毎日に満足しているか【雑記】

 毎日満足した生活を送るのはもちろん不可能だと思う。
 満足ばかりを追い求めたら、絶対に何かがおかしくなる。
 「有意義な一日」はあくまで「一日」っていう短い範囲のことで、大局に目を向けたものじゃない。
 やりたいことを全部注ぎ込んだような一日は、そう何度も繰り返すことはできないはず。体力的精神的な意味でも。
 正直ここらへんのことは俺にもまだよくわからない。
 突き詰めていくと「何が人にとっての幸せか」みたいな話になって、収拾が付かなくなると思うし。

 何を持ってして「有意義な一日」なのか。
 自分を高めることをし続けた一日が有意義なのか、
 それとも友人たちとお喋りして笑い合ってる一日が有意義なのか、
 お金を稼ぐために一生懸命働く一日が有意義なのか、
 その辺りの考え方でぜんぜん違ってくる。
 自分を高めて、友人とお喋りして、お金を稼ぐために働いて――みたいに全部注ぎ込んだ一日は、けっこうイッパイッパイな一日ではなかろうか。
 だから、各ファクターの濃度を薄めたりして、自分のキャパシティーに収まるようにする努力が必要になってくるんだと思う。

 たぶん劣等感とか自己嫌悪みたいな、「他者との比較」で、苦しむことになるんだろう。
 どういう基準で「劣っている」のか「優れている」のか。
 本人が決めたラインがあるはずだけど、世間的なラインと比較してしまって、また悩むことになる。

 一日とか一週間とか一ヶ月とか一年とか、ぶっちゃけ「短い期間」だと思います。
 その間に思うように行かなくても、有り体ですが、ぜんぜん「次」があると思います。
 「一日一日を一生懸命に生きまくれ!」みたいな刹那主義者は、おおよそは詐欺師です。
 よく自分が父親に言われたことは、「大局に目をやれ」ということ。
 大局とは、物事の全体のありさまを言う言葉。
 要するに「小さなことばっかり見てないで、全体を大きく見ろ」という教え。
 視野が狭くなると、自然と頭が固くなって、気持ちも暗くなる。
 気を緩めて、全体を見ようとすると、また世界が変わってくるように思える。

 ただもちろん、「作業効率」みたいなものがあって、生きている上でそれは追求していかないといけない。
 大事なのは長短のメリハリなんじゃなかろうか。
 気持ちを楽にするために努力する、なんていうのもあると思う。
 逃避ばかりではなく、かといって張り詰めてばかりでもなく。
 絶妙なバランス感覚で生きていけたら、それが「充足」なのではないかと、自分は思います。

 

スポンサーリンク
雑記・その他
役立つ情報はシェアしよう
執筆者をフォローしよう
冬のおすすめ健康グッズ
着る毛布
Winthome着る毛布 ブランケット 袖付き毛布 着るブランケット防寒 軽量 冬の寒さ 足先の冷えや節電対策に!男女兼用 着丈190cm (ブラウン)

まず身体を温めて、冷やさないこと。

着るコタツ
THANKO 着るお一人様用こたつ2 TKKROHKO

デスクワーカーならコレ。電源つけなくても温かいです。高身長の場合はフトモモまでしか入りませんが、むしろこれくらいの長さのほうが小回りきいて使いやすいとおもいます。

薬用養命酒 1000mL
【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

内側から温めたいならコレ。名前はゴツいですが甘めで飲みやすいです。自分は寝るまえに1杯のんでちょっと寝つきをよくしてます。

StarGazer – スタゲ
タイトルとURLをコピーしました