグラ要らない派」と「主人公のグラ要る派」でこの世は二分されておりまして、自分は数年前まで前者だったんですが、近ごろはちょっと揺らいでます。気分がノれば描きますわ。


シナリオはいじらないでいいかなーと思ってます。いま見ると恥ずかしい文章がたくさんあるんですけど、そういう青臭い感性をただ削ぎ落としちゃうのもモッタイナイ気がしたんで。改行の仕方みたいのはキミキメ方式に合わせようと思いますが……。改変や追加シナリオ入れるとしたら、小説版のほうっすかね。小説にするとなると、否応なく文章の改編をせざるを得なくなるでしょうから。


気長にマッタリ作っていきます。

スナノスイカ進捗

スナノスイカは完全新作です。書くタイミングを見計らってただけで、一応数年前からネタとしては在りました。サクっと読めるジュブナイルラブストーリーになる予定です。ただし、異能モノ。……異形も異能も好きなんすよ。


スナスイは、マチケモと繋がってる話です。マチケモの登場人物も邪魔しない程度にチョロっと出す予定です。いま20000字くらいで、目標は80000字くらい? キミキメが80000字くらいなんで、そこらへんのボリューム感です。


「若い男女の爽やかな恋愛モノ」を書きたかったんですが、書いてるうちにやっぱアレですね……、だんだんシナリオが薄暗いほう薄暗いほうに流れていくというか。自分は止めたんですけど、シナリオがそっち行きたいって言うんで(白目)

終末規制ファンタジア進捗

活動10年目にして、今更マンガを描きはじめてます。もともとマンガ家に憧れていた残滓がずっと燻ってまして、理性の制止を振り切って、ついに手が動きだしてしまったと。そんなに甘くないのは重々承知で、「後悔しないためのチャレンジ」って感じっすね。


どこかに持ちこむとか、今更プロマンガ家を目指すとか、ぜんっぜんっそういうのは考えてません。ただ書きたくなったから書くだけです。載せるとしても、たぶんブログに載せるくらいっすかね。漫画投稿サイトに載せるとかはまだ考えてません。


40ページほどネーム書いて、4ページほど描き込んだんですが、すでにヒーヒー言ってます。慣れないオブ慣れない。まったくノウハウがないんで、いちいち調べながら描いてます。で──苦心して1ページ描き上げても、恥ずかしくなる出来と。当然っすね。


とにかく「完成」を目標にして描いていきます。創作でなにがカベって、「処女作」が最初のデカいカベなんすよね。「恥ずかしい」とか「思ってたのと違う」とか「完成させられない」とかムニャムニャ考えるやつ。そういうムニャムニャを頑張ってグチャグチャにしてポイッと捨てて、公開して後悔すると。で、そこからようやくスタート。


マンガの描き方を学ぶこと自体は、今後もなにかしらに役立つと思うんで(アバウト)、ガッツリ勉強していきたいです。勉強、ダイスキ(窓辺の草花をぼうっと見つめながら)

「書きたいものを書く」

書きたいものを書く。当たり前のことなんですけどね。でなけりゃ物書きなんて居ないようなもんで。ただ、そんなカンタンなことでもないと。最近のTwitterのイザコザとかみてると特にそういう難しさを感じますわ。


インターネット、これからどんどん表現規制とか言論封殺とかが強まっていくと思います。これは別に、企業や政治が主導している──とかだけでなく、そういう時代の流れなんだと感じます。ネット時代で個人個人が発言権をもった結果、ノイジーマイノリティが増長して、互いの権利を奪い合ってる。ある意味、過渡期の今がイチバン華やかで自由なのかもしれないっすね。一生過渡期であってほしいもんです。


脳裏によぎる色んな雑念を撥ねのけつつ、時に吸収しつつ、今後もシナリオを書いていきたい所存です。


今回は以上です。ではまた!φ(・ω・ )