タイトルを考える=テーマ・コンセプトを考える?

情報をシェアしよう

クロノウサギは元々「トキノウサギ」だった。#2辺りから変更した。
トキノウサギというタイトル自体は、早い段階で決まっていた気がする。
ストーリーのコンセプト決めと同時に、タイトルも決めた?
とりあえず「ウサギ」という言葉は入れようと思っていた?

キミはキメラは、ラスト展開が決まった辺りでタイトルも決まった?
ラストの秋山のセリフと、シンクロする感じだったような。
ということはプロットの段階で、一応タイトルは決まってたのかもしれない。
キメラ」という言葉は入れようと思ってたはず。


タイトルが決まらないということは、テーマ・コンセプトが定まってない。
拡張少女は、とにかく何度もコンセプトがブレた。
健康状態、精神状態がとにかくクソだった。頭がまともに働かなかった。

最初期のプロットを読み返すと、原型留めてないあらすじが書かれていた。

「拡張現実を舞台にしたヒーロー活劇。
ヘッドマウントディスプレイを通すと、そこは『魔都』と化していた。
ヒロインはどっかの会社から依頼され、魔物――バグたちと戦う」

まあたぶん、途中で恥ずかしくなって変えたんだと思う。
めちゃくちゃ『電脳コイル』の影響受けてることに気がついて、萎えた。

あと当時は、拡張現実設定の上手い使い方が思い浮かばなかった。
今なら似たようなテーマでなんか書けそうだけど。
ただどうしてもサイバー系は『電脳コイル』『攻殻機動隊』『クリス・クロス』『.hack』だとかの名作が脳裏にチラついてしまう。
サイバー系の差別化って難しいっす。
下手な小細工せずにリスペクト宣言したほうがマシまである。



ここまで書いて思いだしたけど、「拡張現実」っていうのが、第一テーマだった。
だから『拡張彼女』だとか、そんなタイトルに結びついた。

もっと拡張現実を掘り下げて考えてみる?
二年経った今なら、もう少し上手く料理できるような気がしないでもないでもないでもないでもないでも?

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう