夜。
 空に浮かぶ欠けた月は、妖しい真紅の光を帯びていた。
 目の前には陳腐なウサギの着ぐるみが――銃を構えて立っている。

「キミは『この世界の秘密』に気がついてしまった」

 それ自体が罪であるようにウサギは言う。
 哀れむような、それでいて楽しんでいるような物言いだった。

 そしてウサギは引き金を――――


 やがて世界に幕が下り……再び奇劇の幕が上がる。

 繰り返される歪んだ世界で、ヒトビトは踊る。
 そこに活路はあるのだろうか。

 ――――――――――――――――――――――――

 連載型SFミステリーノベルです。
 完結済み。
 プレイ時間は一話につき二時間ほど。読むのが早い方はもっと短時間に。
 本作品に選択肢はありません。

 現在ダウンロードできる作品には、「クロノウサギ#1」から「クロノウサギ#5/END」の内容が含まれております。
 タイトルメニューの「始まる」をクリックしたのち、どの話から読み始めるか選択できます。


サイト上部へ移動