キャラを追加して後半にもう一展開

情報をシェアしよう

 拡張彼女の後編を書いていて、物足りなさを感じていて。
 もう少し何か展開を加えられないかなぁって、ちょっと手が止まっていた。
 既存キャラは、

 白谷真人――――主人公。13%だけ電人。
 シャンティ――――ヒロイン1。アンドロイド。
 カナエ――――ヒロイン2。電人。
 イノリ――――ヒロイン3。幽霊(?)。
 小野崎ダン――――カナエの父親。ジオラボの理事。元電人。
 鮫島悠人――――主人公の母親の仇の大量殺人犯。電人。

 登場人物の詳しいことはこちらの記事で。
 ざっと見渡してみて、「あっ、普通の人間がいないじゃん」って思った。
 あと、少なくとも150000字は行きそうなストーリーを、たったの六人で回すっていうのが困難に思えた。
 で、普通の人間キャラを追加しようと。
 なおかつ本筋に絡んでくるようなキャラにしたいなぁって。単なる脇役ではなく。
 で、ジオラボ(主人公が新たに所属する研究所)の警備員のジーサンを新たにメンツに加える、つもり。
 初期段階から警備員か警察官をキャラとしていれようか悩んでいて、今回割といい展開が思いついたので入れることにする。
 でっかいピースが埋まった感じで、スッキリした。
 最初はゲーセン店員を入れる予定だったんだけど、初期プロットから大きく話が変わってきたので泣く泣く削除。いつかどこかで流用したい。
 名前はまだちょっと悩んでる。
 ゲーセン店員が「大迫信也(おおさこしんや)」だったからそれでいこうかとも思ったけど、ちょっと若々しい名前のような気もする。
 「土田源治(つちだげんじ)」でいいか。
 名前なんてノリでいいんだよノリで!! 意味を持たせたい時だけ真剣に考えるけど。だいたいは後から意味がついてくる。
 「ゲン爺」って呼びたいだけ。
 厳しい警備員のジーサンで、主人公とは対立させようかなと。
 歳の割に動けるジーサン。

 あー、スッキリした。
 でも考えたばっかりだから、ちょっと寝かせる。
 まあ割とすんなり組み込めるとは思うんだけど。