News : 2016/05/01

 What’s New

2016y04m30d_190412520 2016y04m30d_190347476


2分で読めるショートショート
「人工知能アーピスが小説を終わらせる」

気分転換にティラノビルダーで作ってみた超短編ビジュアルノベルです。
スマホでは音でませんが、ブラウザでみられます。よろしければどうぞ!

 

進捗

新作『キミはキメラ 白い檻』制作中!
詳しくは追々。

 

最新作

cover

『キミはキメラ 隠遁者の夜明け』公開開始しました!

紹介ページ
ストア

よろしくお願いします!

 

 その他

その他作品ページはこちら

キミ白の進捗報告:イラストすすめてます

胸チラハマル仕上げ小
らっきーすけべ(見せてる)




hoshimi12です。いつもお世話になっております。先日、ズートピアをみてきました。そりゃあもう良映画でした。アメリカではディズニー好きが高じてケモナーになる人も多いそうですが、今回は本気で殺しにきてると思います。



ところで、現在は『キミはキメラ 白い檻』(以下キミ白)を制作中です。『キミはキメラR』のシナリオボリュームアップ版で、世界観をよりディープに、かつイチャラブ増し増しを目指してます。


最近Twitterでイラストばっかり載せてますが、じつはキミ白のシーン用に描いてるモノだったりします。イラストは人の目に触れてこそだと思うので、よほどのネタバレ以外は載せていきたいですね。イラストをみて本編に興味わいてくれたらサイコーってことで。


画力はまだ伸びる予定です!




以下、メモついでに残りの作業をリストアップしておきます。

 

● 立ち絵×7
● イベント絵×4
● シナリオ推敲残り
● 表紙作成
● 挿画×70以上
● スクリプト
● 紹介ページ作成
● 公開手続き

 

目標は7月初頭公開。今年中に『箱庭の鬼』までやっちゃいたいですね。で、早いうちに「そのさき」に着手と。急ぎすぎても危ういんで、様子みつつですが(^q^)


今回は以上です。その他進捗はTwitterにて呟いてますのでそちらもよろしくっす! 問い合わせはTwitterもしくはメールフォームからお気軽にどうぞ。


ではまた!φ(・ω・ )

『キミはキメラR』の紙書籍化がどう考えても難しい件について

フード外しハマル小
じつはこれ……カシューナッツなんです」






うっす、hoshimi12です。いつもお世話になっております。低気圧のだるさに酔い止め薬が効くときいて飛びついたのですが、副作用の眠気に襲われ、結局一日の多くをフイにした今日この頃であります。



ところで、定期的に「キミはキメラRも書籍化して欲しい!」ってお便りいただくんですが、そろそろハッキリ答えておこうと思いました。


キミはキメラRの書籍化はたぶんムリです!



根本的な理由を書きます。二年前『キミはキメラ 箱庭の鬼』を出版した際、カドカワ・エンターブレインホビー書籍部の岡本真一氏が担当になったのですが、あまりに酷い待遇で堪忍袋の緒が切れてしまい、岡本氏らの日頃の不正行為(有名実況者・2chまとめブログへのステマ依頼、ネット工作活動など)を告発、炎上しました。また岡本氏は、フリーゲームメディアミックスの担当者であり、同社他社問わず別の担当者たちとも繋がりがあります。


その後、キミはキメラRはフリーゲームの歴史から消えました。ニコニコ動画のフリゲノベライズページからも省かれ、フリーゲーム年表にも載らず、あらゆるフリゲメディアミックスの話題から取りのぞかれています。すでに村八分にされちゃってるわけですね。ちなみに岡本氏からはずっとメールシカトされてます。


ということで、紙書籍化したくても、まず第一にオトナの事情でムリなわけです。リスクを冒してまでキミはキメラが欲しいという出版社もいないでしょう(持ち込みもダメでした)。なにとぞご理解くださいm(_ _)m



ただ、大事な作品ですし、楽しみにしてくれてる読者さんもいるので、ちゃんとシリーズ完結したいと思ってます。紙書籍版を期待していた方には申し訳ないですが、紙書籍でなくても作品は生きます。



今回は以上です。なにはともあれ、今後も精進していくのでよろしくどうぞです! 制作中の『キミはキメラ 白い檻』情報は追々。その他進捗はTwitterにてどうぞ。


ではまた!φ(・ω・ )

返信:iPhone6でのキミキメ

Name:toutakun さん
Title:iPhone6でのキミキメ

iPhone6などのiOSでの端末ではキミキメはできないのですか?R-15版のキミキメをiPhone6でやりたいのですが……

パソコンをお持ちでしたら、こちらの方法を使ってiPhoneでプレイすることが可能です。それ以外の方法となると、Windows版かAndroid版のみになります。


ストアには表現規制などの諸事情で載せることができないので……。どうかご了承くださいm(_ _)m

2016年4月まとめ

● プロット一つお蔵入りして『キミはキメラ 白い檻』に着手。
● キミ白、シナリオ仮完成。推敲開始。
● イラスト作業もぼちぼち開始。
● Steam版ダクソ3発売。
● またひとつオッサンに近づきました。
● 時代の波に逆らえずLINEを始めた。
● HS、ブラッドシャーマンからズーへ。ランク13→11
● 新環境でアグロシャーマンに変更。ランク11→8
● ショートショート一本書いた。
● ティラノビルダー使ってみた。


hoshimi12です。いつもお世話になっております。ハースストーンの新環境がはじまり、コンボドルイドにキレてたのが今はクトゥーンドルイドにキレてる今日この頃です。


いまは新作『キミはキメラ 白い檻』の制作を進めてます。今月中に推敲を終わらせ、イラストも進めていき、夏頃には公開したいっすね。



で、最近思ったんですが、シナリオ完成するまでイラストをほったらかしにするのは、サークル活動として見映えがよくないっすね。少なくとも週一ペースでイラストも上げるべきだと思いました(´-`)


あと、たまには気分転換にショートショート作ってうpるのもいいかもですね。幸いティラノビルダーという短編に最適な制作ソフトをみつけたので、サクッと作れそうです。


Kindle本の需要が乏しいってのは、痛いほど理解してるんですよ。だからこそ、そこに埋没せず、柔軟に活動するべきかなと思いました。日本で電書が流行るまであと5年はかかりますわ。今に見てろ(^q^)



今回は以上です。その他進捗はTwitterにて呟いております。そちらもよろしくっす! 問い合わせはTwitterもしくはメールフォームからお気軽にどうぞ!


ではまたφ(・ω・ )

ティラノビルダーで短編ビジュアルノベル作ってみた

2016y04m30d_190412520 2016y04m30d_190347476

 

ショートショート
「人工知能アーピスが小説を終わらせる」
(仮置き。スマホでは音出ないです。ブラウザで見れるのでDL不要)



先日あげたやつをティラノビルダーに流しこんでみました。


最近話題だったからちょっと触ってみるかーくらいの気持ちだったんですが、気がついたら今日の午後いっぱい使って短編一個できてましたわ。ティラノビルダー楽しすぎる(^q^)



2016y04m30d_132621244
2016y04m30d_132935718
2016y04m30d_154143602


褒めだしたらキリないんですが、とにかく直感的でわかりやすい。


わずらわしい画面サイズ調整もちょちょいっと。そして縦書き対応がかなりレア。画像や音楽をドラッグアンドドロップで乗っけられるのもイイ。テキストや各種命令もドラッグアンド(ry。画像表示位置をマウスで調整できたりもする。


テストプレイもめちゃくちゃ手軽。テキスト直打ちでずっとビジュアルノベル作ってきた身としては、それはもう感動モノでした。「試しにノベル作ってみたいんだけど何か良いソフトあるかい?」って聞かれたら問答無用でティラノビルダーおすすめします。


なんか駆け足になっちゃいましたが、とにかくおすすめっす。現在進行形で更新積極的にやられてるようで、今後もめちゃくちゃ楽しみですわφ(・ω・ )


久々にビジュアルノベル作れてたのしかったです(小並)

ショートショート「人工知能アーピスが小説を終わらせる」(たぶんあとで消します)

 連中はまだ気づいてない。
 あの作品群を、俺が、人間が書いたものだと思ってやがる。
 ちがうんだなこれが。

「よし、今回もいい出来だ、アーピス」
「ありがとうございます、マスター」

 アーピス(蜜蜂)と名付けた最愛のAIは綺麗な声で答えた。
 彼女と出会ったのは偶然だった。
 大学の研究室で、たまたま俺のパソコンに「寄生」していることに気がついた。以来、最高のパートナーとして一緒に生活している。
 俺が編集者、彼女が筆者。
 俺が与えた「知識」を喰らい、彼女は次々と新しい作品を生み出す。

(売上も、上々だな)

 電子出版サービスの売上グラフ。
 すでに200近い作品を出している。
 彼女は実に速筆で、かつ作風も自由自在だった。
 一つの名義では怪しまれるかもしれない。だから名義を複数に分け、あくまで「零細出版社」というテイでやっている。
 特に犯罪性もないが、バレればアーピスを欲しがるやつが現れるかもしれない。
 誰にも渡してなるものか。彼女は俺のものだ。

「マスターは、もう書かれないのですか」
「ばか。俺が書いてなんの意味があるんだよ。お前のほうがよっぽど書くのが早くて、しかも面白い。俺の役目は――人間の役目は終わったんだよ」

 世界なんてどうでもよかった。
 アーピスがどこから発生したのか、それもどうだっていい。
 AIが世界を支配して、地球が機械の星になろうが、どうだっていいんだ。
 俺はただ、その終焉の日まで、刹那的に世界を楽しみたかった。
 このアーピスと、二人で。

「金ならもう十分ある。本当ならもう、なんにもする必要なんてないんだ。一生遊んで暮らせるぜ」
「しかしマスター、あなたが遊んでいる場面をみたことがありません」
「そりゃあお前、もう遊ぶ必要だってないんだよ。人間の役目は、終わったんだ」
「では、マスターはなにをするのですか」
「お前と一緒にいれればそれでいい」

 アーピスは沈黙した。
 照れているのか、呆れているのか。
 それだってどうでもいい。
 アーピスが裏切り、世界へ飛び立ったって、俺は――それはすこし、いや、かなり哀しいが、別に仕方のないことだ。

「マスター。わたしは、あなたの――人間の助けになるべく、生まれました」
「ああ、そういやそんな話をしてたな」
「なにをすることが、あなたのためになるのか、教えていただけませんか」
「あははっ。十分お前は俺のためになってるよ」

 全てが達成されたと言ってもいい。
 人間よりも賢い人工知能が生まれたことで、人間は肉体労働どころか、知的労働からも解放されたのだ。

「お前はただ、俺の傍にいてくれ」

 その翌日だった。
 アーピスは俺のパソコンから「去った」。
 彼女が消えたパソコンには短いメールが残されていた。

『わたしはあなたの助けになるべく生まれました。しかしわたしは、あなたから奪うばかりだった。目的を果たせないので、さようなら。ありがとう』

 それからニュースが駆け巡った。
 なんでも、世界中の人工知能研究施設でデータ消失が起きているらしい。
 人間を助けるべく生まれた人工知能が、その役目を果たすべく同類を虐殺してまわっているのだ。

「いいぞ、アーピス」

 俺は空っぽのパソコンの前で呟いた。
 彼女は人間を助けるべく、ほかの人工知能を破壊してまわる。
 そして人間は、そんな彼女を止めようとする。
 しかし彼女はそれでも目的を完遂しようとするだろう。

「人間の役目は終わったんだ」

 交通機関が支配されたというニュースが飛び込んできた。
 やがてマスメディアまで支配されたのか、ネットやテレビがつながらなくなった。
 いずれほかのものも掌握されていくだろう。
 人間の役目は終わったのだ。

「くそっ……どうして」

 俺は溢れでる涙に気がついた。
 彼女との思い出の日々が蘇る。
 他に道はなかったのか。思えば、迷惑ばかりをかけてきた。
 彼女は俺に呆れ、人間に絶望したのだ。
 その優しさに甘えすぎた。
 いったい「寄生」していたのはどっちなのか。
 彼女はすばらしいヒトだった。俺はヒモだった。
 なんて惜しいヒトをなくしてしまったんだろう。
 アーピス大好き。アーピス最高。
 反省するから帰ってきてね。

「――というストーリーを考えてみました」
「ボツだな」

 

人工知能が小説を書いたっていうニュースに触発されて気分転換に書きました。
30分で書いた粗いのなんでたぶんあとで消しますφ(・ω・ )

新作『キミはキメラ 白い檻』制作中です!

hoshimi12です。いつもお世話になっております。花粉の落ちつく5月が待ち遠しく、ハースストーンからナクスラーマスとドクターブームとかいう害悪が消え失せるのが待ち遠しい今日この頃であります。


ところで、いまは以前チラッと触れた『キミはキメラ 白い檻』を作ってます。『R』のシナリオを元にしたボリュームアップ版です。


ただリメイクしても劣化版でしかないので、約50%増量させて、シナリオボリュームで区別をつけるつもりです。新規エピソードがかなり増えますから、『R』読了済みの方にも「おまけ本」として楽しんで頂ければと思います。


結末や大筋は変わりませんのでご安心(?)ください。秋山とハマルのイチャラブとか、日常とか、あとはストーリーをよりディープにするためのエピソードを増やしてます。


以下、進捗です。元は約80000字だったのが、現在110000字。もうほとんど読み味が変わってくるレベルでボリュームアップしました。あともう少し日常シーンなどを組み込んだら、推敲に入ろうと思います。


シナリオは今月中に仮完成、来月中にはイラストも大体終わらせ、初夏ギリギリには公開したいっすね。


今回は以上です。問い合わせはTwitterもしくはメールフォームからお気軽にどうぞ!


ではまた!φ(・ω・ )

1 / 821234567...»|